古田敦也

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「古田敦也」の項目を執筆しています。
オッケ ━━━━━━━ イ !!!!!

古田・オッケイ・敦也(ふるた おっけい あつや、1965年8月6日 -)は日本を代表するサイボーグ。整形二重である。正式名称はF-2087301578LTA-OK。元東京ヤクルトスワローズ所属。口癖「オッケーイ!」。ただし、「牧場」までは付けて言わない。

野球をする機能も備えており、バッターをイライラさせると言うスゴ技もインプットされている。

最近監督として采配を行う機能を追加され、自動学習機能によって監督プログラムは日々向上している。

しかし最近は老朽化も進み、また、部品が廃盤となりもう生産されていないため全盛期のような動きは出来ず、2007年をもって野球用サイボーグとしての役目を終えた以降は野球解説の機能を備えたタレント型サイボーグとして稼動中である。

野球人生の紆余曲折[編集]

大学社会人初の2000本安打達成者と知られているが、この過去には、1987年の大学卒業時にはドラフト確実とまで言われながら、されなかったという因縁がある。

これは日本球界が過去に古田のプロトタイプである、学生時代に好成績であったのび太をドラフトしたところ、打てない守れない走れない、しかも練習中にグラウンド昼寝、さらには石井琢朗あての年賀状の宛名を「石井朗」と書く(しかも石井の本名は「忠徳」)というダメ選手だったため、調査したところ、狸型ロボットからドーピングを受けていた事実があり、1983年から急激に頭角を現した古田敦也にも同様の疑惑が浮上したためとされている。

  • ちなみに、すでに引く手あまたであった進学の決め手となったのは、先輩たちので開かれたに招かれたことによる。彼が寝ている間に、実家に顔馴染みの先輩たちが訪れ、御母堂に挨拶をし荷物を移動させ、入寮手続きと入学手続きをすませるというものであった。(ちなみに、社会人も同じ手段であったという

引退と退任[編集]

2007年9月ついに選手として引退、監督として退任を発表する。

岩村明憲が抜けたとはいえ首位打者1番打者と打率は2位で最多安打打点王を獲得した外国人お笑い芸人最多勝大黒柱、さらにはベストナインがもう1人に本塁打2位の魔将という何をどうやったら広島より下の順位になるのか理解できないほどの戦力を擁している。にもかかわらず、バ監督揃いのセリーグにおいて最下位になってしまった。怪我人が多かったとはいえ、「ピッチャー高津」、「飯原宮出サードへのコンバート」、「1番ガイエル」など、あの大ちゃんに引けを取らない迷采配(高津は度々炎上、飯原と宮出は慣れない守備位置でエラー続出、ガイエルは低打率)が最下位に沈んだ主原因であると思われる(おそらく前年の2番リグスの成功で調子に乗ってしまったのだろう)。

退任を惜しむ声も少なくないが、監督としての現場復帰は困難であろう。まじめな事言えば選手の素質を見抜いて信頼し、使いぬいて成績を上げさせる育成能力は死ぬほど高かったんだと思う。

退任後の初仕事としてオッケーイ!を連発する解説を勤めた。オッケーイばかりでどうなる事かと一時は心配されたが、それなりに高評価を得た。と思う。オッケーイ!!

次の仕事は妊娠器具普及広告であったが、2ヶ月前まで自称現役だったにもかかわらず、そこで人並み以下の体力であることがバレてしまう。

2009年WBCアジアラウンドでは再び日本代表プレイにオッケーイを連呼しながら解説。そこでは「村田君はもうちょっと三塁線に寄ったほうがいいですねー」と言った直後に三塁線を抜く強烈なタイムリーが出るなど新機能である確率予知の機能を全国野球ファンに披露した。

解説者としても野球を良く知っているのだが、世界の盗塁王なのに解説は漫才と同じくオール関西弁で行なうので、そっちの方が気に成って仕方がない(盗塁王とコンビを組んだ時は正に漫才であった)。同類者では何を喋っても広島弁丸出しな男が居る。

関連項目[編集]

  • 野比のび太 (古田敦也のプロトタイプ。誕生日(8月7日)が1日違い)
  • おけいはん (オッケーーイ!!!の連呼し過ぎによって、恩恵を受けている?)
  • ローラ (オッケーーーイ!の恩恵を最も受けたモデル)


人はこの古田敦也の事を嘘だとかいい加減とかいうかもしれない。
でも、見たんだから仕方がない。行ってきたんだから仕方がない。
間違いない、太鼓判。 (Portal:スタブ)