千と千尋の神隠し

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「千と千尋の神隠し」の項目を執筆しています。

千と千尋の神隠し(せんとちひろのかみかくし)は、親が店の食料を勝手に食べてしまったことで出来た借金を代わりに返済するために、妖怪や神様だらけの特殊浴場で働かされる羽目になった女の子の仕事場を描いたアニメ映画である。製作はパヤオ。当初は千と千尋の「」隠しとしたストーリー展開であったが、「紙」を「神」にしたところ妙にしっくりきたため、そのまま大幅に脚本を書き直した。

あらすじ[編集]

日常的な職場の風景

小学4年生10歳の少女、荻野千尋とその家族は引越しの最中に道に迷う。父親は「四駆だから」という理由になってない理由でどんどん森の中を車で進み、変なトンネルを見つける。(トンネルの向こうと呼ばれるものである)トンネルをくぐると地球温暖化の日本にはとうていありえない大草原が広がっていた。(つまり異次元)先へ進むと誰もいないひっそりとした町があり、そこの料理店には食欲をそそる匂いが漂っていたので、大馬鹿な両親は勝手に八百万(やおよろず)のの料理を食べたためにになり、その後のただものじゃない急展開が続く。

登場人物[編集]

メインキャラ[編集]

荻野千尋(おぎの ちひろ)/千(せん)
作中唯一の萌え担当であり、この作品の主人公。「萩野」ではなく「荻野」です。正確に言っておきたいので階段から転げ落ち下までノンストップで駆け下りたり、自分から苦団子をかじったり、呪いの虫を踏みつけカクカクになったりボケをかますことが多い。しかし、よくよく考えてみると彼女の精神力は超人的である。転校して友達と別れ、親がになり、体が消えかかったと思えば、へんな婆ぁのもと妖怪に囲まれて働かなければいけなくなる、こんなこと、とても10歳のおにゃんこにできないよ。と、普通なら思うとこだが監督があのロリコンの異名をもつパヤオであるためか「少女が痛みを知って成長していく話にするのだ」的な感じでいやらしく進んだに違いないだろう。この先どうなるかが本当に楽しみな所だが、制作側の「続編は作らない」と言う、無駄なこだわりのせいで、どうなるのかは誰も知らない。そして彼女がおにぎりを食べてエンエンと泣くシーンにも宮崎の妄想が含まれていることに注意が必要である。なお、どうしてそうなるか判らないエンディングについては、よく考えるとわかる伏線がある。向こうの世界のものを堂々と持ち出しているが、小さいことは誰も気にしない。モテ女でありイケメンやら人外の化物もみんな彼女の虜である。将来は悪女化するかも。あと、リンといかがわしい関係を持っているらしい(下記)。
荻野明夫(おぎの あきお)
千尋の父親であり、建築会社に勤めるサラリーマン「大丈夫、この車は四駆だぞ」のセリフからわかるとおり、根拠のない自信を持つ男である。調子に乗ってよく知らない道をつっぱしり、娘のいうことを聞かずにあげくになった。自業自得。肥りすぎ。「うまそうな臭いがする」と鼻を鳴らして探す姿はまさにトリュフを探す豚そのものであり(このときから中身は既に豚になっていた)、38歳とまだ若いが、メタボである。しかしダイエットなど考えてもいないことが、その食い意地の張った食事方法から明らかである。湯婆婆から「のように食い散らかして!」だの「当然の報いさ」などとコメントされてるが、全くそのとおりである。パヤオ曰く「日本のメタボサラリーマンに警鐘を鳴らすためにこういう描写をした。反省はしていない。」としている。豚に変身してすぐにムチで打たれた際に雄叫びをあげていることから、ドMである。
