原宿

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイくじけぬ心が必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「原宿」の項目を執筆しています。

原宿(はらじゅく)とは東京の地名のひとつ。オシャレの街を自称しているがその8割は腐女子である。日本でのクレープ発祥の地とされ、歩きなら食べる事に重きが置かれるが、あまり実践する人はいない。

毎年修学旅行で、地方の女子学生が一度は行きたいと騒ぐ事でも有名。だが、それなりに分別のある高校生をもってしても、大抵雰囲気を味わうだけで終わる。駅は田舎の駅並に小さいため、テロの標的になることはなく、地元住民は誘致活動に奔走している。しかし天皇教教祖がここから列車に乗り込む事があるため、駅長には強いプライドがある。また、裏手には明治神宮があり、原宿のイメージとは打って変わって閑静な地域になっている。

道路改良[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「原宿交差点」の項目を執筆しています。

原宿のメインストリートは、エクストリームスポーツ満員電車並の大混雑であり、通過に1時間を要することも珍しくない惨状であった。

とうとう、ねんか”んの、りったいこうさか” かんせいするそ”!

これにより、

という問題が2008年度中に解決され、通行者の大部分は地下に潜り裏原系となる予定であったが、副都心線明治神宮前駅直結の、この地下道へ通じる階段が「馬鹿には見えない布」で出来た服を着ないと見つからないため、なかなか思うように通行者の移行が進んでいない。

まずは2009年4月4日オカマの日に片側が開通する予定[1]であり、路上での多重追突事故がいっそう増加するものと期待されている。

関連項目[編集]

この項目「原宿」は書きかけ項目DACHA! もっとクレイジー加筆してケロ!ヨロシク、チェケダッチャ! (Portal:スタブ)