十日町市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「十日町市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「十日町市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「十日町市」の項目を執筆しています。

十日町市(とおかまちし)とは、最近、魚沼県で発見された新種のブラックホールである。ややこしいが、十日なのにである。

概要[編集]

いまでは、だかだかよくわからん存在である十日町市もかつては、十日町であり、れっきとした町であった。

しかし、50数年前のある日突然 ブラックホールと化して周辺の自治体を吸収し始めた。1954年から始まった覚醒期では、3月に中条村、川治村、六箇村を、12月には吉田村をそれぞれ吸収し市制施行を実行、十日町市となりブラックホールとして完全に覚醒した。さらに勢いは衰えず1955年には下条村、1962年に水沢村を吸収した。ここまでを第1次覚醒期は終了した。 第1次覚醒期の後、十日町市は約40年間活動を止めていたため人々は安心してを眠ることができた。しかし、十日町市の活動は完全に休止してはいなかったのだ。2004年地震のショックは十日町市を眠りから覚まさせてしまった。その結果、川西町、中里村を吸収し本来、頚城県であるはずの松代町、松之山町をも飲み込んだ。これまでが第2次覚醒期と呼ばれる。

十日町市の環境[編集]

縄文時代の遺跡もしくは遺物は十日町市にはゴミのように埋まっている。を建てようと思ってちょっと掘ったら、竪穴式住居が出てきた」、'道路を造ろうとしてすこし山を削ったら翡翠勾玉がゴロゴロ出てきた。」、'「水道管の修理をする時、水道管の下をよく見たらよくわからんがあった。」'なんて話がよくある。十日町市で何か工事をするとよほどの場所でない限り、かなりの高確率で縄文の遺跡にぶち当たる

研究の結果[編集]

十日町市がなぜこれだけの吸収力を持つのか科学者たちは研究を重ねた。その結果、十日町市は「合併α波」と名づけられた未知のエネルギーを放射していることがわかった。これを長時間浴び続けると十日町市に隷属されることも分かってきている。また十日町市が覚醒期に入ると決まって冬は豪雪となるため近年の少雪を解消する方法として注目されている。ここ数年、十日町市の周辺で地震が多発しているのは、シャッター街商店街とも言う)の人々が冬の雪祭のとき観光客を呼び込もうと再び覚醒期をもたらそうとしているからである。

十日町市の構成[編集]

既に述べた通り、十日町市これまで数多くの地方自治体を飲み込んできた。そのうち第1次覚醒期で吸収した部分は完全に同化しているが、第2次覚醒期で吸収された部分はまだ、小規模ながら悪の親玉市長ともいう)を出すなど抵抗を続けている。その地域を以下に述べる。

  • 十日町地域……悪の枢軸の一角、すべての元凶である。ちなみに土器がゴロゴロ埋まっている
  • 川西地域……その昔、縄文時代の巨大な遺跡が出たが、「そっけなもん、しらんべ」といって潰した。土器がゴロゴロ埋まっている
  • 中里地域……細長い、土器がゴロゴロ埋まっている。
  • 松代地域……過疎率70%の優等生、山と米で構成される。土器がゴロゴロ埋まっている。
  • 松之山地域……過疎率90%近いエリート、古典落語「松山鏡」の舞台になるほど山の中、土器がゴロゴロ埋まっている。

関連項目[編集]