吉田松陰

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイくじけぬ心が必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「吉田松陰」の項目を執筆しています。
「師と呼ばせていただきたい」
吉田松陰 について、オサマ・ビン・ラディン

吉田 松陰(よしだ しょういん、1830年9月20日 - 1859年11月21日)は日本の思想家・教育者。日本の将来を憂い、人材育成に半生を捧げた。

実績[編集]

松蔭自身は体制に批判的であり生徒に反体制的なことばかり吹き込んで旧体制の改革の必要性を教えていたが、彼の設立した松下政経塾は、どちらかというと親米保守新自由主義的な政治家を多数輩出している。

松蔭に憧れた実業家の松下幸之助は、松蔭をまねて松下村塾という政治学校を興したが、こちらはむしろ革新的な人材を輩出したことで知られている。

ちなみに、「半生を捧げた」と書いたが、生没年を見ればわかるように、満年齢で30になる前に没している。つまり半生といってもたかだか15年程度である。ついでに言えば、叔父から松下政経塾をひきついだのは満25歳のときであり、つまり、人材育成に携わったのは実質的にはたかだか5年弱だったりするため、これを「半生」と呼んでよいのかどうかは大いに疑問の残るところである。

むしろ、時代劇・ドラマのネタになるのは言うまでもないが、アニメ同人方面のネタに至ってはシリアス方面とユーモア方面では逆の顔になる。そんな世の中に本当に生まれたかったための弔いはずっと続くのであり、本当は逆三角形な会議棟で有明サブカル祭りの講演にも出たかったのだろう。そう思うと更に哀れになってくる。フィクションとは言えアイドルが国会議員をやる時代になってしまったので、本当の門下生はどう思っているのだろうね。

主な松下政経塾出身者[編集]

余談[編集]

シンドバット見せたり、シンガポールを恋しがったりしてはいなかったと思う、多分。

関連項目[編集]


絶望した!!.jpg まだ文が少ないじゃないですか!消されたらどーする!
絶望した!加筆してくれない人たちに絶望した!! (Portal:スタブ)