北陸

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「北陸」の項目を執筆しています。
「おのれ富山石川福井三県!新潟は必ず甦る。北陸人に悪の心がある限り、必ず甦る。忘れるな!!」
北陸三県同盟 について、新潟県

北陸(ほくりく)とは、の方にある陸地。

どこの北なのか明示されていないため正確にはわからないが、これまでの慣習と気合いによって日本の北ということにされている。首都は金沢市

かつて、日本国内の北陸の地位を賭けて、北海道(蝦夷共和国)と北陸道諸藩による決戦(函館戦争)が函館五稜郭でおこなわれ、その結果勝者である北陸道諸藩が北陸ブランドを勝ち取った。この決戦に越後(後の新潟県)の諸藩が北海道側に付いたために、北陸から除外されるきっかけとなった。

該当地域[編集]

旧国制による北陸道のうち、越前加賀能登越中、すなわち現在の福井金沢七尾富山周辺が含まれる。ただし、富山は蜃気楼化によって気づかれないことがある。歴史的な問題があるため新潟県は含まれないこともある。一方、古くは越後であった庄内県まで北陸地方に含めることもある。

新潟・庄内の帰属問題[編集]

新潟県の帰属に関しては東北中部関東ともめていた。もめていると言うのは取り合っていたのではなく、お互いに押し付けあっていたのである。東京の人間に聞けば「新潟なんて関東じゃないに決まってんじゃん」と言うし、金沢の人間に聞けば「新潟なんて北陸に入らんわいや」と言う。東北民からも「新潟はホグリグだべ」と言う。「信越」と称して長野県武田信玄上杉謙信と共にセット販売されることも多い。しかし、最近になって山形県から分離独立した庄内県が新潟県と共に北陸地方入りを強く希望したことから、福井県石川県富山県新潟県庄内県を合わせて「北陸五県」と言われるようになった。

気候[編集]

この地方はからにかけて雪が多く降ることで知られ、降らない時期の方が少ない。最もよく降る一月の積雪量は、山間部ではゆうに2000メートルを超える。雪の重みに耐えるために建物の屋根は合掌造りという傾斜の大きい独特の形状をしている。富山付近からは頂きのギザギザした山々が遠望できるが、この山々の正体は雪が降り積もった合掌造りの集落である。

特産品[編集]

  • 電気 - あなたが今見ているこのインターネットも、これがなくては存在できない。
  • 眼鏡 - 非常にポピュラーな萌え要素。福井で多く栽培されている。
  • - イベント用に近畿地方などへ輸出している。
  • がり勉 - 20歳未満の学力が高いことで知られる。ただし大人になると…。
  • 蜃気楼 - 見えるような見えないような…。
  • - 平地が多く市街地が少ないため。
  • 石油 - 「越の燃える水」として有名。少ししか取れないが、外国産原油が輸入できるまでは重宝した。
  • 金箔 - 薄く延ばして成金御殿をはりきって建造しちゃうぞー

※一説によれば「おいしい魚」などが穫れるともいうが、海産物はその名の通り、北ではなく海で穫れているので除外される。

関連項目[編集]