南京大作戰

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
南京大虐殺から転送)
移動先: 案内検索
この記事は右に寄り過ぎています。
ここが真ん中です。

南京大作戰(なんきんだいさくせん)とは、榮光ある無敵皇軍支那征伐中、南京に於て實行した民族淨化作戰のことである。畏れ多くも昭和天皇陛下御自ら御出陣あそばされた。作戰は大成功に終はり皇軍の武威を世界に知らしめた。

無敵皇軍の前では、チャンコロなど蟲けら以下である

暴支膺懲[編集]

時は皇紀二五九七年、中國大陸では、大陸征服を目論む惡代官蔣介石と、狂惨主義を掲げて人民を騙す詐欺師毛澤東率ゐる匪賊らの蠻行に因り、人民は虐げられて國土は焦土と化し、支那は大混亂に陷つてゐた。此の無殘な状况を打破し、東亞細亞に平和を築くべく、正義の皇軍は遠路遙々討匪行へと出陣したのである。

先づ上海への敵前上陸を敢行したる皇軍は、支那畜どもを次々と驅除して、破竹の勢ひで怒濤の快進撃を続け、忽ち中華民国首都たる南京へと迫り、蒋介石率ゐる匪賊軍團を包囲した。

皇軍ノ戰果[編集]

害蟲驅除[編集]

皇軍兵士の奮戰に依り三拾萬を越ゆる不逞支那人が驅除せられた。驅除の方法の内、最も多いのは銃殺であり其の數は二拾萬を超ゑてゐる。其の他は主として日本刀に依る斬殺や撲殺である。

各地で皇軍勇士達は戰果を重ね、百人斬り、二百人斬り、果ては千人斬りの英傑も現れた。市民の前で皇軍の武威を見せ付けんと、日本刀に依つて公開處刑せられたる不逞支那人は二萬人を越ゑ、畏れ多くも昭和天皇御自ら處刑を執り行はれ、帝國の武威を不逞の輩に見せ付けられる事も有つた。 その他皇軍の武勇伝の一覧はここを見よ

海外「マス=メヂア」ノ報道[編集]

佛蘭西英吉利等は挙つて本作戰を『大和民族による神聖なる戰ひ』として褒め稱へ、其の戰果を大いに喧傳した。後に同盟國となる獨逸は、此れを見習つて猶太人らを驅除したと傳へられてゐる。

歴史的評價[編集]

此の作戰の歴史的評價には、正統派の歴史觀に基づく評價と、一部の反日分子及び似非愛國者による誹謗中傷や妄言の三つがある。

正統派歴史学者ノ評價[編集]

此の作戰は畏れ多くも天皇陛下御自ら御出陣あそばされて不逞なる劣等支那人を驅除し、大勢の支那婦女に我が大和民族の高貴なる遺傳子を種付けせしめた皇國の快擧であり、又支那人に對する敎育的指導としても無比なる効果を有するものであつた。しかれども誰にも陛下の御姿は見えず、大和民族の高貴なる遺傳子はより高き不思議なる所にて空気感染するものでも在つたと見え、その高貴なる子孫は未だ一人として発見されておらない。

一部反日分子ニヨル誹謗中傷ノ動キ[編集]

一部の不逞反日分子の中には本作戰を『虐殺』などと稱する愚か者がゐるが、此れは全くの間違ひである。虐殺とは不當に無辜の人民を殺すことであり、對して實際に皇軍が行つたのは不逞支那人の驅除に過ぎない。驅除ならば何百萬人殺しても良いのである。

又種付けについても優秀無比なる我が大和民族の遺傳子を注ぎせしめたのは支那婦女にとつて幸福なことであり、此れを强姦などと呼ぶ輩は完全に事實を見過つてゐる。よつて過去此のやうな主張をした者は治安維持法違反や不敬罪などで處罰せられていつた。

似非愛國者ノ妄言[編集]

一方似非愛國者は此の作戰其の物の存在を否定し、或いはその戰果を著しく過小評價してゐる。彼等の謂ひに據れば、此のやうな虐殺などは恥ずべき行ひであり、榮えある皇軍は其のやうなことはしてはゐない、する筈がないと言ふこととなる。而して此れは結局の處上記反日分子と同根の妄言としか言ひやうがない。

周知の通り劣等民族支那人の、其れも不逞分子の驅除は虐殺などではなく、正當な害蟲驅除であつて寧ろ稱贊さるべき行ひである。まして何ら道德的責などを負ふ必要は無い。然るに似非愛國者は此れを『虐殺』と同じやうに捉へ、あらうことか皇軍の大戰果を捏造であるなどと言つてゐるのである。愛國者を装つた此のやうな賣國奴の妄言も亦治安維持法違反や不敬罪などで處罰されていつた。

本作戰ヲ扱ヒシ活動寫眞ナド[編集]

正統派歴史學者による作品
南京大虐殺 - YouTube
似非愛國者による洗腦工作
南京大捏造 - YouTube

青年國士ニヨル評價[編集]

否定論[編集]

神武天皇即位紀元(皇紀)弐六参零年頃より唱へられた説。日本地圖におゐて確認出來るのは東京のみで在り、南京なる都市の存在は確認出來なゐとするもの。「南くんの戀人」の誤讀とする説が有力視されてゐる。

陰謀論[編集]

南京大作戰は支那捏造で在る、其の根據は日本人如きに南京虐殺なんぞ出來る筈がなゐし、軍規が固かつたとの事。

中田説[編集]

南京大作戰は中田英壽の個人的犯罪とする説が在る。是が有名な「南京大虐殺は中田」で在る[1](但し、中田本人は是を否定して居る)。

脚註[編集]

關聯項目[編集]