吉崎観音

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

吉崎観音(よしざきかんのん)は、日本のどっか(おそらく関東地方西部)に存在する観音菩薩を祭るである。埼玉県鷲宮町鷲宮神社と同様、角川書店の功績で日本中にその名が知られるようになった寺院でもある。

日本三大観音である浅草観音東京都台東区浅草)、大須観音愛知県名古屋市中区大須)、津観音三重県津市大門)とならぶ、日本を代表する観音としても知られているが、正式な所在地がどこであるか判明していないことから参拝者はおらず、またそのせいで寺の周辺に歓楽街が形成されてもいない。

しかしその伝説に惹かれたものにより、インターネット上に仮参拝の場所が設けられ、そこを訪問するものも少なからず存在している。他の観音と区別するため、「観音」を「みね」と通読することもある。

概要[編集]

神々しきお姿。

上述したとおり、現在でも正式な所在地は明らかになっておらず、吉崎観音の実態はあくまでも通説に基づいて検証をせざる得ない状態である。以下に記すのはその通説によるものであり、情報の取扱いには注意を要する。

この寺院は三大観音とは異なり、九州を発祥としている。当初は熊本県にあり、後に長崎県を経て東京都に移転したとされているが、その後の動向は上述したとおり不明となった。

寺の特色として、少女活動画電子遊具模型信仰を上げることが出来る。この中では模型信仰が特に早期に生まれており、特に自走機械への注目は他の信仰にも大きな影響を与えたといわれている。

現在、最も盛んなのは蛙信仰であり、吉崎観音の名義でその信仰を促す「蛙中士」という刊行物が出されていて、書店では他の宗教書より目立つ位置づけがなされていることもある。この寺への信仰が日本人の間で着実に広まっていることを、よく示す出来事といえよう。

なお竹本泉近藤るるる美水かがみと共に「日本四大萎官」と称せられる者が祭られているという話も存在するが、いまの所は寺の場所さえも判明していないことから検証はなされておらず、都市伝説にとどまっている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「吉崎観音」の項目を執筆しています。


ケロロ ケロロ軍曹であります!皆の者よく聞くであります。実は夏美殿に「吉崎観音」を秀逸な記事にするように頼まれたのにガンプラを作っていたせいでまだ書きかけなんでありますよー。このままじゃ掃除当番一年分が回ってきちゃうであります。そこで皆の者お願いだから編集を手伝ってほしいのであります。え?ダメでありますか?それなら編集してくれないとペコポンを侵略するであります! (Portal:スタブ)