受精

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「受精」の項目を執筆しています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「受精」の記事を執筆しています。

受精(じゅせい)とは、対象が精素と化合する化学反応の事である。

概要[編集]

自然界において精素と化合する物質は対応する卵素のみであり、化合物は「受精卵」と呼ばれる。この化合物は分子構造的に不安定であり、外部からの衝撃に極めて弱い。その為化合は基本的にフラスコ内でのみ行われるが、近年では別の箇所での化合も可能となった。

化合物はフラスコ内部で膨張し、経月推移を見ると約九ヶ月で十億倍にまで膨らむ[1]。その過程で構造が更に複雑化するが、強度も上がり衝撃にも強くなっていく。フラスコから出た直後も膨張は終わらず、そこから更に複雑な構造体へと推移していくことになる。

受精によるエネルギー発生は非常に大きく、これを利用しての動力装置開発も試案されているが未だに実用化されていない。しかし受精は生物界のあらゆる環境で行われているため、将来的にはエネルギー産業への転用が期待されている。

精素と卵素[編集]

化合中の精素と卵素

精素は基本的に有機生命体の雄種成体にのみ発生し、卵素は同じく有機生命体の雌種生体にのみ発生する。その為、受精には同一生物の両種生体が一対必要となる。 精素は生成数が非常に多く入手も容易だが、卵素は一成体につき数十しか生成出来ずまた一つ生成する為に一ヶ月ほどを要する。それ故に受精を行う場合は雌種が優遇される傾向がある。

精素は生成装置内で貯留限界を越える事があると思われているがそれは誤りであり、貯留精素は数日ほどで分解され再び生成材料に変わる。「溜まる」というのはあくまで精神的なものだとされている。

用途[編集]

受精の用途は一つであり、別個体の生成による種族単位の勢力拡大である。また多種の生成個体を様々な用途で使用する為に受精させることもあるが、それも自種族の拡大目的となる。

受精は生物にとって非常に重要であり、受精を行うために雄種は雌種を雌種は雄種を求めるのが通常である。ただし同性同士の受精を可能とするべく研究も行われており、両成体に受精可能な個体の実用化も待ち望まれている。

受精こそは生物の存在意義であるとも言えるのである[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ ヒト精素とヒト卵素を化合させた場合。

関連項目[編集]