千利休

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「千利休」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「へうげもの」の項目を執筆しています。
アレの戦友だった極悪人禿猿野郎に対して、静かに怒り狂う宗匠居士。

千 利休 (せん の りきゅーる、別名:田中与四郎、通称:宗易 大永2年 (1522年) - 天正19年2月28日1591年4月21日)) は安土桃山時代に日本に渡来したお酒。その正体は、時の権力者たちを茶室に招いてカウンセリングをする茶坊主でありながら、権力者たちの意向に応じて暗殺者の手配もしたと言われる闇社会の大ボス。信長・秀吉といった武将に取り入りながら、絶大な権力を保持し、裏の裏まで「知りすぎた男」だったため、やがて豊臣秀吉に切腹を命じられる悲劇の茶人としても知られている。

人物・略歴[編集]

利休の生い立ちと人柄[編集]

千利休はもともとはの魚問屋の出身で姓を「田中」と言っていたハズなのだが、「田中」という姓がありきたりでどこにでも転がっているような苗字であることにイラついたらしく、侘び寂び(わびさび)を信条とするアーティストのプライドから、「千」と改姓し若い頃は「与四郎」と名乗っていたらしい。もともとの姓が「千尋」で頭のでかい銭湯のばばあから「お前の名前は「千」だ」と勝手に決め付けられたと言うのは、おそらくウィキペディアン好みのウソであろう。だからアニメ映画「千利休の神隠し(せんのりきゅうのかみかくし)」をジブリが製作中という噂もガセである。

ちなみに堺の茶人武野紹鴎に茶の手ほどきを受けて、「与四郎」から「宗易」の号をもらうことになり、やがては津田宗及今井宗久に並ぶ茶人となっていくのである。利休の淹れたお茶はうまいと評判になったが、一部には「利休のお茶には味の素がたっぷり入ってる」といった誹謗中傷もないではなかった。例えば利休が魚問屋出身ということもあって、裏では「宗易(利休)のお茶は魚臭い」とあらぬ噂を立てられていた。実際、利休の茶会が終わると必ずと言っていいほど猫どもが寄ってきて、行灯(あんどん)の油を舐めるように茶道具一式をペロペロ舐めていたらしい。そしてイヤな客が相手だと猫がしゃぶった茶道具を洗わずにそのまま用いても知らん振りするのが利休のやり方であった。

こうした修行時代から壮年期にかけての利休の武勇伝はさまざまなものが伝えられている。幸か不幸か利休はこの当時の人間にしては、背が高い部類であって、津田や今井と並ぶと50センチ近くも差が開いたようであり、おそらく身長は2メートルを越えていたと考えられている。しかも体格が良いだけではなく、衣を脱ぐとムキムキの筋肉がボディービルダーのようにビクビクしており、気に食わないことがあると強力な握力で唐物茶碗などを一気にパリンと握り潰したと言われている。普段は虫も殺さぬような冷静沈着なたたたずまいをしているが、「やーい魚屋のおっさん!」とか「千じゃなくて田中だろ!」とか「茶坊主のくせに…」など愚弄されると、いつの間にやら一瞬こぶしを振り上げ、そのまま相手は見事半殺しにされるとも言われている。

しかも分厚い唇に、人を射すくめるようなまなざし、太平洋に浮かぶイースター島モアイのようなごつい表情である。その上、平気で皆が引きまくるような、空気を敢えて読まないような発言をするので、黒衣を着た利休が天下の往来をのっしのっし歩くと、人がサッと避けて道が開いたと伝えられている。

ちなみに正親町天皇に茶を献上するために、「宗易」から「利休」に名前を変えた。結構気に入っていた名前のようだが、くそガキどもが面白がって「利休さーん(りっきゅうさーん)」と「とんち小坊主一休」のように、気安く呼びかけることは気に入らず、これまたガキの首根っこをふんづかまえて、すかさず茶釜で殴りつけたという話もあるらしい。

こうした「ヤバい振る舞い」が異常に多かったために、弟子筋(利休七哲)の織田有楽斎あたりからは、こっそり「ヤバ爺」とも呼ばれていたらしい。


すべてを黒に染める[編集]

利休は自分のラッキーカラーを黒と決めていたようである。かねてから唐物や朝鮮のものに負けない器に茶を淹れることが夢であったが、己が自負する美学に基づいて黒楽茶碗を楽長次郎に造ってもらった時には、目玉を1.5倍に膨張させて見入ったと言う記録がある。この茶碗を見て利休は「これからは黒が支配する世の中になるであろう」と感極まって、むせび泣きながら、ボソボソ呟いていたと言う。この尋常ならざる黒好みから「黒男(くろお)」とか呼ばれていたらしい。