荻野悠子 (おぎの ゆうこ)
千尋の母親であり、35歳のスタイルも整った美人だが少し派手め、ていうか顔がきつい。学会員。性格は悪そうである。小柄ながら大食家であり、からしが大好きである。当初トンネルに入る事を反対してたが父親に洗脳された。このひともになった。まさに自業自得といえよう。
ハク
Haku Chihiro.jpg
下のババァの弟子。本名はイザーク・ジュール12歳。千尋を小さい頃から知っていたというイケメン。千尋の恋人のように振舞うおにぎりで千尋を篭絡して貞操を狙っている。ウルトラマンのファンであり、素顔以外に声でも出ている。後にプリキュア仮面ライダーにも顔出し。千尋と人間の世界での何らかの繋がりがあったことを仄めかせていたが、実は千尋が以前住んでいた家の側を流れていた小川を司るだったという設定。本名『ニギハヤミコハクヌシ(饒速水琥珀主)』。食べ物をおいしくするおまじないで千尋を泣かせた、妬ましい。また消えてしまうと騙し怪しい薬を千尋に飲ませた。双子の俳優を起用したため作中の演じ方にバラつきがあり、千尋からも「ハクって二人いるの?」と問われてしまう。なお、囲碁経験もあり、ものすごく強い。
湯婆婆
Spirited away yu-baaba chihiro.jpg
湯屋「辛(つら)そうで辛くない少し辛い油屋」の経営者。普段は結界の管理などをしている。息子溺愛ぶりは観客の苦情が来る程気持ち悪すぎる。趣味は従業員をいびり倒して辞めさせることだが、カオナシにきたない嘔吐を吐かれる、息子に叱られるなど、最後はバチがあたったようである。また、がんばって働きたいと来てくれた千尋に対して、お口にチャックや「つら~いきつ~い仕事を死ぬまでやらせてやろうか~ぁ?」などの脅し文句を突きつけ怖い思いをさせた。ゲロまみれになったこいつに対して「当然の報いさ」といいたい視聴者はたくさんいたはずである。さらにハクに「まだ解りませんか、大切なものが摩り替わっていることを」と言われたあとに「己、私の坊をどこへやった!?」などとを噴いてきてハクに襲いかかるなどチビ共にはとても怖い存在となった。波動拳(破壊光線)の奥義「お客様とて許せぬ!」(湯婆波)「だぁぁぁぁぁまぁぁぁぁぁれぇぇぇ」という名の超能力を使える。またキツツキになった美川憲一のごとく鳥となり、この不正防止のため巡回することが日課となっている。
 「キエェェェェ!!」と叫びながら、突っ込んでいく突撃技があるが、実際は蒼いオーラを纏って空を飛ぶための技で、本来のものが考えると地上技になっている。
銭婆
湯婆婆の双子の姉。姿形はそっくりだが、 「己、坊をどこへやった!」などと叫ばない。つまり、湯婆婆は黒魔法使いで、銭婆は白魔法使いである。いい人に見えるが実は腹黒でこの物語の真の黒幕かもしれない。
カオナシ
