反抗期

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この反抗期は一応馬鹿にはなっていますが、文章構成など変なところがたくさんあります。
早くりっぱな馬鹿にしちゃってください。


反抗期(はんこうき)とは、小学校卒業から中学校卒業までに起こる精神疾患である。中二病のように大抵の者は成長とともに自然治癒していくが、先天的に頭の弱い子は慢性化し、キモオタニート犯罪者になる危険性もある。最大の特徴は大人に対し拒絶反応が起きてしまうという障害が起きる(ただし男子はAV女優グラドル、女子はジャニーズなどにはメロメロ)ことである。ほぼ全員が発症するといわれており(特に男子に顕著とされる)、特に、発症していないと必死で主張する者は重症患者であることが少なくない。
Wikipedia
ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、「反抗期」の項目はまだありません。アンサイクロペディアンとの格の違いを見せつけてやりましょう。

症状[編集]

上記通り、大人に対し拒絶反応が出る。しかし、男子の場合はAV女優やグラドルには効果はない。これにより引きこもりや犯罪が起きたり家庭崩壊が起きたりする。これには対処法はない。でも、いいじゃない人間だもの。

Nemurineko.jpg この節を作成した奴は中身を書く気が無いなんてことだ!
どなたかユーモアとお時間のある方精一杯頑張ってください。
m(_ _)m ごめんなさい(Portal:スタブ)

かろうじて存在する対処法[編集]

  • 反抗期の子にはあえて厳しくしよう。甘やかすと反抗期が終わったあとも一国一城の主気分が抜けずフリーターとかニートとかになってしまう。
  • 必死で話しかけよう。その子がいい子なら、気づいてくれるはずだ。親は心配していることを。
  • 海外に反抗期の子を連れて行く。そうすると、親に頼るしかないため、反抗ができなるなる。これが一番効果的だといわれる。

これくらいしか今のところ対処法は発見されていない。ただ、早く終わることを願うだけである。

総括[編集]

あまりにも調子に乗っている場合は、一発殴ってやらないとわからない子も多い。しかし、それでぐれてしまうと終わりなので、その後のお母さんのフォローが大事である。放っておくと腐った貝類のように悪臭を漂わせてくる。そうならないために、いや、もうなってしまった場合は消臭プラグをそっと部屋の前においておこう。一緒に手紙も置いておこう。そうしたらいい子はわかってくれる。しかし、そういうのが嫌いな子はどんどん腐れていくだけだ。ただ、自然に治るのを待つしかない。

関連項目[編集]

この項目「反抗期」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)