司馬炎

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

司馬炎(しばえん)とは、曹家から出火した火事である。中国を一つにまとめ、また分裂させた火事ともされている。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「司馬炎」の項目を執筆しています。

出火の経緯[編集]

曹家は大火事によって中国全土が焼き野原になった時より土地を不法に占拠し、曹家は部下とともに繁栄を続けていた。曹操は他二つの大地主たちと仲を保ち、家の防火管理には気を使った。しかし曹操が死んでしまうと、鬱憤の溜まっていた登用した部下が家を散らかしはじめ、曹家当主は防火管理しにくくなってしまった。結果、曹家から追い出された怨恨を持つ部下によって曹家に火を放たれたのである。

火は曹家を包み込み、当主であった曹芳は命からがら逃げ出し、自然鎮火したものの、「防火管理はどうなっているんだ」と部下に詰問し脅され、遂に家の当主を部下に分捕られてしまう。その後は当主の座を取り返そうとするも失敗し、息子も同じく試みるも抹消されてしまう。そして権力をもったこの部下は各地に火を放ってまわり、大地主たちを取り潰しに追い込んで行った。

出火[編集]

曹家の部下であった司馬家は前述の通り火を放ったあと、後始末を行い占拠を行った。これにより中国を完全に統一したのである。一方で一気に増大した司馬家は防火管理まで手が回らなかった。仕方がないので司馬家を8つの家に分けて統治を行おうと考えるも、本来の防火管理は一切行わなかった。結果乱れに乱れた部下が家の中で喧嘩を始め、そこで発生した火花は火そのものとなって全土を包み始めたのである。これが俗に司馬炎と言われるものである。

鎮火[編集]

火が司馬家の分家から分家に渡り家を包み、その惨状は酷いものになっていた。各々の家は他の土地から来た人々を放火魔として用いたが、この放火魔達は統一された中国に対する揺らぎを見出したのである。結果他の土地から来た劉聡が火を消し止めたが、その人々もまた中国の瓦解を目論んだのである。

関連項目[編集]