人間の世界でも湯屋がある世界でもない別の世界からやってきた謎の神で、千尋のことをえらく気に入っていた。口がでかく、大食い。ロリコン。パヤオの分身。プロデューサーにそれがばれて切れた監督は世界中にこれがいると逆ギレした。最近では都条例に対応して黒の半透明色をしている。砂金を出せる。人食いであり、前述の砂金は食うためのおとりとして使う。作中では千尋を狙っていて、結局千尋を食うことはできなかったが、番台呆蛙と兄役・女一人の計3人を食っている。ちなみに中の人は中村彰男(なかむら あきお)で、この中の人は「あぁ、あぁ」などと変な声は使わない。ゲボが凄く汚い。ゲボが汚い割には歯が白くとても綺麗。ホワイトニングは1日1回は欠かせないんじゃないかと思う。千尋に苦団子を食わされてゲボをはき、湯婆婆から波動拳をくらい、その恨みから「くたばれ! 下郎ぉ!!」と汚らしいゲボを今度は湯婆婆に向かってかけた。湯婆婆はカンカンになったが、本人に悪気はなく、全く反省していない。
その独自のキャラクターから、この映画の象徴的な存在となっており、予告CMでは必ず顔を出す。なにげに紅白出演まではたしている。「千はどうした?千を出せ!」「これ、喰うか?うまいぞ」などの甘いボイスはBL界隈で人気。
リン
隠された禁忌の関係
湯屋で働いている娘。千尋の世話係で、本などによると14歳くらいとのこと。やや顔が細い。物語序盤では見事なツンデレを見せてくれた。見た目は千尋の世話を焼いてあげただけだが、本当は可愛がって、実はパヤオと同じロリコンではないかという噂もある。イモリを喰ったりするあたり彼女もそのうちナメクジ女みたいになっていくのか・・・。そもそも元々の正体が人間だったのか、ハクのように人外の存在だったのかはっきりしないが(イメージボードによれば、白い狐という構想があった模様)。
番台呆蛙(ばんだいぼけがえる)
湯屋で下働きの仕事をしているケロン星人(の姿をした火の悪魔)。赤いを愛用する。本編中のセリフ「土くれだ!」は何度聞いても(カオナシが)「土くれた!」と聞こえてしまうのは、幼女にもわかるようにと宮崎の配慮である。カオナシの誘惑に負け、飲み込まれた最初の犠牲者である。なお、カエルには広東住血線虫(かんとんじゅうけつせんちゅう)などの害虫が寄生している場合もあるので、生食は危険である。カオナシの奴め、にが団子なんぞ喰わずとも、腹を下すことは確実である。
兄役
湯屋の代表取締役みたいな奴。父役というのも存在する。カオナシの食べっぷりに感動し、カオナシをおだてるが、千尋にじゃまされた。で、千尋がじゃましたのを謝ると、「お前、なぜ笑う?笑ったな。」といわれ、飲み込まれた第二の犠牲者。しかも、そばにいた女も巻き添えを食らい、辺りを大混乱させた。千尋が登場しなければ、兄役はカオナシの餌食にならなかったはずだ。兄役は、「千のせいで、あの怪物に食われていた。あいつが食われればいいのに。」と言っている。
銭婆によって坊はこんな姿に変えられた。
湯婆婆の(には見えないし、父親は誰かと疑問が残る)。マザコン。顔に似合わず、中の人は実は男性声優だったりする。昔は仮面ライダースーパー戦隊のファンだった。後に探偵学園Qに入団。赤い腹掛けをした巨大な赤ちゃんである。ぐずると泣き声だけで部屋中を破壊するほどである。金太郎のようなコスプレでその露出度の高い衣装は人気を博した。召喚の能力が使える。銭婆に坊鼠というマスコットにされた。9年後には『翔』という美しい名前を与えられ、この頃の面影が全くない美声少年へと成長していく。(ただし9年の間に心臓病にかかる)

