古今和歌集

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「古今和歌集」の項目を執筆しています。

古今和歌集 (こきんわかしゅう) とは、有名なネカマがちょいちょい手を加えたという刺繍詩集。

概要[編集]

簡単に言うと「昔のひとのツイート集」平安時代Twitterが存在していたかどうかは定かではないが、書いていることといったらもっぱら日常的。また、古今和歌集は女性的などとも言われ、この件はやはり上に書いた人が関係している。載せられているものはすべて31文字ぴったりで物事を表現しなくてはいけない和歌であり、Twitterに比べればはるかに難易度が高い。そのような和歌を製作した古代日本人知能指数が今の日本人よりもはるかに高かったわけであり、これはゆとり教育の結果である。

内容[編集]

どれもこれも現代人には到底読めない(読めるわけがない)ものばかりであり、専門家きどりが日々研究を重ねた末、解読された。その中身は意外にもつまらないものが多く含まれており、解読に関わったコンナモノ・ツマラネ氏によると、「ユーモアのユの字もねぇ」とのこと。それを聞いた後鳥羽上皇が、「ユーモアに満ち溢れた古今和歌集を作ってやろうじゃねえか。」と宣言し、古今和歌集・改が作られた。改訂版はその後も続き、最新刊は「古今21世紀」であり、ネット上の有名人のありがたいお言葉が詰まっている。

関連項目[編集]