台南市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

台南市(たいなんし)とは、オランダに支配された台湾の都市。

概要[編集]

台南中心部。随分カラフル。

歴史は、鄭成功がここにたまたま漂流してきて、ここが、台湾で一番にある場所だと思い込んだのが始まりである。鄭成功が漂流してきたときはここはオランダ人たちが支配していたので、そこを乗っ取りそのまま利用したという。そのおかげでずっと昔は首府であり、政治や経済の中心地であった。

日本が統治するようになると、タイの南部だと勘違いした日本の代表の人たちが、当て字で台南(タイナン)としたが、地元の台湾人にも好かれるネーミングとなったため、今でも使われている。ほかにも何個も作られていた「台湾の京都」を作るために、あらかじめ昔に建てられたものはとっておく作戦が取られた。台湾語という地方の言葉を話しているので、地方のイメージが強くなっている。このように、台北とは正反対の街なのである。

台湾で四番目の街だと言われるが、高雄の隣にあるため、あまり発展できない。

特産品[編集]

小吃が始まって、府城小吃(首都の軽食)と呼ばれるものを販売しているが、残念ながら台南は首都ではない。首都の台北でもあんまり食べられていない。B級グルメが美味しいらしいが、日本人には台湾の料理のB級もA級もよく見分けがつかないためあまり意味がないのである。虱目魚肚粥というスープでちょっとトロッとした日本っぽい食べ物結構存在している。

飲み物は未発達でわざわざ自分で用意しなければ行けない始末である。

地域[編集]

台南駅
市の中心部に位置するが、ほかの台湾の駅と同じように低い西洋風の建物で、都会さは全く感じられなくなってしまている。
また、台湾高速鉄道も「こんな古臭いホームと線路と一緒にしないで欲しい」ということで、まったく違うところにを作って停車してしまった。
今は縦貫線と台湾高速鉄道の方につなぐために沙崙線が通っている。沙崙線はバスとしのぎを削って見事に勝利した。
使われなくて廃線になった関廟線が前に通っていた。
駅前に、台湾人の排出したみたいなゴミがためられている。早く撤去しよう。
地味に最西端の駅である。だが、台西駅には当分名前を変えないしない予定。
台南駅西側
古い建物がたくさんあり、古っぽさを感じさせる場所。
小吃を食べる際は、ここらへんがいいらしい。
台南駅東側
駅前の広大な土地を利用して入ったキャンパスや公園などの低層施設が建ちならぶエリア。
シャングリ・ラ ファーイースタンプラザホテルというとっても長い名前の外国的なホテルが存在している。
安平
昔の城をまだ引きずって観光名所としている場所。
城が昔にあっただけで、食べ物以外に名物がない。
安平古堡
安平地区にある西洋風だったが、日本統治時代に無機質な感じに改造された。でも、観光名所の高台は日本製。
最初はゼーランディア城という厨二的な名前だった。
台南駅(台湾高速鉄道)
上の台南駅と近い場所にあるため、それほど不便ではない。
台湾高速鉄道があり、よくあるレビューサイトによると、台北駅からやってくるのが最近の台湾旅行の楽しみらしい。
最近では、近くにほとんど台南駅に寄生しているとしか言えないサロン駅が開通して、接続された。
花園夜市
木曜日土曜日日曜日にしか開かれないいじわるな夜市。
それなのに、地元の人はよく使っているため、毎日空き地を自由に使わせてもらっている。
小北夜市
こちらも火曜日金曜日にしか開かれない期間限定の夜市。花園夜市と交互に使えるメリットがある。(それだけ、月曜日と水曜日はほかのカス夜市がある。)
小北観光夜市と間違えると悲惨なことになる。
この項目「台南市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)