「坊がないたらすぐ、ばあばが来てお前なんか殺しちゃうぞ。」←単なる脅しである。

釜爺
湯屋に扱き使われてるジジイ(自称)。地下に隠遁している世捨人。蜘蛛男にして悪魔の実の能力者。千尋を「わしの孫だ」とかばう優しい人物である。最後はハクとの関係をリンが聞いたところ「分からんか、だ、」と言っていてそっちの気がありそうな意外な一面をみせる。影の主人公。
湯婆鳥(ゆばーど)
頭の部分だけ湯婆婆であるということからトーマスの一種だと思われる。湯婆婆は偵察に用いているようで、これは後に米軍の無人偵察機などに応用される。なんとも悪趣味で気持ち悪いが、このアニメはそういうものが他にもあるため、普通にスルーされるか、ユニークにさえ見えてきてしまう。銭婆に蝿鳥という奇怪生物にされる。
ユーモア溢れるコンビ愛
青蛙(あおがえる)
油屋で働いている蛙。実はその正体は変身したカルシファーで、油屋のエネルギーは全てこいつが作っている。現在は渋谷の駅前広場に陣取っている。

(神)隠しキャラ[編集]

ドナルドも出現
  • ススワタリ …手足の生えているレアなススワタリ。逃げ足が速い。倒すなら毒針が有効。『となりのトトロ』にも登場。
  • イモリ …せめてシッポだけでも・・・。
  • オオトリ様 …まぎれもないひよこ陛下である。アンサイの中で崇められていたため、現物神と化した。名のある神々の中でも、最も叡智が凝縮された存在。こいつが羽ばたけば、天照大神さえも恐れをなす。
  • オクサレ様(河の神) …。あとはとりあえずお察し下さい。能面になって苦い玉をくれる。
  • おしら様 …大根の神様。湯婆婆の所へ千尋を案内してくれた、優しい神様。
  • おなま様 …悪い子はいねがー!?泣ぐコはいねがー!?
  • 春日様 …春日大社から出張してきた神様。奈良時代風の格好をしている。
  • 砂金 …そういえば『もののけ姫』にもでてきたような。
  • 影少女 …沼原駅につっ立っているオカッパ頭の黒い少女。その哀愁漂う姿に一部ではファンがいるとかいないとか。
  • クルルァ …パパのお気に入りの「四駆」である。実はアウディA4だったりする。ホコリをかぶっていたしコケとか生えてた。あれって相当時間がたったんじゃあ…もしそうだったなら千尋は転校先でどうなるんだろう?
  • 車掌さん …銀河鉄道999の車掌のおじさんであり手回し裁断機を愛用している。坊ねずみはおろかハエ鳥にまで切符の「一名様」に数えるがめつい男である。

没キャラ[編集]

  • ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ …千尋があれだけ壮絶な目に遭ってそれでも無事でいられたのは、彼がプロトタイプとして実験台にされたからであり、事実彼は精神の侵食に耐えられず死亡してしまった。だがそれを公にしてはまずいため、「神隠し」という扱いにして彼を葬り、その影響でこの映画のタイトルが決定されたのである。だから彼が没キャラというのは公然の秘密と言える。

DVD版[編集]

『千と千尋の神隠し』のDVDには現在3種類のバージョンが存在する。この内で最も広く流通しているのが、『千と千尋の神隠し・』である。劇場版と同じ色合いでこの作品を鑑賞するためには、『赤』だけでなく『千と千尋の神隠し・』と『千と千尋の神隠し・』のDVDを購入し、3チャンネルのカラーをDVDデッキで重ねて再生しなければならない(個々の色バージョンのDVDでは、各々の色のフィルターを掛けたような状態でしか作品を鑑賞できない)。最初、宮崎駿は通常のDVDと同様に、『千と千尋』も普通の一本のDVDとして発売するつもりであったが、バージョンを3種類に分けることで、視聴者に3種類の『千と千尋』をコンプリートする喜びを与え、更には3倍の売り上げを見込めるというプロデューサーの鈴木敏夫からの助言を受け、3バージョンの『千と千尋』をリリースするという決断に踏み切った。

後にスタジオジブリから、更に『千と千尋の神隠し』のリメイク版新バージョンであり、画質を向上させる『千と千尋の神隠し・ファイアレッド』『千と千尋の神隠し・リーフグリーン』が発売された。2007年には『千と千尋の神隠し』の2年後の話である『続・千と千尋の神隠し・ダイアモンド』『続・千と千尋の神隠し・パール』が発売された。これらはハイライトをアップさせる効果がある。そして2008年には一部のストーリーを追加した完全版『続・千と千尋の神隠し・プラチナ』が発売された。この作品はDVD歴代最速ミリオン突破した。2009年秋には、さらに画質の改良・3D対応化した『3D千と千尋の神隠し・ハートゴールド』『3D千と千尋の神隠し・ソウルシルバー』が販売された。2010年冬には未公開部分・メイキング映像・一部のストーリーを追加した完全版『3D千と千尋の神隠し・N'EX』が販売された。

関連項目[編集]

※以上の2作品は坊のすこやかな成長を見るのにちょうどよい。