古噴

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「古墳」の項目を執筆しています。
Bouncypotato.gif
この記事「古墳」は何故か「古墳時代」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

古噴とは、日本列島の各地において3世紀後半から7世紀前半に形成された新山の総称。この時期の日本列島、特に畿内地域において火山活動が活発であったことを示す。

概要[編集]

火山を多く抱える我が国では、古くから噴火による災害に悩まされてきた。1990年に起きた雲仙普賢岳の噴火は多くの犠牲者を出したことで知られるが、その際地下の溶岩が押し上げられドーム状に固まり、さながら新しい山が出現したかのような現象が起こった。所謂平成新山である。現代ではそうそう発生しない現象であるが、古代の日本においてはこのような現象が全国各地で頻発していた。それを示す地形群が、古代の噴火遺構、すなわち古噴なのである。

分布[編集]

古噴は本州以下各地に存在しているが、畿内に特に多く集中している。古代におけるこの地域での火山活動の活発さを物語るものである。このように頻発する災害による民の窮乏が、小国を纏め上げる強力な政権、即ちヤマト政権の誕生を促したのではないかとする研究者は多い。そして火山活動が止み、古噴が出現しなくなった事により、大王は天に認められた王、即ち天皇と名を変え、火の元(ひのもと)から転じた「日本」という国号が用いられるようになった。このように、古噴は我が国の歴史に大きな影響を及ぼしている。[1]

形状[編集]

古噴の形は様々であるが、とりわけ前方後円噴と呼ばれる古噴は、その自然現象とは思えない特異な形状から注目される。これは前方と後方で二段階の噴火が起きたことを示している。溶岩が周囲から漏れだした結果、大規模な古噴の近くに小規模な古噴が多数出現することが有り、これを陪噴と呼ぶ。また、古噴の周辺には溝のような地形が形成されることがあるが、これは小規模なカルデラの一種と考えられる。

犠牲者と信仰[編集]

古噴は噴火が起きたことを示すものであるから、その付近には、火砕流に巻き込まれて命を落とした犠牲者が多数埋まっていると推測されている。また、古噴のそばからは犠牲者の物とみられる装飾品類が見つかることが多い。このように多くの犠牲者を出した火山噴火の跡に、次々と出現した巨大な岩石が、神の仕業と認識されたのも無理の無いことであろう。当然、古噴は日本神話の形成にも大きな影響を及ぼしている。古噴の上には犠牲者を弔い、あるいは神の怒りを鎮めるべく、人間や家、馬などを象った置物が多数並べられたと伝わる。その後長きに渡って、古噴は神聖なる祭祀の場所として受け継がれ、朝廷によって管理されていくこととなった。

その後の古噴[編集]

しかし時が経つにつれ、かつての噴火の記憶も人々から忘れられていき、朝廷も古噴の管理を怠るようになっていった。その後は単なる丘としての認識しかされなくなり、戦国時代には砦として利用され、戦場にもなった。明治時代になり、宮内省が必死になって古噴の保護に務め、形成された年代などを測定したが、地質学の専門家でない彼らによる測定が間違っているのは当然のことであり、これによって古噴の科学的研究は大幅な遅れを余儀なくされた。現在、古噴の管轄を環境省に移すべきか議論が行われている。

旭日旗[編集]

火山の恐ろしさを伝える旗。

旭日旗は、一般に太陽が昇る様子を写したものと言われているが、それは俗説であり、真実は火山を真上から見て、マグマが火口から周囲に流れ出す様を描いたものである。火山国・日本に相応しい旗といえる。

なお、最近この旗は「過去のつらい(災害の)歴史を思い出す」という理由で忌み嫌われる傾向にあるが、富士山大噴火の危機が日に日に高まる昨今、火山災害への警鐘として旭日旗を理解する向きも出てきている。

関連項目[編集]

  • 古噴時代…日本列島が火の海に包まれていた時代。当時の日本人の苦労は、如何程のものであったのだろうか。
  • 埴輪

脚注[編集]

  1. ^ 火の国と呼ばれた九州地方北部にも、当然ながら古噴は多数存在している。