吉川元春

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「吉川元春」の項目を執筆しています。

吉川 元春(きっかわ もとはる、享禄3年(1530年) - 天正14年11月15日(1586年12月25日))は日本を代表する猛将の一人である。毛利元就の次男で、三兄弟の仲でも最も知名度が高い。通称「鬼吉川」。毛利両川のメンバー。

生涯[編集]

毛利元就の子として生まれる。

幼い頃、元就が三兄弟を呼んで例の話をした時、元春は3本の矢をへし折ってしまった。元就はショックのあまり気絶したという。このせいで兄弟仲が悪くなった。なお、後世の歴史家は空気を読み「元春は折ろうとしたが折れなかった」と記している。

現代の年齢で16歳のとき、吉川家に養子として送り込まれ、吉川家当主となる。ちなみに彼が養子に入る以前、吉川家の当主・吉川興経はピンピンしていた。言うまでも無くこれは元就の黒い策略である。用済みになった興経はそのあとすぐ殺された。さすが元就、やる事が汚い。

その後は……特に書くことがないな。え?不敗の猛将に書くことが無いわけがない?そりゃ捏造だよ。
だって彼の代に毛利家は領土を大きく減らして、一時は滅亡寸前まで行ったんだから。羽柴秀吉にボロボロにされた事、知っているでしょ?ああそうだ、最後は秀吉に毒殺されたらしい。これは書いておこう。

逸話[編集]

陶晴賢との出会い
元就が村上水軍に殺させた陶晴賢は義兄弟であり、検閲により削除であるため、実の兄弟以上に仲が良かった。元春は晴賢のことを「お兄ちゃん」と呼んでいたが、萌えキャラ要素がないため、この呼び方は晴賢に嫌がられていた。
きっかわ
「よしかわ」と呼んだら無視されること必至なため、絶対に間違えてはいけない。しかし、父親である毛利元就は「よしかわ以外にどんな呼び方があるんじゃああ!!!隆元おおおおおぉぉぉぉ!!!」と発狂している。
夫婦関係
熊谷信直の娘という地元では有名な醜女をめとった。一夫一婦制になった現代では夫婦円満の美談と言われているが、当主が側室を持たないのはダメだろう。子孫残さなきゃ。相当の名器であったためであると考えられる。
通俗的には、嫁選びの際に「男子は吉川元春・諸葛亮孔明谷佳知近藤勇の嫁選びを真似てはいけない」とされているが、これは失礼話である。なぜなら、食べ物にも悪食というものがあるように、女性の趣味にもそういう傾向のある人物があるからだ。まあ、こんなもん自己満足ですよ。そもそも、世の中には「ブス専」と呼ばれる人種もいるのだ。
小遣い稼ぎ
作者の死後50年以上経過して著作権が切れていた太平記を丸写しし、それを売り捌いて軍資金を備蓄していた。そのためあの世の児島法師はじめ太平記の作者が怒り狂い、そのために元春、ついでに嫡男の吉川元長は祟り頃されたという伝説がある。
毒殺
某大河での登場人物の中の人と同じ人がドラマ版孤独のグルメに出ていたため、食にまつわる最期を迎えたという話がまことしやかに伝わっている。当の中の人は八重の桜でも主人公の父親という立場で食にまつわる最期を迎えたというのだから宿縁というべきなのだろうか。


関連項目[編集]