吉村裕基

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「吉村裕基」の項目を執筆しています。
普段から、こんな感じ

吉村 裕基モン チッチ1984年6月14日 - )とは、福岡ソフトバンクホークスに所属する、なんちゃってプロ野球選手である。ヘラクレスを自称するも、右の写真を見る限りでは信じがたい。

来歴[編集]

入団、下積み期まで[編集]

高校時代には、甲子園へも出場できた。センバツだけどね。

あのTDNも指名を見送られた2002年の秋、ドラフト5順目(弱々しいチームにとっては4人目)で誘ってもらったんで、何となく入団。背番号31をもらえた。

2003年の1年目からバリバリの1軍とは さすがに無理だったが、シーズン終了間際になってピッカリ大ちゃんからのご褒美で体験昇格をさせてもらう。すると、名古屋の味噌カツ球団との対戦で2塁打デビュー。翌日には初本塁打を飾った。

2004年から、また2軍で下積み。というのも、何も考えてないバカ首脳陣のせいで1軍で使う見込みの無い3塁手のままだった為である[1]

1軍昇格すら無かった2005年になって、ようやく2軍の正3塁手なんて無駄だという事を思い知らされたモンチッチは、この年の秋から仕方なく外野コンバートの支度を始めた。ただ、すでに3シーズンも無駄に費やしてしまっていた。

飛躍期[編集]

2006年は、不恰好な外野手ではあったが、「打球が飛ばせる打撃に免じて使ってやろう。」という牛島組長監督のありがた~い起用方針が、吉と出た。面白いように打てる、打てる。規定打席未満ながら3割到達、しかも26本塁打である。赤い激貧球団で健気に働く、豆粒のようなルーキー・梵天丸を差し置いて、新人王の呼び声さえ上がるほどだったが、やっぱ無理だった。←そりゃ横浜だもん。

外野手としての飛躍に賭けようとしていた2007年は監督が替わったせいで、1塁手として内野へ再コンバートさせられる。ところが、どうにも慣れず10失策。その影響は打撃へも波及したのか、前年を下回ってしまった。←うーん、残念。

2008年には、外野へ再々コンバートさせられる。

1年のブランクもあって不恰好には変わりなかったが、脚力や肩は水準を十分満たしているので侮れない。ヘタクソとの強い思い込みで釣り出された敵の走者をモンチッチの送球で刺す(捕殺っていうんだって)機会も多く、その数は11個というのだから、なかなかであった。

一方の打撃では34本塁打・91打点・135三振と、いずれも自己最高成績を挙げている。

低迷期[編集]

ところが2009年はリバウンド。試合に出続けていたのに16本塁打・51打点なんて、ほぼ半減。年々下げ続けている打率の方はお察し下さい結局、前年の水準を保てたのは134三振くらいであった。

そして、またしても監督の替わった2010年シーズンの開幕戦では、8番ライトでの起用となった。少年野球なら、期待度の低そうな子の定位置である。それでも持ち味である、恵まれた身体能力の高さから生み出される力強い打撃で、新監督の評価を覆していけば良いのだが、それすら出来ないモンチッチ。しかも、4月13日のナゴヤにおける味噌カツ戦では、いくら前進守備とは言え、後方への“右飛”を2塁打にするなんて、ある意味“錬金術師”なのか?と思わせるありえない守備を披露。

翌14日には、制裁措置を食らう。恵まれた身体能力を有しながら、それに大きく依存してるだけで、さしたる成長を見せない守備力。そこへきて打率も2割未満であれば擁護の余地無く、スタメン落ちは当然だろう。←果たして、スタメン復帰できるのか?年々しぼんでる成績では、偉大なOBの古木さんと同じ末路を辿りかねない。

2011年になると、脱北してきた余興師まで加わった外野争いで、崖っぷち。強みとする打撃を改造して生き残りを模索する。すると、開幕4戦目にはチーム内の国産打者1号[2]を放つなど好調をキープ。今年の吉村は一味違うぞ!!と思わせる働きを見せ始めた。

…とは勘違い。そこは吉村なのだから、ただの確変で終わってしまう。

しかも打撃での成長を一瞬でも垣間見せておきながら、4月22日の甲子園では外野守備で全く成長できていない事を2度も披露。ただ、余興師の低調さ等に救われて起用機会もあったが、吉村よりも攻守に穴の少ない下園のケガ復帰から事態は急変。打撃力のアドバンテージまで失った時点でスタメンから外された。←後方打球に弱いの変わらんな。大矢が1度、外野を辞めさせた理由がココにあるのかも知れない。

2012年オフ、スペ様らとの3対3のトレードによりハゲ鷹に移籍。

復活?[編集]

そして2014年、ソフトバンクは最終戦で勝利を飾り優勝。続くクライマックスシリーズ。ここで彼は大いに活躍し、ソフトバンクの日本シリーズ進出もとい呪い払拭に貢献、MVPを獲得した。ここまではいいのだが、「ボク自身は強いチームに来られてよかった」とサラッと畜生発言をする。まるでアゴウゴ・ケデブと同類なのかもしれない。

動けデブ![編集]

口の中が不気味に青い男・村田は母校・東福岡高校の4学年先輩だったが、大学経由の為に高卒のモンチッチとは同期入団となっていた。そのため、早くに打ち解けたようである。

その村田とTVゲームで野球対戦をした時のこと。当然のように横浜を選んで、村田に挑んだ。

ところが、自チーム3塁手の打球反応の悪いこと、悪いこと。ついつい、TV画面に向かって口走ってしまった。


動けデブ!


いくらゲームとは言え、3塁手キャラは隣に座る 「村田そのもの」に他ならない。 もちろん、悪気は無い。

「守備が下手」という定評を覆せない村田にも非はある。かと言って、無遠慮に先輩を罵倒する後輩とは、いかがなものか・・・。

村田の胸中をモヤモヤが覆いつくしたという・・・。

もっとも、モンチッチが3塁手になれなかったのは、このデブのせいである。

後日、再度口の中が不気味に青い男・村田から対戦を持ちかけられる。そこには素晴らしい守備の村田がいた。どうやらサクセスモードで「オールA」に作り替えたようだ。村田もやや大人げない。

脚注[編集]

  1. ^ 3塁手のモンチッチよりも上位の自由枠なんかで、同じ3塁手の村田を獲得しておく球団も、どうかしているのだろう。2人とも機能してるから良いようなもんだが・・。投手獲れよ、バカ。
  2. ^ 舶来砲はスレ5本、ハーバー2本で更に好調だった。

関連項目[編集]

  • ピッカリ大魔王 入団後、最初の監督。モンチッチには無害でも、チームとファンをドン底に陥れた。
  • 大矢明彦  3人目の監督。ピッカリ以上のトンデモ采配で、絶望をもたらした。モンチッチもコンバート騒動で迷惑した。
  • 上園啓史  現阪神タイガース所属。高校の同級生。
  • 古木克明  モンチッチ同様、デブのせいで外野へ弾き飛ばされた被害者。天才的守備を披露する。


ExSport.png この項目「吉村裕基」は、エキサイト不足のようだね。
さあ、君もこの記事に胸が高まるような文付け足してみよう。レッツトライ! (Portal:スタブ)