北辰一刀流

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

北辰一刀流ほくしんいっとうりゅう)は、江戸神田於玉ヶ池に本部を置く剣術道場をフランチャイズ展開していた企業である。1822年(文政5年)日本橋品川町に本部道場の玄武館の設立をし、後に神田於玉ヶ池に移転した。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「北辰一刀流」の項目を執筆しています。

発祥と展開[編集]

中西派一刀流の剣術道場経営者・浅利義信の婿養子であった千葉周作が独立して始めた剣術学習・指導法を「北辰一刀流」という。北辰一刀流を開いたときに、「千葉家に代々伝わった北辰夢想流」を元にしたことにして中西派一刀流と関係ないことを世間にアピールした。実は北辰一刀流の形(型)は中西派一刀流と大部分が同じなのは、言ってはいけないお約束である。(多分)

浅利義信からの独立時に浅利家と縁を切ったはずが、妻(義信の養女)を溺愛していたため夫婦の離縁はしないという中途半端な絶縁をした。

妻を実家に預け、上州(群馬県)へ営業活動に行ったが、地元の有力企業の馬庭念流と抗争寸前の事態となり、上野国進出はあきらめた。

その後、江戸に本部道場の玄武館の設立し、北辰一刀流を儒学と共にフランチャイズ展開した。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

北辰一刀流ら当時の剣術流派の沿革など[編集]

幕末期の剣術諸流派全てにいえることであるが、木刀を使用した型を主体をした稽古方式から、竹刀による撃剣による掛かり稽古となっている。これが明治時代以降の武道「剣道」の元になっている。

もっとも型を完全に廃止した訳ではなくこれら(あえて命名するならば)新古流というべき剣術流派らは自由攻防との併用で古来から上達が至難であった居合などを含む型剣術からの脱却を図った。 この新しい流派での現象は、型稽古で型から術理の本質を会得できない運動音痴素人や勘の悪い人間達には非常に効果的であり、基本的な格闘脊髄反射神経の向上と棒状凶器の使用への慣れというテーマは克服できたのであるが…やがて十年もすると早くも竹刀と実戦(刀での斬り合い)ロジックでの乖離現象が見られるようになった。現代格闘技でいうならばスポーツマンと喧嘩師の違いである。

当然であるが竹刀は重さが500g程度の竹製のというべきであり、長さも三尺八寸など日本刀に置き換えると非常に長大であった。(一般的な刀剣の長さは刃渡り二尺三寸前後+柄八寸)これ故に竹刀の技術を刀剣格闘に流用するのは独自のコツがまた必要になり、残念ながらここで竹刀剣術と竹刀を良しとしない古流派の人間に(特に昔気質の達人や刀剣術理が身についている者)「棒振り」と揶揄される現象がおきてしまう。

新古流系の竹刀による掛かり稽古は現代スポーツの要素が強く実力派愛好者が激増したが、試合ルール上で勝利する名人や本来ならば両者相打ち、竹刀同士で叩き過ぎて真剣ならば刀身欠損という現象に無頓着な修行者がやっぱり定着してしまう。

これらの竹刀流派の現実は幕末期の暗殺ブームで特に露見する結果となった。もっとも北辰一刀流などの新古流でも真剣剣術の達人や猛者は輩出されている。

早い話が現代でも武道、格闘技厨房2chで議論しやすい「どの流派が強いのか?」ではなく「最終的には流派を実戦で良く生かした人間が強い」ということである。


鶺鴒の構え[編集]

北辰一刀流では鶺鴒の構えと呼ばれる正眼の構えを基本としている。これは鳥の鶺鴒の尾の如く剣先を上下に振り動かしつつ、斬撃の機会を試みる行為であり、ボクシングでの拳をやや調子をつけて振りながら構える発想と類似している。

北辰一刀流は朱子学塾「瑶地塾」が本部道場「玄武館」隣りにあり、水戸藩士など幕末に勤皇の志士として働いた人間が儒学ついでに?多く修めた為、この鶺鴒の構えの特徴は明治時代を経て現代剣道にもよく見られることになる。剣術ロジックですら時代の勝ち組、負け組みがハッキリ出てしまうという嫌な現実である。

しかしながら鶺鴒の構えは確かに動きを誤魔化しつつ…フェイントも含めて攻防するには非常に有効であり、初心者同士の竹刀試合ならばこれが巧みである方がまず勝利してしまう。


型の簡略化と合理化[編集]

一刀流諸流派は流祖伊藤一刀斎から千葉周作時代で既に200年が経っており、型と技の形骸化が激しかった。 ○×一刀流と名前がついている以上は○×系という癖がついているのは当然であったが、天下泰平の江戸時代は机上の空論がもっとも盛んになった時代でもあり、武道流派でもこの波には逆らえずに型もやがては「術理考察に使えるもの」から「なんとなく先生から教わったもの」と変貌しているケースが多々あった。

特に剣術流派は天狗から開祖が教わったなど明らかにうそ臭い宣伝文句が横行していた為に、型の名称や用法も「地摺り正眼」(只の下段?)「払捨刀」(只の走り抜ける袈裟斬)「八寸延金」(剣道でいう片手打ち)など大袈裟なものが奥義として喧伝されていた。勿論、只の宣伝用であるから実際には身体操作手品の域を出ていないものや、仏教用語などを使用したまやかしが多数である。(「八寸延金」は近年流行している剣術漫画『シグルイ』では「流れ」という名称で登場)

千葉周作はこれらの型の簡略化を決行し、更に相撲を参考に竹刀捌きを「」として整理する。つまり現代で言う初心者向けテキスト化を成功した。故に北辰一刀流は初心者が入門後理解しやすい内容となっていった。この感覚は現代剣道の「面すり上げ面」「面抜き胴」などの技術説明に生かされている。

また剣術習得段階を「初目録」「中目録免許」「大目録皆伝」とシンプルにした。


北辰一刀流(玄武館)の分裂[編集]

千葉周作の息子は皆、早世した為に弟子同士で明治時代からお約束の派閥対立が起きる。当然であるが各派閥あまり仲が良くないらしい。東京玄武館北辰一刀流は敵が多いらしくネットを見るとやたら無駄な悪口が多い。(フルコン空手最大手団体極真会館空手もそうだが…)

初稿を執筆した方が述べたようにフランチャイズ展開の成功で有名であった為に、名称継承での利権と嫉妬は大きいのであろう。

備考・北辰一刀流の実戦的強さを証明した剣客[編集]

平手造酒(ひらてみき)
講談、浪曲『天保水滸伝』にて登場。実在の人物。極度の酒乱で千葉周作に絡んで破門される。後、ヤクザの用心棒を行い結核を患う。侠客笹川繁蔵に助太刀して大利根河原の血闘で数名切り倒すも病身で力尽き死亡。竹やりで串刺しにされてしまう。「止めて下さるな妙心殿…行かねばならぬ…」の台詞で有名。
芹沢鴨
新撰組局長。大坂相撲の力士との喧嘩などで相手を斬殺。後、近藤勇らに粛清される。やっぱり酒乱。
藤堂平助
新撰組幹部。内ゲバである油小路の決闘(油小路事件)で伊東派として参戦。敵対する隊士を次々に切り捨てるが戦闘に夢中になって逃げる機会を失い死亡。
小西重次郎
東京玄武館北辰一刀流五世宗家。零戦パイロットで撃墜王。曰く「剣術と空戦はコツが似ている

ほか

達人だったかは不明であるが坂本竜馬を含めて非業の死を遂げた奴が多いなぁとかいうと怒られるぞ。(竜馬も酒乱だった説があり)

関連項目[編集]