南北朝時代

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情テラ豚丼が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

南北朝時代(なんぼくちょうじだい)とは、一般的には一つの王朝が二つに分裂した時代である。

日本の歴史では、天皇王朝が二つに分裂して国共内戦を起こした時代を指す。

天皇誕生日という祝日がダブルであってラッキ~~~♪

概要[編集]

後醍醐天皇足利尊氏は、北条王朝を倒す為に皇足合作を結んでいた。皇足合作の末に、後醍醐天皇率いる反政府軍は、西暦1333年に北条王朝をぶっ倒した。こうして、関東は後醍醐政府の領土に編入された。しかし、後醍醐政府では、後醍醐天皇の「褒美をやらない」態度に不満が噴出し、皇足内戦が勃発。足利一派は、西暦1336年に新国家「足利王朝」を樹立し、後醍醐天皇一派を京都から排除した。

この足利王朝に反対した後醍醐天皇一派は、政府を吉野に亡命させることを宣言し、日本列島に二つの政府が成立することになった。

後醍醐天皇一派が立てた国家を「後醍醐王朝(南朝)」と呼び、足利尊氏一派が立てた国家を「足利王朝(通称名は北朝)」と呼ぶ。世界史に置き換えると、後醍醐天皇蒋介石、足利尊氏が毛沢東北条守時天皇裕仁、後醍醐王朝が中華民国国民党)、足利王朝が中華人民共和国共産党)、北条王朝が大日本帝国に相当する。

北朝と南朝は真っ向から対立する形となり、西暦1337年には北緯34度45分より北部を北朝領、南部を南朝領とし、旧首都である平城京は東部を北朝が、西部を南朝が分割支配することになった。こうして、冷戦下の国共内戦も顔負けの、60年間に渡る八百長的な内乱の時代が続いた。南朝は「反攻京都」を謳い、北朝は「解放大和」を謳い文句にした。この間、北朝側が分裂したり北朝の重鎮が南朝に降伏したり、足利尊氏まで一時南朝に降伏するありさまで、日本史上最大の茶番劇であった。北畠顕房と足利尊氏が密かに3年ごとに天竜寺で密会して脚本を練っていたともいうが、詳細はまだ解明されていない。

後醍醐「うぬれ!尊氏!たばかったな!?」

その後[編集]

その後、1345年には木津川にかかる盧溝橋で南朝軍が演習中に銃弾が発砲されたのを確認、南朝は直ちに北朝と戦闘状態に陥り戦争が勃発した。この戦争は昼間で丁度日本の中央部で勃発したため日本中部戦争(通称は日中戦争)と呼ぶ。

停戦まで[編集]

1346年4月2日には南朝軍は戦車隊を率いて北朝南部の御覧高原を制圧。それに対抗して北朝軍は末津運河の機雷封鎖で対抗した。この戦争は1392年三重県の青山高原で停戦合意が定められ、室町幕府3代将軍足利義満の仲介によって南北が合一。ここに長きにわたる南北朝の時代は終結した。

「んだよ!?これからは祝日1日だけかよ!?足利義満の奴、余計な事すんなよ!?」    南北朝時代の中高生の意見

みなさん、松平です。 この項目「南北朝時代」は、日本史に関連した企画書ですが放送日が迫っています。アンサイクロペディアではその時でないのに歴史が松平アナを動かす! (Portal:スタブ)