千羽鶴

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

千羽鶴(せんばづる)とは、折り紙で作られたを1000羽集め、糸などでまとめたものである。制作に時間と人手がかかるためか、呪術的な効果があると言われ、被災地や被災者への嫌がらせ、消極的なテロ行為、または焼却炉燃料として用いられることもある。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「千羽鶴」の項目を執筆しています。

概要[編集]

折り紙で鶴を1000羽折るという行為は、お百度参り藁人形断ち物などと同じような効果があると言われており、被災者に対してより効果的に被災状況を悪化させ、けが人・病人には病状の悪化の効果があると言われている。近年ではクライストチャーチ地震[1]ハイチ地震[2]阪神大震災[3] などで被災地に送られ、高い効果が確認されており、東日本大震災でも計画されている。

作り方・使い方[編集]

  1. 折り紙で鶴を折る。出来る限り沢山に人数で、時間をかけて折ること。
  2. 折った鶴を集め、糸でまとめる。
  3. 神社に持ち込み祈祷する。神社への祈祷料が高額であれば有るほど効果的である。
  4. 被災地へ持ち込む。自動車などで直接持ち込めば高い効果が得られるが、不可能な場合は郵便・宅配便等を使う。郵便や宅配便を使う場合は、よりたくさん作り、バラバラの便で送ればより高い効果が得られる。

呪術的効果[編集]

前述の通り千羽鶴は呪術が込められている。そのため付喪神が取りついて、妖怪となって蠢動し、被災地などをさらに荒らすことが多い。結果、被災地は陰陽師を雇わねばならず、経済的にはますます困窮するという悪循環に陥る。結果、自殺する人間も急増し、その自殺した人間の未練を残した魂が怨霊となって千羽鶴に憑依して、さらに百鬼夜行は拡張される。

また、こうした魑魅魍魎の蠢動に誘発されて、よそから妖怪達が移民してくることも多い。移民して定住してきた妖怪達は、後々になってから、「我々は強制連行させられた!」と謝罪と賠償を請求し、自治体の経済はますます困窮する。こうした悪循環につけ込んで来るのがサラ金ブラック企業であり、気が付けば被災地は二次被害・三次被害によって壊滅的な状態になっていることが多い。全ては送られた千羽鶴の所為である。お祈りなんかじゃない、これは呪いの御札だ。

部族間抗争における活用[編集]

吹奏楽コンクールや高校野球といった各種の部族の抗争においても千羽鶴が用いられている。 これらの抗争は数多くの参加部族に対し、優勝、あるいは上位大会出場といった栄誉を受けられる部族が非常に少ないことから、自分たちの勝利と敵の敗北を祈願した呪術が込められており、戦いに向かない者年老いた者が中心となって作成する。 また、数が多くなればその分効果が高まると信じられており、二千羽以上からなるものも珍しくない。 さらに、使いまわすと効果が減衰するとも言われているためか、数年にわたって使い回すことはなく、定期的に作り直す。


類似の効果がある物[編集]

下記のものは、千羽鶴と同じような効果があると言われている。

関連項目[編集]

脚注[編集]