千代田区

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
おしらせ
ゲシュタルト崩壊の危険性
この記事はゲシュタルト崩壊を起こす可能性があります!遺伝子工学の権威、ひよこ陛下殿が身をもって確認しました!!
目に自信がない方、見るのを止めといたがいいとのことです!!!でも、意外に耐えられることが多いそうなので、見てみなさい、とのことでした。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「千代田区」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「千代田区」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「千代田区」の項目を執筆しています。

千代田区とは、日本の中心中心)の中心の中心の区。中央のほうとは異なる。

中心の中心の中心の中心の区の概要[編集]

東京の中心である東京23区のほぼ中心にある区である。長年、日本の中心として活躍してきた区であり、東京の中心である都心の中でも中心的な役割を果たしてきた(東京区部の中心的な区である千代田区・港区中央区すなわち都心三区の中でも千代田区は日本の中心として当然中心的なポジションを占めている)。以下に、中心とされているもののリストをあげる。

  • 政治の中心:日本という国の中心の皇居、行政の中心の内閣府、立法の中心国会議事堂、司法の中心最高裁判所
  • 権力の中心:日本の権力の中心である首相官邸・首相公邸、日本政治の中心を握る自民党本部、それに対立する野党の中心民主党本部、国会議員中心地永田町、官僚・国家公務員の中心霞ヶ関、桜田門組中心の警視庁本庁舎
  • 経済の中心:財界の中心経団連本部、オフィスビルの中心である丸の内ビルディングと新丸の内ビルディング、三菱系銀行の中心である東京三菱UFJフィナンシャルグループ本社、三菱系商社の中心の三菱商事本社、日立の中心の日立製作所本社、新日鐵住金の中心の新日鐵住金本社、日本の海上輸送の中心の日本郵船株式会社、マスコミ中心読売毎日産経日経新聞本社
  • 学問・芸術の中心:古本屋の中心の神田、科学の中心の科学技術館、日本近代美術の中心の東京国立近代美術館、日本近代工芸の中心の東京国立近代美術館工芸館、宝塚の東京における中心の東京宝塚劇場、劇場の中心である帝国劇場、上智大学中心四谷キャンパス、明治大学中心(本部)がある明治大学駿河台校舎、中央大学移転前の中心地中央大学駿河台記念館、法政大学中心市ヶ谷キャンパス、日本大学中心日本大学本部
  • その他の中心:鉄道の中心東京駅、日本の地図の中心となる日本水準原点、公文書集積の中心の国立公文書館、図書館の中心の国立国会図書館、日本占領期の中心の明治生命館、戦没者の中心の靖国神社、コンサート開催地の中心の日本武道館、イベントホールの中心の日比谷公会堂、国際会議開催の中心東京国際フォーラム、オタク中心にして聖地秋葉原
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

このように、千代田区は日本の中心としてありとあらゆる分野の中心を網羅している。

中心の中心の中心の中心の区の人口[編集]

人口は昼間のみ85万3382人である。これは地方の政令指定都市にも達する巨大な人口であり、人口密度は7万3314人/平方kmにもなる。これは香港の九龍地区の4万4917人/平方kmを二倍近く越える、日本の中心としてふさわしい密度と人口なのである。

・・・本当の人口は5万715人で、人口密度も4360人/平方kmなんだけどね。人口密度で言ったら他の区はみんな1万人/平方kmを超えてるし、千代田区だけ圧倒的にド田舎なんだ。

千代田市構想[編集]

日本の中心として他の区から独立しようという日本の中心らしい構想。千代田区もワシントンD.C.のように政治の中心・経済の中心・その他いろんなものの中心として独立すべきなのであるという考えに基づいた独立運動である。だが千代田区の中心的地位を羨む他の勢力(他の区22区全て)から反対されており、実現はまだまだ遠そうである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「千代田市構想」の項目を執筆しています。

中心の中心の中心の中心の区の歴史[編集]

近世以前[編集]

日本の中心である東京の中心を占める千代田区の歴史とは、すなわち中心の歴史である。古くは平将門が天慶の乱を起こした際、最終的に斬られた将門の頸が現在の千代田区に飛んできたためその反乱の中心地となった。今でも将門の祟りの中心として首塚が大手町中心部に残っている。その後も将門の祟りがあまりにも強かったため、1307年には真行上人が中心となって大手町の中心で将門の祟りを鎮めた。その記録は昭和46年に東京都指定文化財に指定され、東京の中心地にも文化財が誕生することになった。

江戸時代[編集]

1590年には後に全国支配の中心となる徳川幕府を起こす中心人物の徳川家康が江戸入りした。家康は自らが中心となって開発事業を行い、その後400年以上続く日本の中心としての基礎を築いたのである。また1600年にウィリアム・アダムズとヤン・ヨーステンが日本に上陸すると、江戸の中心部の八重洲の屋敷に二人を住まわせ、彼らから聞き出した言葉を中心にして外交政策を行なった。そしてまた1608年には最初の朝鮮通信使が日本の中心の江戸に派遣された。千代田区はその当時から外交政策の中心だったのである。外交政策の中心である千代田区は、もちろん内政の中心でもあった。1635年には支配体制の中心である武家諸法度が強化改訂され、その三年後には日本の中心江戸にふさわしい壮大な天守閣が完成した。これ以降も日本史の中心を占めるのは千代田区である。日本人の中心的概念である義理・人情と法治国家としての側面が真正面から問われた元禄赤穂事件の中心となったのも日本の中心江戸城内でのことであった。江戸文化の中心人物である歌川広重も現千代田区の中心、丸の内で生まれた。そして江戸時代は明治時代の到来と共に終わりを告げるが、新政府も江戸に中心的な機能を起き、日本の中心としての地位は保たれていく。なお、この時日本の新しい中心の地として名前は東京に変えられた。

明治維新以降、戦前まで[編集]

1871年大蔵省は紙幣司を創設し、紙幣の中心的な地位もこの千代田区の地に移された。それまで江戸幕府は日本の中心である江戸ではなく全国数カ所で通貨(大判小判など)を鋳造していたので、貨幣の中心的な地位がこの地に移ったのは初めてのことである。その翌年には大手町・有楽町が日本の中心として正式な町名になった。またこの年に新橋-横浜間に鉄道が開通するが、これは後に中心的な役目を果たす東京駅まで延伸する。その後1885年に発足した三菱合資会社は、1890年に政府から128万円で丸の内の払い下げを受けると、千代田区の中心部丸の内の開発に中心的な役割を果たし、1894年には三菱中心として三菱一号館を完成させ、その二年後の1896年には三菱三号館を建設し一丁倫敦を出現させるなど、経済の中心地として発展を遂げた。

1914年、大正時代に入ってから東京駅が開業し名実ともに日本の鉄道の中心駅として活動を開始した。また鉄道博物館(仮)も開業し、歴史ある日本の鉄道博物館の中心となった。また、経済の面でも日本鉱業倶楽部が発足し、財界でも中心的な役目を果たしていくこととなる。1933年には日本の資本主義黎明期に中心的な地位を占めた渋沢栄一像が常盤橋公園に建立された。

戦後[編集]

1949年に日本の中心にある皇居脇にある皇居外苑が日本の中心にふさわしい国民公園として解放されてから、丸の内はよりいっそう開放的になった。1956年には大手町駅が開業し、交通の便もより良くなった。さらに日本の中心にふさわしい公園として和田倉噴水公園が産経から寄贈され、区が中心となって整備した。その後も経済・政治の中心として千代田区は発展が続いている。

中心の中心の中心の中心の区の関連事項[編集]