長谷川等伯による利休画像を見るとわかるように、出かける時の衣装も黒ならば、家で寛ぐ時の衣装も黒であった。寝巻きも真っ黒な上に、敷布団も掛け布団も枕も真っ黒なので、夜中寝ている利休の姿は「闇夜の烏(からす)」もとい「闇夜の満月(ハゲ)」と家族に言われていた。加えてふんどしも真っ黒に染まっているばかりか、お風呂のお湯までご丁寧にも墨流しで黒く染められていたので、真っ黒に染まった利休の風呂上りの姿はキレイになっているかどうかはよくわからなかったらしい。

勿論自宅も真っ黒である。黒い猫と黒い犬を飼っていたらしいが、余りに真っ黒なので何匹いるか利休の家族もわからなかったようである。ちなみに本能寺の変を逃れた信長の家臣で黒人弥助も、事のついででしょっちゅう利休宅に出入りしていたらしいが、黒すぎていつ出ていつ入ってきたのか家人にもわからなったそうである。自宅にいると保護色の黒に乗じて何だか得体の知れない黒くて生温かいものが出たり入ったりするので、たまりかねた家族が「黒猫、黒犬、黒人、黒豹(ひょう)、カラス出入り禁止」と立て札を立てたらしいが、案の定、地獄耳を持つ人権団体にかぎつけられたようである。言うまでも無く「黒人」の件がまずいらしく、早速徹底的な糾弾と嫌がらせをされているらしい。

さて商人である利休は、その経済力に物を言わせ、手を尽くして南国からパイナップルを手に入れるほどの、グルメ嗜好の美食家であった。その才を活かして利休の茶室で行われたのが「黒茶席」とか「ブラック・パーティー」と呼ばれる宴席であった。上質の黒檀でできた利休の食卓には、真っ黒な漆器に、キャビア、トリュフ、海苔の佃煮、海苔巻き、黒ゴマ坦々麺、イカ墨スパゲティ、黒豆、昆布巻き、ひじきの煮たの、茄子の鴫焼き、椎茸に煮付けが並び、それぞれ黒い箸でつまむのが利休流であった。そしてシメは闇鍋、食後にはビターチョコレートと黒蜜の入ったブラック・コーヒーの濃いものが出された。居並ぶ観客をよそに利休は黒楽茶碗のコーヒーを飲み干しながら、「お茶なんか飲んでいる奴はアホ、コーヒーのブラックが最高」とかとんでもないことをよく口走っていたらしい。

ちなみに弟子の古田織部はおなごの赤乳首が好みだったようだが、利休はガンコ一徹黒乳首しか受け付けなかったそうである。さすがに織部がかすむほどの渋い玄人好みである。

魔界の使者[編集]

オーラの泉」で黒髪を黄髪にしている、もとい白髪を黄髪にして出演している美輪明宏さん曰く、「黒はわざわいを招く色だから、使うのはお控えなさい」とアドバイスしているようだが、黒が好きで好きでたまらぬ黒づくめの利休の場合はどうであろうか。利休は実は悪魔の使いではなかったかと言う記録が残されている。イエズス会の宣教師ルイス・フロイスは、信長を有能な政治家として褒めていることで知られるが、その茶道頭であった利休に関しては「black satan(黒悪魔)」とか「demon rikyu(デーモン利休)」と罵っており、利休を心も魂も黒い悪魔として見做していたことがわかっている

というのも南蛮人には茶道(侘茶)は理解できない不気味な妖術としか思えなかったからである。あんな安っぽい茶杓や茶入れや茶壷そして釜が、べらぼうな値段の高さで取引をされていることにヨーロッパ人は皆一様に驚き、呆れ、そして怪しんだ末に、神ならざる悪魔の使いとして利休の存在を見ていたようである。ちなみに現在でも東京四ツ谷にあるイエズス会直営の上智大学では「利休」の名前を口にすることや、茶道関係者をキャンパスに招くことは、鉄の規律によって厳禁されている。ドイツの作家ゲーテの『ファウスト』に出てくる悪魔メフィストフェレスや、藤子不二雄Aの『笑ゥせぇるすまん』の喪黒福造はたぶん利休がモデルである。というか「利休」そのものが「喪黒福造」みたいなものだったのである。それについて以下に述べよう。

