卒業

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「卒業」の項目を執筆しています。

卒業(そつぎょう graduation)とは主に学校などの閉鎖空間からの開放を意味し、主に卒業式を経て達成されるものである。ただし、閉鎖空間からの開放がすなわち自由を意味しているわけではない。また、いままでの自分の殻を破る際にもしばしば使用される。卒業したからといって特に利点があるわけではないが、何故にか人間(特に日本人)は「何か」を卒業したいらしい。

メリット[編集]

  • 卒業したと威張れる。
  • 収入が増えたりするかもしれない。
  • 取り合えず閉鎖空間からは開放される。
  • 人間として成長した気になれる。
  • 尾崎豊の曲に涙ぐむ姿がちょっとだけかっこいい。
  • 普通の女の子に戻れるかもしれない

デメリット[編集]

用例[編集]

  • 「学校を卒業する。」
最も一般的な用法である。学校という閉鎖空間からの開放を意味するが、これは同時に新たな閉鎖空間への突入を意味する。
  • 童貞を卒業する。」
初体験を終了した男子が使用する卒業の例。実は童貞を卒業した男子の大方はこの科白を言ってみんなに自慢したいのだが、「いまさら!?」という反論を恐れて自分からの発言は比較的控えれれている模様。
東京大学に入学することよりも難しいといわれている。
一般的には死亡を意味する。しかし、特定の状況下では俗世間(三次元)からの解脱二次元への逃避)を意味する場合がある。

関連項目[編集]