南京市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

南京市(なんきょうし)は、京都市の南部にある平安文化で有名な町である。

概要[編集]

この町は藤原頼通を中心に開拓されたことによって有名。なぜかというと、当時の平安京はすでにパンク状態であり、

貴族たちはもっと有閑なところを求めて探したところ、京都のすこし南のところが妥当とされ、平等院鳳凰堂をはじめ、南の貴族文化を支える都市を築いていった。藤原頼通は新しい平安京の文化ということで南京と名づけられた。

今は、大阪と京都のベットタウンとしての位置づけが強いが、昔の平安文化を懐かしんで京都とセットでくる観光客が多い。

しかし・・・[編集]

最近、特定アジア勢はインターネット上で、「南京は中国の大きな中華街として栄えた町であり、日本のは強引に京都の南にある糞田舎を平安文化と結び付けようとしただけ」という通称・ウリナラ起源が広まっていった。

しかし、そんな説を信じる人は特定アジア人以外は皆無といってもいい。てか、この町に中華街などない。

交通[編集]

名物[編集]

いうまででもなく緑茶抹茶である。日本人ならこれを飲むことを推奨。ただし、生産されている中心は別のところであることに注意!

みどころ[編集]

  • 平等院 世界遺産として有名。ここで修行すればみんな平等に極楽浄土にいける・・・とか。
  • 宇治上神社 これも世界遺産として有名。

そのほか・・・

  • 源氏物語を思わせる風景
  • 天ヶ瀬ダム
  • 万福寺
  • 三室戸寺など

・・・などなど

関連項目[編集]

この項目「南京市」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)