吉川興経

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「吉川興経」の項目を執筆しています。

吉川 興経(きっかわ おきつね、永正5年(1508年) - 天文19年9月27日1550年11月5日))は日本を代表する猛将で独自の人生観を持つ哲学者。「よしかわ こっけい」ではない。


独自の人生観[編集]

大内家攻勢で尼子家不利の中一か八かで裏切り、尼子家を救った忠義の将である。尼子経久ラヴを座右の銘としており、尼子家のためならヤクザグルーにケンカを吹っかけることもできる。

自らの人生をすごろくのように例え、人生がいつどのように終わるのかが予測不可能であるということを良く表している。


人生はすごろくじゃあぁぁっ!!

毛利元就によって一度隠居に追い込まれ、イチャモンつけられて誅殺される。

父上~、(泣)


泣くなあっ!!


人生はすごろくじゃあぁぁっ!!