利休の茶席は、緊張感を揉みほぐすことから始まる。利休のお茶を口に含むと、荒々しい戦国武将たちの気持ちはゆったりとした気分になる。そしてポツリポツリ本音がついて口から出るようになったところで、カウンセリングが進んでいくのである。人間弱いものでついつい口が滑って修羅場をくぐってきた戦国武将でさえ、言うまでもないことをペラペラと喋ってしまうのである。それは例えば「だれそれが憎い」とか、「だれそれには負けたくない」とか、「オレが天下取ったる」といった願望の形になって現れてくるのである。利休はここまで聞き終わると、小瓶を取り出し、喪黒福造のように誘惑するのである。「どうぞこれを茶にかき混ぜて、黄泉の国にお送りなさいませ……」と。言うまでも無くである。間違いなくである。何があろうと猛毒である。利休は手ずから茶杓をとると毒を茶と混ぜ込み、茶筅をゆっくりと回して暗殺の指南をしたと伝えられている。

もちろんこの手段がバレたり、失敗したり、うわさにでもなったりしたら利休は表情一つ変えず、「あなたは私との約束を破りましたね」とボソッと言うらしい。そして泣きつく依頼者が油断しているうちに、茶筅をかきまわして、何気なく茶をすすめると、バタッと依頼者は哀れにも血を吐いて倒れるのである。すなわち口封じとしてそのまま闇から闇へ葬られるのである。ある意味、喪黒福造のドーーーンよりもタチが悪いと言えようか。タチの悪さからすると、グリコに毒を入れた怪人21面相カレーに砒素を入れた林眞須美地下鉄サリンを撒いたオウム真理教に近い面があるのである。

ところで、利休の茶席では「一期一会」が重んじられた。利休はその日の気分(気まぐれ)と出席者(の好き嫌い)によって、致死性の高い猛毒を入れたり、入れなかったり、薄めたり、濃くしたりして、茶席に緊張感をもたらすように努めたという。だから普通のお茶だと思ってお茶をすすっていると、いつ何時ばったりと倒れてあちら逝きになるかわからないので、会席者も自然と「この茶席に出ている時が最初で最後だ」という「一期一会」の高邁な境地に至ることが出来たのだとも言われている。利休の茶を飲むことは上流階級の仲間入りを示すこともあって名誉なことであり、その意味で誰かが犠牲になるとは皆知りながら、多くの武将たちは「フグは食いたし命は惜しい」に倣って「(利休の)茶は飲みたし命は惜しい」とつぶやき、茶室に入っていくのである。こうした歴戦のつわものの戦国武将をも感服せしめた利休の茶席を「ロシアン・ルーレット茶」略して「ロシアン・ティー」あるいは「殺しあんティー(ころしあんてぃー)」と呼ぶ場合がある。

ちなみに利休が作った竹の茶杓に「なみだ」の銘を持つ逸品があるが、茶席で数多くの者を葬り去った業の深さから、死に逝くものに「なみだ」をそそいだという事でこの名がついたと考えられている。しかし利休が死に逝く者に涙をそそいだという故事には疑問が残る。と言うのも、毒をたっぷり含ませて茶筅をかき回すときに限って、いつもはしんねりむっつりしている利休は上機嫌になることが多く、「♪誰が死ぬかな、♪誰が死ぬかな…」と楽しそうに鼻歌をよく歌っていた、と記録されているからである。

侘茶のパフォーマンス[編集]

利休は、何も削るものがないところまで無駄を省いて、緊張感を作り出すという侘茶(草庵の茶)の完成者として知られる。一説には商人のえげつなさ、金についてのうるささ、がめつさとしみったれぶりがこの侘茶の美学を育んだと見る向きがある。しかし利休の美学は金銭面でのけち臭さから生まれたものではない。これはひとえに茶人利休のチャレンジ精神の賜物なのである。

もともと茶室の基本は4畳であった、しかし「削る美学」を貫徹する利休はこの基本を敢えて逸脱し、今まで無いような茶室を作り上げることになるのである。現在は国宝に指定されている京都妙喜庵待庵は2畳、その後に作った茶室には1.5畳、1畳、0.5畳のものがあったと伝えられている。しかしよく考えると侘び寂びだけで茶室をどんどんと縮小するには問題が多すぎる。まず利休は先に述べたように2メートルを越す巨人であった。しかもこれら茶室の入り口は、身をかがまねば入ることの出来ない「躙り口(にじりぐち)」であり、巨漢の利休がくぐるにはとてもきつそうである。加えて採光の少ない天窓は嫌でも圧迫感を強め、ゲスト(客)とホスト(主人)が向かい合うには息苦しい空間である。

