南光坊天海

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「南光坊天海」の項目を執筆しています。

南光坊天海(なんこうぼうてんかい、1536年(天文5年)? ~1546年(天文15年)? ~1549年(天文18年)? - 1643年11月13日(寛永20年10月2日))は、人間五十年と織田信長が敦盛を引用して語ったように、平均寿命が短かった戦国江戸時代において100年以上も生きた超人の一人。法名は随風、後に天海と改める。

貫禄ある天海和尚…

天海にまつわる、謎の諸説[編集]

天海は、その余りに謎の多い生涯、戦国から江戸初期という、人気の高い三英傑の時代を生きたこと、そして天下人となった徳川家康の知恵袋として活躍しながらも、出世、権威欲に執心した林羅山金地院崇伝(足利一門一色氏出身)らとは異なり、政治的にも一歩距離を置いたポジションに身を置く事から生ずる妙な神聖さから、色々と妄想のネタにされ易い。

出自の諸説[編集]

最も有名な妄想と言えば、その出自についてである。

天海専用のトイレや彼の愛用のティッシュ箱に桔梗の紋が刻まれていたことなどから、同じ桔梗を家紋とする明智光秀、もしくはその女婿で、鬼武者の主役に起用されて知名度を上げた明智左馬介(秀満)と同一人物であるという説である。

また一方で、東北の大名蘆名氏の一族である、と永らく言われてきた。しかし、

  • 蘆名氏と結びつけるものが乏しい事や
  • そもそも北国の大名の血縁者なら「南光坊」を名乗るのはおかしいじゃないか

などの理由で蘆名氏の一族であるとの説は希薄になっている。その為、ウィキペディアでは

  • 天海=光秀だよ派
  • いやいや天海=左馬介だよ派
  • 蘆名家の出身だと言う旧説は正しくて実は夭折した蘆名盛氏の嫡男蘆名盛興だよ派(←おそらく大半が会津市民)
  • 何の関係も無いよ、いい加減に妄想やめろ派


…という4説に分かれ、互いが自説を主張し続ける余り、彼らによって天海の記事は悲惨なほどに荒らされている。

そこで浅見光彦は、『会津風土記』を調べて、その人などとあるこの辺の諸説を折衷して分析した。

それによると、天海は岩代国大沼郡高田の生まれで、「舟木秀光」と名乗り、明智氏と同じ美濃国土岐氏一門で、土岐頼員こと舟木頼春(家紋は「桔梗」)の末裔という。

頼春は後醍醐天皇道楽・娯楽の犠牲者となり、その子・頼夏は足利尊氏に従い、戦功で奥羽の一部を与えられ、二本松氏(奥州畠山氏)の管領になった。

頼夏の子・頼尚・正尚父子(一時的に南朝に属した)を経て、その末裔の輝景(道光)は二本松氏の家老だったが、その子の景光は二本松氏から離反して、蘆名氏の家老になり、当主の盛氏の女婿となり、1546年ころに秀光(後の南光坊天海)という子を儲けた。

しかし、景光は若くして亡くなり、まだ幼かった秀光は亡父の葬儀で、はじめて親族の光秀に出会った。間もなく秀光は光秀に仕え、下野国日光でその養子となった。

37歳のころに、禿鼠として犠牲となった養父・光秀から託された家康に仕えて、出家して「随風」と名乗り、比叡山に入山して帝王学の学問をした。すべて修めると、光秀崇拝者の家康のはからいで、武州無量寿寺の住職となり、「天海」と改名した。

天海は養父を弔うために秀吉亡きあとに「養父の無念を晴らすために、本能寺の変の真相を暴き、外道な秀吉の悪事を世の中に知らしめてやる!」と言って、茶々をはじめとする羽柴氏に復讐と誓った説を提唱と喧伝をした。

…と所謂アサミスト達は、この説を妄信している。

ウィキペディアはお前らの日記帳じゃねえんだ、チラシの裏にでも書いてろ、な!」
ウィキペディアでの自分の記事 について、ウィキペディアン

生没年[編集]

木魚として日光東照宮の境内に奉納された、という天海の頭蓋骨。叩くと天地を ひっくり返すほどの轟音が鳴り響くばかりか、落雷まで発生させるため、一般人は触れることさえ禁じられている。

彼の生年には諸説あって一切不詳である。

だが本人曰く1536年であり、なおかつ晩年に天海自らが「実はサバ読んでました、それもかなり」と暴露したことから、最低でも1536年よりも20年以上前に誕生した事になる。その説を採り入れているのか、1510年生まれとする史料もある。

一方で没年は1643年とされているが、これはあくまで「歴史の表舞台からお隠れになった年」であり、その後は江戸城か日光東照宮の地下にある巨大な空洞に隠遁し、仙人になり、大政奉還の年に検閲により削除歳で身罷ったと伝わる。徳川家光からは「何故、天海はそれほどまでに長く生きられるのか」と問われ「毎日牛乳飲んでれば100歳ぐらいまでは平気で生きられる」と冗談交じりに語ったと言う逸話があるが、その驚異的な長寿の理由は未だに不明である。

不思議な言動と、その裏付け[編集]

晩年になると、家光や幕臣達を相手に様々な妄言を口走ったとされる。

それが、どれも捏造と疑われても仕方がないような信憑性・現実性が欠如した妄言ばかりで、いくら何でもコレじゃねぇ…といった具合である。それらの妄言の中でも、とりわけ破壊力のあるものを列挙すると、

などである。これらの話を聞いた幕臣土井利勝は「幕府の知恵袋と言われた天海上人も、ついに耄碌されたか」と嘆いたと言われる。

しかし天海は、それらが事実であると言う物的証拠を見せ、さらには川中島や厳島の決戦の有様を細部に至るまで説明し、利勝達を仰天させた。

もっとも、この一件に関しては、後世の歴史家達による見解は多少の差異はあれど概ね一致しており、「豊臣家に謀反の疑い有りとでっち上げたほどのペテン師なら、それぐらい用意周到にやって当たり前だ」と、天海のしたたかさ、才智を評価した上で、これらの発言は戦国の世が完全に終わってから誕生した「もののふのゆとり世代」を茶化すために天海が口走った戯言であろう、と否定的な意見が大半を占める。

関連項目[編集]

2000px-Wiktionary-logo.png
ユーモア欠落症患者のために、ウィクショナリーの語学ヲタクたちが「南光坊天海」の項目を執筆しています。