吉沢明歩

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

Icon-not-under18.png この項目には、18歳未満には有害な記述が含まれています。

下の毛がまだ生えていない等の理由で情報入手に法的制約のある方は、お母さんに見つからぬよう背後の気配に細心の注意を払いつつ閲覧してください。アンサイクロペディアの連中は、そんな面倒臭い検閲を行っておりません

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「吉沢明歩」の項目を執筆しています。

吉沢 明歩(よしざわ あきほ)とは、AV女優らしからぬAV女優である。

処女AV女優[編集]

吉沢は巷ではAV女優とされるが、デビュー当時は処女だった。絶対的な処女性を備えたまま、画面の向こうから世の男たちに奉仕とはまさに神以外の何者でもない。処女信仰者からは神聖視されており、あのアドルフ・ヒトラーも吉沢を愛したとされる。実際はデビューした時点で玄人扱いになるのだが、そんなことはどうでもよい。

もともとグラビアアイドルとしてデビューしており、その美貌は飯島愛及川奈央らに匹敵すると言われている。だが所詮AVファンの男たちは、どの顔に顔射すると興奮するかという観点でのみ評価するため、吉沢も単に白濁液を受け止めやすそうな顔という程度かもしれない。ただ、テクニックではなく専ら顔立ちが評価されるということは、演技が下手ということの裏返しでもある。AV女優にとって普通はマイナス要因であるが、吉沢の場合は処女性の証明と評価された。

ちなみに今は処女を失っているのだから他のAV女優と同じではないかとの意見もあるが、それには有力な反論がある。芸能界では若い女性は枕営業は避けて通れない[要出典]。それゆえ、「女性芸能人=画面に見えていないところでやりまくり」という卑猥な認識が浸透してしまっている。その点、吉沢は「デビュー当時は処女=撮影以外では男と寝ない」と考えられるので、他の非AV女優たちと比べても男性経験は圧倒的に少ないとみなされているのである。「デビュー当時処女=今も撮影を除けば処女」という図式は成立しないのだが、論理学でいうところの妥当な論証形式を考えながらAVを見る人は皆無だから誰も気にしない

蒼井そらとの比較[編集]

昨今では蒼井そらとも比較されることが多い。テレビドラマ嬢王やバラエティー番組おねがい!マスカットでは対比されるキャラクターとなっている。蒼井が明るくい軽いノリ、言うならば上戸彩のようなキャラクターであるのに対して、吉沢はクールに振舞っている。

「AV女優=体を売る職業=軽い女=性格も軽い」という偏見も手伝ってか、最近のAVファンは、蒼井の軽いノリこそがAV女優の典型であるかのような思い込みがある。もちろんAV女優という職業と性格は別物であるが、吉沢のクールな様子はとっても個性的に、そして上品に見えてしまう。そのため、図らずして吉沢の人気は上昇している。

そんなわけで[編集]

AV女優らしからぬ(とファンが勝手に思い込んでいる)個性と、(ファンが勝手に妄想している)処女性によって、吉沢はAV界のトップスターに上り詰めた。デビュー当時は早々に引退すると言われていたが、今では非常に息の長い活躍を見せる。つまり少なくとも仕事としては、かなり多くの男と寝ている処女なのである。

関連項目[編集]


嘘と思われるかもしれませんが、この記事の執筆者はアダルトビデオ・DVD(AV)を見たことがありません。吉沢明歩が画面上でどんな変態プレイをしているのか、執筆者の知るところではありません。行為の様子を克明に書き記したい変態さんは、どうぞ遠慮なくこの記事を編集してください。 (Portal:スタブ)