北関東三県同盟

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「北関東」の項目を執筆しています。

北関東三県同盟(きたかんとうさんけんどうめい)とは、茨城県栃木県群馬県の3県で結成されている同盟である。但し、茨城県のうち旧新治県は加盟していない。

歴史的背景[編集]

北関東三県同盟を結成する茨城県(除南部)・栃木県(含両毛)・群馬県(除両毛)の3県は、多くが関東平野の利根川以北で、三国山地・那須山地以南という地理的同一性を共有する地域である。

この地域は、方言は関東方言ではあるものの、勿来・白河・三国山地・碓氷峠の近辺は南東北信越の影響も受けている。戦国時代には、水戸を本拠地とする佐竹一族や、結城を本拠地とする結城一族、それに足利を本拠地とする足利一族が勢力を振るっていた。

ところが、江戸徳川幕府が樹立されると、関ヶ原で徳川軍に与しなかった佐竹一族は水戸から秋田に飛ばされ、徳川一族と親密であった結城一族は京都を牽制すべく福井に飛ばされた。そして、江戸に近い水戸には徳川御三家が入府し、宇都宮高崎にも徳川一族の子飼いの大名が入れ替わりで入府し、江戸城乗っ取りまで治めた。

江戸城を乗っ取った明治政府によって江戸が東京に改名されると、それまでの江戸情緒は消え失せて、関東一円は富国強兵の波涛に飲まれた。富国強兵の舞台となった地域が「利根川以南」こと南関東であるが、その余波に呑まれた地域が「北関東三県同盟」を結成している北関東である。しかし、明治政府が崩壊した後、高度経済成長期以後は、筑波鹿嶋など茨城県南部(旧新治県)は利根川以南と同等に東京のベッドタウン化や成田の属国化が進み、利根川近辺の仲間でチバラギ共和国を結成した。従って、旧新治県は、北関東三県同盟には加わっていない。

環境[編集]

北関東三県同盟が共通して抱える環境は、以下の通りである。

  1. 関東平野の利根川以北に位置する(ただし、旧新治県は非同盟)。
  2. 東京の属国(ベッドタウン)化を受けていない。
  3. モータリゼーションの進展に伴う中心市街地の空洞化
  4. 東京で大地震などの災害が起こった際に、迂回路を確保せねばならない。
  5. 保守王国、つまり自民党の勢力が強い地域である。

三県の関係[編集]

栃木県(県庁:宇都宮)が地理的にもその他諸々の面でも三県同盟として活躍している。というか、茨城県民(県庁:水戸)にとって群馬県(県庁:前橋)は「なんか聞いたことがある」程度で、群馬県民も希に遠足で茨城県の海に行く位で繋がりは浅く、栃木県を抜いてはハッキリ言ってどうしようもない。

水戸「今はまだお互いのこと知らねぇけど、2人とも宇都宮君の友達っつう、共通点持ってっべ。んだから、えーっとよ、まあ、これから、仲良くしていくべ。」
前橋「…はい」という関係は、これから恋の一つも始まりそうな予感。ただし、群馬県民も栃木県民も、交通的には埼玉県で繋がっているけど、茨城県と埼玉県は疎遠なので、行く末が気になる所。五霞町を埼玉県に差し出せば何か変わるかも!?

交通[編集]

道路
鉄路

北関東横断線は全線開通しているが、北関東自動車道が完成すればより強い結束で結ばれると思われる。…が、実際はどうだか。特に「3県の中で誰が一番ナウい(都会)か」の話題になると、途端に三国大戦が勃発する。

内容は、人口の多さだの駅前の建物だの山の多さだの、途轍もなくくだらないことで勝負を繰り広げることで有名。いつも家康公のお墓や光圀公が狩り出されたり草津の湯が出てきたりと、とりあえず日本人なら知っているだろうと思われる名産名所を述べまくるのが、この三国大戦の特徴でもある。

なお、利根川以南では、首都である東京特別市を囲んで埼玉県多摩県千葉県神奈川県の4県が南関東四県同盟が結成されている。 また、栃木などの、北関東三県連盟も、結成されている。

関連項目[編集]


この項目「北関東三県同盟」は、北関東三県同盟主義者が編集していますが、今はまだ人員が足りないため編集不足です。北関東三県同盟主義者の協力者を求めています。これを見ているあなたも、素晴らしい北関東三県同盟の繁栄のため書き込んでください! (Portal:スタブ)