南部信直

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

南部 信直(なんぶ のぶなお)とは、智将北信愛ソックパペットの疑いが極めて濃厚な、奥羽の戦国大名。南部氏支族の石川高信の子で、田子城城代を務め田子の九郎と呼ばれた。

盛岡藩の基盤を築いた人物だが、九戸政実にビビッて逃げ回っていた人物、津軽為信に言いようにあしらわれた人物という評価が定着していて、独眼竜鮭殿など、驍将と称される武将達と比べれば人気はあまり芳しくない。

経歴[編集]

養父との確執[編集]

南部宗家の当主、南部晴政に世継ぎが生まれなかった為、信直は晴政の養子となって世継ぎの座に収まった。ところが信直が養子になった後に、晴政には実子南部晴継が生まれてしまった。慎重を通り越して臆病なところのある信直は、晴政は自分の存在を疎ましく思い、廃嫡どころか亡き者にしようとしてくるだろうと憂慮し、自ら養子の立場を放棄して居城田子城に帰還してしまった。世継ぎの座を放棄し、晴継に殊勝に明け渡せば、晴政も自分を執拗に排斥しようとはしまい、そう判断したのであった。

ところが、信直の振る舞いはあまりに殊勝すぎて、晴政の猜疑心をかえって増幅させた。信直は自分が生きている内は殊勝に振るまい、自分が死んだら鉾を逆しまにして晴継に奇襲を仕掛け殺そうとするのではないかという疑念に取り付かれ、信直を全く信用できなくなった。

信直も信直で、殊勝な態度を取ったのに何故晴政が自分に疑いを掛け続けるのか理解できず、疑惑を払拭するためひたすら忍従の姿勢を見せ、居城田子城に逼塞した。こうして、信直はひきこもり生活に青春時代を費やしてしまうことになった。

晴政と信直の対立は、南部家中に不和を生じた。武勇に優れた晴政は南部家の版図を拡大し、南部氏は「三日月の丸くなるまで南部領」と称されるほどの勢力圏を形成したのだが、晴政、信直の不和で統率が乱れたことに乗じた謀叛などによって、満月になった月は真っ二つに割れてしまった。

大浦為信の独立[編集]

そんな最中で起こったのが、「髭殿」こと大浦為信の独立である。為信は元々信直の実父石川高信に仕えていたが、南部家の混乱に乗じて下剋上を起こし、高信を討ち取って城を占拠、独立を果たしたというのが、為信独立の顛末である。信直にとって、為信は親父の仇ということになるが、信直は晴政の疑念を払拭するため忍従を強いられていたので、親父の仇討ちも敵わず、周囲からヘタレだと嘲笑された。

なお、信直の親父石川高信についてだが、確かに為信に下剋上を起こされて城を奪われたが、討ち取られてはおらず、天寿を全うしたと伝える文献もある。部下に下剋上をされた上おめおめ生き残ったとあってはあまりにみっともなく、南部家の沽券に関わるため、子孫に当たる盛岡藩主が、史実を歪曲した可能性が濃厚である。また為信に殺されたとすることで、南部の仇敵である為信の非道さ、悪辣さも強調でき、南部にとっては何かと都合がいいのでやはり歪曲されたのだろう。

家督継承問題[編集]

信直の忍従一辺倒の生活は、晴政が死没したことでようやく収束した。信直は早速新たな当主晴継の元へと向い、臣従、忠誠を誓おうとした。そこで事件が起こった。信直の目の前で晴継が死んだのである

ある史料は盗賊に殺されたと伝えており、別の史料は晴政の正室がショタコンの変態であり、彼女によって殺されたと伝えている。その顛末、詳細については、良く分かっていないが、尋常ではない死に様であったことだけは確かだった。世継ぎである晴継が死んでしまったため、再び南部家中は世継ぎを巡り紛糾した。

候補は二人上がった。一人は信直、もう一人は、武勇の誉れ高い九戸一族の九戸実親である。信直の後ろ盾には北信愛などが付き、一方で実親には兄の九戸政実を初め同じ九戸一族らが後ろ盾となって支持した。

ソックパペット疑惑[編集]

結果は信直に軍配が上がった。一族の有力武将八戸政栄を初めとする、影響力の強い武将が信直を支持した事が決め手であった。と、ここで納得のいかない政実が異論を出した。政実は信直派はソックパペットを駆使して不正投票を行ったと指摘し、チェックユーザーの行使を要求して来た。政実の苛烈な追及は更に続き、そもそも候補である信直自身が、北信愛のソックパペットの可能性が濃厚だ、この後継者選びの評議は、信愛の画策によって歪曲されたと主張した。

政実の発言、提案は物議をかもしたが、結局評定に参加し、後継者選定に関与した武将全員を対象としてチェックユーザーが行われた。判定はシロであった。中には同一性の疑いのあるものもいたが、疑惑の中核となっていた信直と信愛は、共に異なるIP、接続情報であり、唯一地域だけが同じであったが、同じ南部家の人間なんだから地域は被って当たり前なので、判断材料とはされなかった。

果たして、本当に不正投票は行われたのか。確かに信直は実親には武将としては及ばないが、権謀術数を日常茶飯事としていた戦国武将の中では誠実、朴訥な方で、不正投票を画策するような悪辣さはないし、画策し、実行できるだけの知能もなかった。しかし、政実に言わせれば、信直みたいな凡庸な奴が当主になるだけの信頼を寄せられる筈もなく、知略に長じた北信愛のソックパペットでもない限り当主にはなり得ない人物、であった。

