半分の月がのぼる空

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイくじけぬ心が必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。

半分の月がのぼる空(はんぶんのつきがのぼるそら)は、電撃ヴんこから出版されている橋本紡による泣きゲー風ライトノベル作品であり、多くの信者を獲得し世界を牛耳っている宗教、仏教の宗派の一つである。 なお、鍵っ子である人間が以下の詳細を足蹴にすることは個人的にとても傷つくので激しく禁止する所存である。

概要[編集]

戎崎裕一は、授業中に「く...俺を、呼んでいるのか...?」と言って突然教室を出て行ったり、「ふ...この程度、造作もないな」と言って設問を間違えることなどを除けば厨二病を発病しただけのごく普通の高校生探偵であった。そんな彼に届いた新たな依頼。それは、大財閥・秋庭グループの次期総裁・秋庭里香の捜索であった。いつも通り、超能力を駆使してすぐに片付けようと思っていたのだが...。

主な登場人物[編集]

戎崎裕一
本作の主人公。厨二病。私立声優育成学校に通う”自分は因果により裏付けされた運命に選ばれたもの”と言っているごく普通の高校生である。「こんな事件、夜食前だね」と作中で豪語するほどの推理力を有し、その推理能力の低さに自惚れて探偵をやっている。思考回路は基本的に厨二的方面に直結しており、第一巻で秋庭里香のいるだろうと思われる病院に潜入捜査をするために自らトレーラー(35歳・男性)に轢かれに行った際、「この程度で、俺に傷を与えられると思うな?」とのたまった結果三日間生死を彷徨っていたところからもその様子が窺える。里香には出会った直後から頭が上がらない。
秋庭里香
本作のメインヒロイン。世界的大企業「秋庭グループ」の次期総裁である16歳の高校一年生。次期総裁というプレッシャーに耐えられず、狂言誘拐をしようとした結果本当に誘拐されてしまった。本物の超能力者であり、数瞬先を予見することの出来る「因視眼」を有する。所々天然ボケが入っており、トレーラーに轢かれ担ぎ込まれた祐一の乗っていた担架を「もう、ちゃんと片付けないとダメじゃない」と言ってうっかり霊柩車に乗せてしまったところや、病院内で幽閉されている際正面玄関から脱出できることに気付かなかったところからもその様子が窺える。先天的に人を使役することにたけており、目覚めたばかりの祐一を大雪の中市立図書館に向かわせている。
谷崎亜希子
本作のヒロインになれなかった祐一や里香のいる病院の看護婦。独身。その正体は、里香を誘拐した犯人の手下の手下である。医療機器を武器にすることに長けており、祐一に点滴する際に「あ、ごめんね~www」とか言いながら3度も針を刺し間違えたところや、スリッパを投擲し祐一の顔面に直撃させるところから高い戦闘能力が窺える。病院内で里香を幽閉した際の最高責任者(つまり、全部の責任を任されただけの人)。ワカメが好物であり、仕事終わりにワカメだけを買いに行き「ワカメ...高かった...orz」と言ってワカメだけを買ってきたシーンからもワカメへの執念を感じられる。
世古口司
祐一の家の向かいに住むお兄さん(NEET)であり、祐一の良き理解者(同族)。同族(笑)なので、厨二病である。基本、祐一と同じ思考回路なのでとても残念であり、「ここは俺に任せて、先に行けぇ!」と全然無意味な時に特攻し瞬殺されたところからもその様子が窺える。プロレス大好き。
戎崎誠一
祐一の父。重度の厨二病患者である。親子であるにも関わらず全く似ていない祐一へ唯一この部分が遺伝したと思われる。一巻で、「理想郷を探しに行く」と書置きを残して旅立ってしまったところから、その厨二病の救い難さが窺える。
秋庭玲二
里香の父。世界的大企業「秋庭グループ」の現総裁。突然「ショータイムだ!」などと叫び部屋を飛び出し、数時間後に何故か段ボールの中で変死体となって発見された。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「半分の月がのぼる空」の項目を執筆しています。