受精アクメ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

Icon-not-under18.png この項目には、18歳未満には有害な記述が含まれています。

下の毛がまだ生えていない等の理由で情報入手に法的制約のある方は、お母さんに見つからぬよう背後の気配に細心の注意を払いつつ閲覧してください。アンサイクロペディアの連中は、そんな面倒臭い検閲を行っておりません

医療情報に関する注意 ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「受精アクメ」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

受精アクメ(じゅせい-)とは、子孫繁栄の際に起こるとされている生理現象である。

概要[編集]

とてもわかりやすい解説。

まずこの単語は「受精」「アクメ」を繋いだものであり、受精の瞬間に女性が絶頂に達するという意味である。具体的に言うと、膣内射精により精子が胎内に放出されそれが卵子と受精した際に激しい快感に襲われるというもので、生セックス派は「受精アクメまでしないとセックスを味わいつくせない、膣内射精での受精まで含めてセックスである」としている[要出典]。通常のいわゆる「イク」よりも深く長く絶頂状態が続くとされ、創作物では理性どころか知性まで失ったかのような凄まじいアヘ顔に描かれる事が殆どである。

この現象の根拠となるのは「受精カルシウム波」と呼ばれる作用である。卵子はそもそも普段は殆ど活動を行わない休眠細胞だが、受精した直後から盛んに活動を始め細胞分裂を行う「胚」へと状態が大きく転換する。その際に伝播するカルシウムイオン反応が疑似ホルモンとして作用し女性の脳内に快感を呼び起こすと言う説がある。ただしこれはまだその仕組みが解明され切ってはおらず、受精アクメの正体といえるかどうかはまだ不透明である。また受精アクメに至るための要因として「取り返しの付かない状態に身体がもっていかれてしまう」という背徳的な感情も作用するといわれている。その為同意の上で夫婦が行うよりも強姦NTRなどの状況で起こることが多いという。

反論[編集]

受精アクメが存在するか否か、という点においては勿論否定派も多い。彼ら彼女らの論拠となるのは「セックス中に受精はしない」「受精によるカルシウム波は性感に繋がらない」というものである。通常膣内射精された精子が卵管先端部まで到達するまで数時間前後、そこで卵子が待っていれば受精できるがそれさえ不確定。ポリネシアンセックス(スローセックス)のように莫大な時間を只セックスに費やすならまだしも、通常の子作りでは事を終えて眠った後に受精することが殆どとなる。眠りながらイク女性はまずいないと思われるが、例えイッていても気付きようもないだろう。

またカルシウム波は精子が侵入した部位から卵子の外膜を伝って全体に広がるので、そこから脳に影響を及ぼせるかは微妙となる。更に強い性感は妊娠には悪影響を及ぼす[1]為、逆に妊娠中は感度が落ちるというデータも存在する。受精して鈍くなるならまだしも受精でイクことはない、というのだ。実際妊娠すると感覚器官の具合は大きく変化する[2]が、基本的には鋭敏さが無くなり鈍麻する傾向にある。

なお、文章を読むことをあまり好まない場合は右の画像を参照。内容はこの記事と同じである。

脚注[編集]

  1. ^ 性感が強まると子宮は収縮しようとするので、中にある受精卵が傷つく恐れがある。更に子宮口も僅かに拡がろうとするので、受精卵にはこれも良くない。追い出されてしまう。
  2. ^ 味覚の場合は何故か土壁を食べようとする例が多く報告されている。またこの時期に触れたものが子供に影響する事もあるらしい。今現在妊娠したままアンサイクロペディアを閲覧している女性がいたら、お腹の子の将来のためにも閲覧を控えることを強く勧める。

関連項目[編集]