召喚獣

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情鉄分が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

召喚獣 (しょうかんじゅう) とは、異次元に生息する別次元生命体である。召喚術によってこの世界に顕現するため召喚獣と呼ばれるが、どう見ても獣ではない連中も数多い。

召喚獣オーディンの召喚を試みる召喚師

概要[編集]

召喚獣は召喚術師[1]、または召喚術が使える者によって、位相の異なる世界から呼び出された存在であり、その総称。彼らはすべからくこの世の物理法則に則らない世界に住む住人であり、召喚術の行使なくしては接触どころか認識することも出来ない。またチョコボモーグリといった同じ世界に住む存在は厳密には召喚獣ではなく、「離れた世界と世界を結ぶ」という召喚術の初歩の行使でしかない。

召喚獣の顕現[編集]

召喚獣は異次元の生物であるため、その組成からしてこの時空の物質では成り立たないことが多い。そのため、この時空にただ顕現しただけだと、存在ができずに消滅してしまう、あるいはその組成がこの時空の原子で無理矢理に組み変わってしまう。前者なら完膚なきまでに消滅、後者は少しの間のみ生存できるも、やはり無理な固定により身体が崩壊、死に至る。そのため、彼等がこの時空に死ぬことなく顕現するには、元の身体を保つためのコアとなる物質が必要であり、それがマテリアである。

召喚獣にとってのマテリア[編集]

召喚獣が、この時空にその姿のまま顕現するために必要なコア。全ての召喚獣は体の何処かにマテリアを持っており、その形状は様々である。召喚獣との契約によって作られるマテリアは召喚石マテリアと呼ばれ、契約した召喚術師の体の何処かに浮き出る。非常に貴重かつ高価な物質であり、これを狙った召喚術師襲撃事件が後を絶たない。

契約[編集]

召喚獣は、こちらの時空への顕現するのに、召喚術師のとの契約が必要になるものとそうでないものが存在する。大抵の召喚獣は顕現するだけにも契約を必要とするが、クリオネなど、他の召喚獣に付随して付いてくるもの、また同様に小さな時空の歪みからでも簡単に侵入できるような小型の召喚獣に関しては、契約は必要としない場合が多い。が、そういった召喚獣は総じて戦闘などで必要とされない程度のものばかりなので、基本的には頭数に数えられない。むしろ邪魔者扱いである。また、契約が必要な召喚獣がこちらの時空に顕現している時に召喚術師が死んでしまった、あるいはマテリアを失ってしまった場合、召喚獣は身体の支えを失うため、すぐにでも元の時空に戻らなければならなくなる。が、カーバンクルなどのように、自身も特殊なマテリアを持っている一部の召喚獣は、術師の召喚石と自身のマテリアとを融合させることで、この世界に永遠に留まることも可能である。が、大体の召喚獣は、自らの契約者のいない世界に興味を持たないことが多く[2]、未だ理論段階である。

有名な召喚獣[編集]

関連項目[編集]

説明書きだ![編集]

  1. ^ 召喚士ともいう。
  2. ^ 召喚獣は気に入らない相手とは契約を結ばないため。


二代.jpg この項目「召喚獣」は、先人によって冒頭部が作られ、代々伝えられてきた物語のほんの序章に過ぎない、始まったばかりの項目です。これからの本当の物語の綴り手は、あなた自身です。 (Portal:スタブ)