吉原遊廓

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
吉原から転送)
移動: 案内検索

吉原遊廓(よしわらゆうかく)は、静岡県にある遊園地である。ここからヒントを得て東京の浅草にも「花やしき」が作られた。

で、大名将軍は奥向や大奥相手にハーレムで楽しくやっているのに、町人はただ働くだけでつまらないという意見が世論を占めてきて、民主主義国家であった江戸幕府選挙対策のためにつくった町人向けのハーレムもどきのひとつである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「吉原遊廓」の項目を執筆しています。

とても楽しいところで戦前までがんばって営業していたのだが戦後フェミニストによって壊された。残念。だが、吉原は今でも街としてがんばって営業しています。陸の孤島と呼ばれるほどわかりにくいので、店から送迎を出して貰おう。

遊廓[編集]

こういうお姐さんがいっぱいいた場所だと思ってもらえれば、間違いではない。

江戸時代には遊廓は各地に多くあった。選挙区ごとにひとつは用意しなければ一揆が起こるからである。有名なものに京の島原遊廓、大阪の新町遊廓、長崎の丸山遊廓、伊勢の古市遊廓などがあるが、小規模なものは他にも多数存在した。

今のソープランド街との違いは、中に入ると綺麗な女の人をときどき見られ、パレードもあるので、現在のディズニーランドのようにおのぼりさんにとって必見だったということである。

吉原遊廓[編集]

天下のお江戸の遊廓である吉原遊廓は、やはり天下で一番大きかった。遊女は何千人も居たらしい。しかし、江戸時代は現代よりフェチズムが発達していたので、少し変わった趣味(SM萌え系を含む)を持つ男性向けに岡場所などというものもでき、それが競争相手となった。 吉原遊廓の強みはなんといっても、そのブランド力。歌舞伎と結託して、PR活動にいそしんだ。それでもフェチズムの蔓延とともに、吉原遊廓はだんだんと傾いていった。

文化[編集]

ハーレムもどきではあったもののハーレムではないので、金を払わないと楽しいことはできなかった。酒を飲みながら、遊女とあんなことこんなことをやって、楽しく一晩過ごすことができた。 金がないと、美人度がどんどん下がっていったのは、悲しい現実である。

金持ちでも、ハーレムと違って一人の遊女に入れ揚げると他と遊ぶのは御法度だったらしい。

遊廓を舞台にした映画[編集]

  • 『吉原炎上』(1987年) - 意外と面白い。もっとも病気になった遊女が追放されて川に浮く下りは今の日本のサラリーマンを思わせる。昔も今も変わってないね。
  • さくらん』(2007年) - 土屋アンナ花魁