最近の研究では利休の狭苦しい茶室や躙り口は、利休のパフォーマンスを演出する装置だったとする説も出されている。躙り口から茶席の客が入ると、その中は2畳より狭い空間。そこへ黒タイツをした利休がやってきて、音楽とともにどんどんと狭い箱へ、狭い箱へと入っていくパフォーマンスが余技として行われていたのである。言うなれば、鞄に自分の身体を全部詰め込むようなエスパー伊東の芸のようなものと考えてもらうとよいだろう。そして「ハイー!」の掛け声とともに閉じ込められていた汗だくになっていた巨体の利休が脱出し、汗だくになった人々と、茶を楽しんだと伝えられている。なおこのパフォーマンスはやるたびごとに小さい部屋、小さい入り口、小さい箱が用意され、利休もそれに合わせて、よりキツキツの黒タイツやボンデージ・ファッションを工夫していったと言う。これも「侘び寂び」の精神の賜物である。

こうした身体拘束とか、身体緊縛とかのパフォーマンスを楽しむ利休をマゾヒストだと思っている人も多いが、それは大変な誤解である。利休の目指した「侘茶」を、我々は「茶道(さどう)」とも一般的に呼び習わしていることを思い出してみよう。「茶道」=「サド」≒「サディスト」と考えた方が良いかもしれない。あまりのサドっぷりに織田有楽斎から「客を苦しめるに似たり」とディスられている。例えば茶席では、さっさと茶を淹れて飲んで終わりにすればいいものを、わけのわからん作法があって、ちんたらちんたら全然進まない。それをずっと首を長くして待っていると、正座しているわけだから、脚に激しいシビレが襲いかかってくるのである。こうした苦行を人に科し、苦痛なくしては茶を飲み干せないようなシステムを作るなど、利休はやはりサディストとしか考えられない。利休は茶席で脚にシビレを感じた人を目ざとく見つけると、すぐさまその人の脚をツンツンと指でさわりまくり、シビレでナミダ目になった相手がのた打ち回って失神するまで、それをやめなかったそうである。

利休切腹[編集]

ここまで読まれた方々はもうお気づきになったことであろう。秀吉が何ゆえに利休に切腹を申し付けたのか。 ここまで読めば秀吉でなくとも、殺したくなる気持ちがなんとなくおわかりいただけたかと思う。って言うか、殺したくなるよな、なんとなく……。

没後の評価[編集]

侘茶の作法や心得については、利休没後にくだくだしい説明をした文書が多く出されてきたが、利休の基本は「決まり事など無いというのが極意」であると言明していたようである。もてなしの趣向は各人それぞれによるのであって、神経症のように箸の上げ下げから茶杓の持ち方まで「お作法」をつべこべ言うのは無粋なのである。ということで、利休もめんどくさいときには、相手に見られぬように鼻でもほじりながら、一気に水彩絵の具のビリジアンを溶かし込んで、「日本では滅多に手に入らぬ異国のお茶」と言って相手をいい気にさせて、茶をすすめたそうである。(もてなしの趣向は各人それぞれによるのであるから利休にとってこうした振る舞いはOKなのである)。しかもこういったことは何度となく行われていたようで、年によっては茶葉よりビリジアン絵の具の方が消費量が多いこともあったと言う。

作品[編集]

  • 黄金の茶室に命じられて嫌々作ったテーマパーク。完成時には「まるで聳え立つ○○だ」とdisったという。実は完成当初は金箔ではなくバナナの皮が貼ってあった。そんなことも露知らず秀吉は「ウッキー」と喚きながらたいそう喜んだが、喜びすぎて足を滑らせて転び頭を打ち、その後奇行・蛮行が目立つようになった。
  • 利休鼠:利休は秀吉の北条攻めで関東へ随伴したとき、城ヶ島に壮大な侘びさびのテーマパークを建設することを思い立ったという。そのテーマパークのキャラクターこそが利休鼠である。全身が利休好みの黒く、著しく無駄を排したデザインの鼠だったが、浦安にある某鼠園から版権絡みで睨まれて計画が頓挫した。失意の利休は号泣し、さながら「利休鼠の雨が降る」[1]ようであったという。さらに悪いことに秀吉も「剥げ鼠」というキャラクターを考案していたため、利休切腹はこうした版権絡みの問題が遠因ともされている。やはりネズミ関係のキャラクタービジネスは禁則事項です
  • 第三のビール:利休にとっては酒税法による税金も削るべき無駄なのである。この時代すでに南蛮人により種子島から伝わった「発砲酒」が広まっており、大胆な自由経済政策を標榜する信長などが好んでいた。しかし彼はさらに税金を省いた第三のビールを発明したのである。したがって第三のビールは酒税法上「利休類」とされている。「茶の湯に貴賤は無い」と主張した利休にとって、ビールにも貴賤は無いのである。

関連事項[編集]