大館能代空港

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
北秋田市から転送)
移動: 案内検索

大館能代空港(おおだてのしろくうこう Odate-Noshiro Airport)は、秋田県北秋田市にある日本の赤字たれながし空港である。将来は大館の城空港(おおだてのしろくうこう Odate-no-Shiro Airport)に改名する予定。

愛称は開港当初あっ来た来た空港としていたが、さすがに田舎者とばれてしまうような名称だったので2010年からなるべく使わないように努力している。

概要[編集]

もともと秋田の北部は人口が少ない地域で、ど田舎に空港などいるのかどうか田舎者には計算ができなかった。ただ冷え込んでいる景気をちょっとでも仕事がないか模索していたら、おいしい事業が見つかった。空港を整備すればそれに付随する道路建設など公共事業もできる!ただそれだけだった。そしてうまくいけば人口増につながって発展するかも……などと計画性のない世の中をよめない政治家や、空港を使わない地元利権者と建設業者たちが計画しただけの空港である。

秋田県北部の人の長距離の移動には奥羽本線東北新幹線秋田新幹線高速バスを利用する人がほとんどで、飛行機を利用しようなどとははじめから思っておらず、つまりは飛行機を利用する予定のない・飛行機を交通機関と認識していない田舎者が作ったものなので、使い勝手についてはまったく考えもしない。しかも人口密度が少ないというのは使える土地がたくさんあるということ。安易に秋田北部のど真ん中の一番人口が少ないところに誘致したため、空港から市街地まで1時間もかかってしまう不便なものになってしまった。

ただし、開港には実は前大館市長・小畑元の大きな野望が潜んでいると言われている。

空港の誘致をみんなで嘆願しようと積極的に大館能代空港利用促進協議会を立ち上げたのは、大館市であって北秋田市ではない。実際に会長を務めるのは大館市長、所在地も大館樹海ドーム内である。大館市だけが「空港がほしい」といったところで実現性はないとみて、能代市まで巻き込んだが、実は能代市は秋田自動車道が能代まで延伸されると、秋田空港のほうが便利がいいというのは、前大館市長も分かっていた。

将来、能代市が協議会から離脱してもらえると、北秋田市にある大館の空港になるのである。その時の空港の名称も「大館の城空港」にすると決めている。これは、同協議会の運営するホームページ大館能代空港どっと混むなんて、開港当初からどっと混んだことがない空港のブラックユーモアたっぷりのネーミングを見ても明らかである。前大館市長はユーモアが大好きなのだ。

北秋田市[編集]

北秋田市(きたあきたし)は、秋田県の北部にある地方自治体。秋田県一、商売が検閲により削除だが金遣いが検閲により削除ので有名で、第三セクター企業は根こそぎ大赤字を計上している。

空港がある北秋田市は、空港の近くを通る同じく赤字垂れ流し交通機関として、秋田内陸縦貫鉄道というお荷物鉄道があるが、赤字鉄道に赤字空港。しかも空港の近くに、採算がとれず医師不足の北秋田市民病院まである。さらに老朽化して朽ち果てる寸前の阿仁熊牧場の施設を復活させることをもくろんでいるところ、なんとタイミングのいいことに2012年の秋田八幡平クマ牧場で飼育員がヒグマに襲われて死んじゃった事件が起きた。どさくさまぎれに秋田県に取り入って、市の金はほとんど使わず県民の税金で改修させている。

そして今また北秋田市と藤里町をつなぐ予定(?)の山奥を通る、開通したとしても地元住民数十人しか利用しない秋田県道200号矢坂糠沢線を開通させようと、政治家と地元利権者が加盟する県道矢坂糠沢線整備促進期成同盟会という組織を作っているのだから、本当に北秋田市は検閲により削除知らずである。秋田県民の多くは秋田県一の過疎地域にこれ以上年間数十億円もの無駄な予算をつぎ込まないでくれと嘆願書を提出する予定なのである。

施設[編集]

ターミナルビル

レストランや喫茶店、売店、有料会議室が備え付けられている。

ほかの空港と比べ、市街地から遠い場所に位置する当空港で、少しでも早く目的地に行くために空港の滞在時間は極力少なくしたいのが普通の考え方だ。ところが…少しでも空港の滞在を長くして設備を利用してもらおうと、リムジンバスはフライト時間の1時間も前に空港に到着する。喫茶店やレストランが必要なのだろうか、なんでわざわざこんな不便な場所で金を払ってまで会議するか?これも大館市の陰謀に違いない。

とにかくチケットカウンターと売店だけあればいいところに、見栄でいろいろな施設を作ってしまったものだから、維持費もかかりすぎるのである。それを住民に悟られないために、2010年には道の駅との供用施設にしてしまった。これもひとつのお察し下さいの一環か。な?そもそも空港のアクセス以外使わない道に道の駅なんて必要なのだろうか。

路線網[編集]

国内線[編集]

開港当初は全日空もまだ経済的に余裕があり、路線の廃止など考えなくてもよかったが、こんな路線を維持し続けたらJALの二の舞になると心配になってきた。真っ先に廃止の矛先が向かったのは「大館の城空港」。城主はちょっとだけ抵抗して見せたが、あまり抵抗し続けると東京国際空港便まで廃止という兵糧攻めになりかねない。そうなれば城の維持ができなくなる。秋田城の城主佐竹氏に説得されて大阪便の廃止を受け入れた。でも、また復活させると家臣には豪語しているのだが・・むにゃむにゃ。

アクセス[編集]

駐車場はあるのだが、実は近くの赤字たれながし路線秋田内陸縦貫鉄道小ヶ田駅を利用して貰いたいのが本音である。なお、かつてアクセス道路を建設していた時に、余計にも伊勢堂岱遺跡なるものを掘り起こしてしまった。国鉄阿仁合線(現・秋田内陸縦貫鉄道)の建設工事のときにも発掘していたがあの時は知らんぷりしてそのまま工事を続行できたので、今回も同じように当初は見なかったふりをしてそのまま道路を作っちゃえとしたのだが、それが国に見つかってしまい、結局踏み切り付きのなんとも遠回りの道になってしまった。しかし、実はこれも大館市の計画のひとつだったことは、簡単に推測できる。この道は能代市までのアクセス道路で、大館市には何の影響もないからだ。これでまた「大館の城空港」化計画は進んだ。

さらに大館市にとっての朗報として、「鷹巣大館道路」がの直轄事業として昼夜問わず突貫工事で造られている。あとン年くらい経てば、大館市からのアクセスも改善される、と思ふ。

脚注[編集]

  1. ^ 3000円助成キャンペーン中。ただし東京-大館能代往復利用で、大館能代空港で貸し出し大館能代空港へ返却する場合だけ。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「大館能代空港」の項目を執筆しています。