原動機付自転車

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
原付バイクから転送)
移動: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情キノコが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「原動機付自転車」の項目を執筆しています。

原動機付自転車(げんどうきつき-)とは、子力自転車の略称である。原付自転車ともいう。

概要[編集]

原付自転車は、原子力を動力源とする自転車である。原付自転車を運転するには、国の行う技能講習を受講し試験に合格しなければならない。受講要件は以下のとおり。

  • 普通義務教育過程を終了した者
  • 満16歳である者。
  • 上の二つを共に満たしている者。

これは、少なくとも義務教育で原子力の仕組みや核兵器の惨禍について学習していなければ、原付自転車を運転する資格は無いということである。なお、義務教育で学んでいることが前提となっているため、講習では特に原子力について学ぶ機会はない。

原付自転車の衝突事故を激写。辺り一帯は焼け野原と化す。使用には細心の注意が必要だ。

かつて欧米では原子力自動車や原子力機関車の開発を構想していた時期があったが、実際に民間交通に原子力が用いられているのは、現在では日本ただ一国となっている。自動二輪車と比較して環境への負担が少なく、効率面でも優れている原付自転車は近年にわかに注目を浴びている。

その一方で、日本の原付自転車が中東などの国に渡り、テロリストに自爆テロの道具として利用されるのではないかと危惧されている。原付自転車がかつてのトヨタ戦争の如く(日本政府は否定しているが)武器として用いられれば、世界が核の炎に包まれることは想像に難くない。

速度制限[編集]

原付自転車の法定速度が時速30キロに制限されているのは有名だが、これにはきちんとした理由がある。

事故による被害[編集]

原子力を動力源として用いているため、一度事故を起こせばその被害は広範囲に及ぶ甚大なものとなる。事故の相手方のみならずその地域一帯に大きな被害をもたらすことが予想され、とても保険で賄えるような額ではないため、極力事故を起こさないように厳しい規制がされている。

非核三原則との関係[編集]

仮に原付自転車が走る凶器と同等の速度で走行できるとなれば、原付自転車はすなわち「原子力を搭載した走る凶器」となってしまう。これでは核兵器を持たないとされる非核三原則に真っ向から反してしまうため、当然そうならない程度の速度しか出せないようになっている。

しかし、所詮は世間知らずの官僚が考えたことなので、実際に守られているかはお察し下さい

愛好者[編集]

原付自転車は、主に比較的近い距離の移動に利用されている。

  • 近所のおばちゃん
よく使ってるのを見る事が出来る。たまに転倒して右上部の画像のような悲惨な事態になっている時もある。
  • 引ったくり犯
自転車のかごに入ってる物や歩行者が提げているバッグなどを持っていく事がある。うかつに抵抗して転倒でもしたら自分まで惨禍に巻き込まれる恐れがあるので、何も出来ずに泣き寝入りしてしまう人も多い。その心理に漬け込んで、被害はますます増えるばかりである。
  • 貧乏人
原付自転車を運転するということは、費用よりリスクを選択したということである。当然、そのような人は金に困っている人間が多い。
したがって彼も貧乏人である。
しかしライダー本人からは嫌われている。
事故を起こすと自分が新聞に載ってしまう。
  • プチ珍走団
特攻服を着ていても本当に特攻する気はないので安心してほしい。

主な製作会社[編集]

関連項目[編集]

この項目「原動機付自転車」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)