ところで、ソックパペット行為を追及した政実だが、実はかく言う政実も組織票を投じていた。実親を世継ぎに推挙した連中の殆どは、政実ら九戸一族であった。政実らの行為はミートパペットに準じ、ソックパペットに比例する悪質な行為であった、にも関わらず、政実らが追及されることはなかった。

実は北信愛は逆襲をしかけるつもりだったが、信直がこれ以上無益な争いをすべきでないと制止した為、追及はお流れになった。誠実で朴訥な信直の人柄を伺わせる話だが、端的に言えば詰めが甘いだけであり、ここで九戸一族を追及しなかったツケは、役10年後の九戸一揆で回ってくることになる。

秀吉への臣従[編集]

かくして、南部家当主の座に収まった信直だが、その過程で九戸一族との間には深い溝が出来てしまった。また下剋上を果たした大浦為信も蠢動しており、更に破竹の勢いで天下統一を仕上げる豊臣秀吉が既に奥州まで迫ってきていた。内憂外患を抱え、山積みになる諸問題の処理に信直は悩殺された。結局、奥州統一どころか九戸や為信にもまともな対処ができない内に秀吉の惣無事令が発令され、信直は上洛して秀吉に臣従を誓うことになる。

この時信直は一計を案じた。為信の下剋上、独立を惣無事令への抵触にむりやりこじつけることで、秀吉に為信を処罰させようとした。朴訥で誠実だけど頭の回転が悪い信直にそこまでの謀略が練れるはずもないので、北信愛の入れ知恵と考えるのが妥当である。チェックユーザーの結果ソックパペットではないと判定されたが、信直が北信愛の靴下と疑われるのもむべなるかなと言える。

結論からいうとこの作戦は失敗した。為信の方が一枚上手で、髭面の癖に社交的な為信は秀吉方の諸将や近衛家に渡りを付けて所領を安堵されてしまったのである。

落胆する信直に更に追い討ちがかかった。かねてから対立していた九戸政実ら九戸一族が秀吉の奥州仕置に反撥して蜂起、九戸一揆を起こしたのである。家督相続の時、九戸一族を追及しなかったツケが回ってきた。信直は政実に散々翻弄された挙句、蒲生氏郷浅野長政の協力を得て、政実の謀叛を鎮圧した、いやさせてもらった。結果、政実を初め、謀叛に荷担した、関与したとされる人物、及びその一族郎党まで塁は及び、女子供や領民に至るまで多くの人々が処刑された。信直がもっと早く九戸を鎮圧していれば犠牲も少なくて済んだかも知れない。やはり詰めの甘い信直であった。

その後は他の大名と共に秀吉の家臣となり、朝鮮征伐の為わざわざ遠い奥羽から遠征させられホームシックにかかってしまうなど、色々酷使された。ちなみに、仇敵津軽為信は中央政権と交流を深めようとして調子に乗り、田舎大名の無骨さを露呈させて大恥をかいたのだが、これに触れて信直は気の毒であると、因縁のある人物に対して同情、憐憫するかのような態度を見せている。誠実で朴訥な信直らしいと言えばらしいが、誠実さもここまで来ると阿呆としか言いようがない。

晩年と死後[編集]

その後、居城を三戸から盛岡に移して盛岡城の築城に取りかかるなど、領地の経営に地道に取り組み、盛岡藩の下地を作り、1599年に没した。翌年天下分け目の関ヶ原の戦いが起こったので、本人にとっては良いタイミングで死ねたかも知れないが、南部氏にとっては最悪のタイミングで逝ってしまったことになる。南部氏は結果として所領を安堵され近世大名として存続できたから良いものの、下手をすれば長宗我部氏のような末路を辿っていたかもしれない。

そんないまいちな人物である信直だが、周囲からは一廉の人物と思われていたらしく、伊達政宗は彼の死を好機と捉え、翌年勃発した関ヶ原の戦いに便乗し、和賀忠親を差し向けて南部の所領を蚕食しようとした。関ヶ原の合戦では伊達も南部も東軍に所属しており、政宗は味方を堂々と攻撃したことになるのだが、この政宗の行為については、戦国だからしょうがない、DQNだからしょうがないの一言で解決できる。肝心の南部領への侵攻だが、これは大失敗した。信直は確かに死んだが、九戸政実をもってしてそのメインアカウント(本体)と言わしめた北信愛が未だに矍鑠としており、老練な戦術を駆使して伊達軍を翻弄、哀れ伊達軍は80近いジジイに惨敗してしまった。なお、どさくさに紛れて味方である南部を攻撃して占領しようとした政宗のDQN行為は、徳川家康に露見してしまった。政宗が関ヶ原開戦前に家康から受け取っていた「味方に付いてくれたら100万石の所領プレゼント」のお墨付きは、このDQN行為のために単なる紙切れとされてしまって、現在も仙台市博物館で展示されている。宮城県民は涙を流しながらこれを見ている。伊達家はわずかに刈田郡2万石だけの加増ということで終わってしまった。棺桶に片足突っ込んだ年寄りに敗北したという事実は政宗のプライドを酷く傷つけたようで、政宗は南部家に憤慨し、家中に「今後盛岡藩の連中とあったら一切挨拶するな、礼儀も払うな」と命令した。その為仙台藩主と盛岡藩主は江戸城であってもロクに会釈をしないという慣習が生まれた。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「南部信直」の項目を執筆しています。