単位

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「単位」の項目を執筆しています。

単位(たんい)とは、複数の意味を持つ言葉。

第1の意味[編集]

物の量を数的に表す指標。国際単位系で世界統一基準。

[編集]

詳しくは単位の一覧を参照

長さ、特に身長の単位。1hyde=156cm。参考
容積または面積の単位。
金の単位。1絆=500円

第2の意味[編集]

ギャルゲー「大学生活~僕と教授の4年間~」におけるヒロインである、大学教授の好感度パラメータのこと。作品によって異なるが、大体100以上の単位を取得しなければエンディングにたどりつけない。

大学教授の好感度が上がると、一回のイベントで取得できる単位の数がふえるが、逆に好感度が下がれば、取得単位数が0のこともある。目標単位にたどりつけない場合は、「留年」と呼ばれる無限ループを繰り返すことになる。

単位を取るには、テストを受ける必要がある。このテストでは、大学教授と共に経験した数々のイベント(業界用語で授業と呼ばれる)における二人の大切な思い出を、どれくらい覚えているかが問われ、正確に記憶しているほど好感度がアップする。

取得作業は1回目は無料であることが多いが、取得に失敗した場合有料で再取得(多くの場合は1年後になる)となることが多い。また、テストの代わりに「おいしいカレーの作り方」を書いても好感度がアップして、単位がもらえることがあるが、教授の属性によっては逆に好感度がダウンすることもあるので、熟練したプレーヤー以外にはお勧めしない。色仕掛けに関しても、委員長タイプやツンデレ属性のヒロインには効果がない。そのほかにも不正な手法による取得をもくろむものが絶えないが、多くは発覚し、取得無効、停学等のペナルティを受ける。

関連項目[編集]

この項目「単位」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)