北陸鉄道

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Troppy-R.png
この事業者はトロピカル連合構成事業者じゃゴルァ!!
車内では俺様が神、貴様はただの土砂じゃゴルァ!!
鉄分過剰
このページには鉄分が過剰なので栄養のバランスが崩れています。
DHMOの摂取やバランスの良い食事をすることを心がけ、鉄分が偏らないように注意してください。

北陸鉄道とは、石川県の鉄道バス会社または石川県に本社を持つ貸切または乗合自動車会社である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「北陸鉄道」の項目を執筆しています。

概要[編集]

ほどほど真実のユーモア
次のものは真実と同じにしろよ!

この記事を見ている誰もが、この会社を鉄道会社であると思っているだろう。しかしながら、この会社は本当にバス事業が中心の会社であり、鉄道事業はおまけ程度である。また、本来なら北陸全体に路線があるはずだったが、いざ開業すると、石川県にしか路線がなかったのである。 また、昔は子会社が今の3倍あったが、多すぎて経営難になったため、合併させて減らそうとした、だが、結局1つしか減らせなかったのであまり変わってないようだ。

車両[編集]

北陸鉄道の一般的な路線バス。
  • 三菱ふそう・エアロスター - かつては好んで導入していたが、現在は導入していない。
  • 三菱ふそう・エアロミディ - 能登のほうに行くとよく見るが、ほぼ移籍車。生え抜きはほとんどいない。
  • 日野・ブルーリボンII - 昔あった金産のせいで、最近はこれしか導入しなくなった。しかし、路線バスは宇都宮産である。
  • 日野・レインボーII - 金沢地区以外にうじゃうじゃいる。かつては金沢地区にもいたが生き別れてしまった。最近は都市部から追い出された車両も導入している。宇都宮産。
  • 日野・レインボーHR - かつては金沢地区によくいたが、徐々に大型に置き換えられ、能登に行ったり加賀に行ったりするようになった。こいつは小松産。
  • 三菱ふそう・エアロエース - ほかの会社からもよく来るので、非常に見かけやすい。
  • 三菱ふそう・エアロバス - 珠洲行きでよく見るが、最近はリムジンバスから追い出されたエアロエースで置き換えられている。
  • 日野・セレガ - 富山線にしかいない。小松産。

主な私所有地[編集]

アンサイクロペディアからのお詫び
この節において、一部不適切な表現がありましたことを心からお詫び申し上げます。ウソだけど。
  • 大聖寺駅 - 存在はあまり知られてないターミナル?である。
  • 加賀温泉駅 - 子会社、加賀温泉バス最大のターミナル。しかし、利用者が少ないためか、毎時1本程度しかなく、一般のバス停とほぼ同じである。
  • 小松駅 - 子会社なのか全く別の会社なのかよくわからない小松バスの私所有地。勝手に加賀白山バスが乗り入れてくる。
  • 道の駅めぐみ白山 - 2018年代[いつ?]に開業したが、乗る人がいるため、廃止し、のっティはここに止めなければ野々村市か曰山市にバキューン!!されるので、こんなことになったのである。また、野々村市か曰山市にバキューン!!されなくても、道の駅めぐみ白山にバキューン!!されるため、廃止できないのである。
  • 金石バスターミナル - 元は駅だったが、廃止されてしまった。
  • 金沢駅西口ターミナル - 規模は小さいが、百万石まつりが行われると、通常の3倍の頻度で回送バスがやってくるようになり、時には6番乗り場まで列ができる。勝手に加越能バス西日本JRバスが乗り入れてくるので、注意が必要である。こっちはちゃんと自動放送があるが、ケチったため、簡易型。しかも一番重要な高速バスのりばには自動放送がない。
  • 金沢駅バスターミナル - 北陸鉄道の最大のターミナル。勝手に加賀白山バスと西日本JRバスが乗り入れてくる。かつては加越能バスも勝手に乗り入れていたが、追い出されてしまった。西日本ジェイアールバスは自動放送と英語放送があるのに、北鉄の乗り場はケチって自動放送を導入していない。
  • 七尾駅 - まず誰も案内しないけど、誰も気にしない
  • 穴水駅 - 本数は加賀温泉駅よりはあるが、やっぱり一般のバス停と変わらない。
  • 道の駅ふたすずなり - なんだかよくわからない建物名。こんな場所が高速バスの終着場所とは信じられない。
  • 能登空港 - その名の通り能登にある空港。小松空港リムジンバスを追い出された車両がここを経由して輪島マリンタウンに行っている。
絶望した!!.jpg 書くべき情報が多すぎて絶望した!!
そこの忍耐強いキミ! 私の代わりに私の思想を広めてください。
なに書けばいいのって?・・・それは言わずもがな。(Portal:スタブ

北陸交通[編集]

北陸交通は、石川県の貸切バス事業者である。略称は「北交」。

Wikipedia
ウィキペディアンがとても偏っている証拠に、「北陸交通」の項目はまだありません。アンサイクロペディアンとの格の違いを見せつけてやりましょう。
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「北陸鉄道#主要関係会社」を執筆していますが、一行記事なので見る価値はありません。

車両[編集]

基本的に北陸鉄道の特急バスの車両と同じである。ただ、すべての車両に愛称があり、すべて覚えようとすると頭がごちゃごちゃになる可能性があるので注意が必要。

鉄道[編集]

おまけの鉄道線は、やはりおまけのためICaは定期券しか使えない。

車両[編集]

  • 7000系 - 元東急。床下機器はいろいろな車両の機器をごちゃ混ぜにしているので、富山地方鉄道状態である。
  • 8000系 - うるさいし、粛清されました
Nemurineko.jpg この節を作成した奴は中身を書く気が無いなんてことだ!
どなたかユーモアとお時間のある方精一杯頑張ってください。
m(_ _)m ごめんなさい(Portal:スタブ)

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ほくてつバス」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「加賀白山バス」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「加賀温泉バス」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「北鉄金沢バス」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「北鉄能登バス」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「北鉄奥能登バス」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「北鉄金沢中央バス」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「七尾バス」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「能登西部バス」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「能登中央バス」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「奥能登観光開発」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。
東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「北陸鉄道」は、延伸の案が出ています。延伸して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)
SOTETSU-red.jpeg この「北陸鉄道」のバスは、新車導入により、廃車の危機にあります。購入して下さる事業者を求めています。 (Portal:スタブ)