北条響

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Walkingmonkey.jpg
独自研究:この記事や節の内容は独自研究であるとする見方もあるようですが、ここアンサイクロペディアで笑いを取るためには自分のアイデアを記事に注ぎ込む事が不可欠です自己言及的なページにならない程度に我が道を突き進んでみてください。
存命人物
この記事は、存命している人物に関する経歴等が記載されています。執筆の際は存命人物の伝記に基づいた編集を行ってください。出典が無い、あるいは信頼性の乏しい出典による潜在的に論争となりうる記述、特に名誉棄損や侮辱等に該当する内容を見つけたら、速やかに除去した後にノートにて報告および議論してください。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「北条響」の項目を執筆しています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「北条響」の記事を執筆しています。

北条 響 (ほうじょう ひびき) は、(おそらく関東地方にある)加音町に住む女子中学生である。彼女の顔のかわいさと運動能力の高さゆえに、全国の男の子たちから最も注目を浴びている今人気の中学生でもある。

人物[編集]

生い立ち[編集]

ひびき違い。

大人の事情により正確な生年月日はわからないが、加音町の病院で生まれたことは確かである。父親の北条団(ほうじょうだん)と母親の北条まりあの間に生まれた響は、両親が音楽家なので小さい頃からすでにピアノを習っておりその実力は全国でもトップクラスだった。そのため音楽界の人々からは将来的に有望なピアニストとして期待の声が寄せられていたようである。また、響の象徴ともいえるはその当時から加音町民の間で評判となっていた。特に響のはその当時からつり目で、たびたびマスコミ彼女の顔を撮るためだけに取材したりと彼女の名はゆっくりと全国に広まっていった。そして、その顔は成長していくにつれ更にかわいいものとなっていく。

9歳のなった響は、ある音楽会にてピアノを披露した後、父親の団から「気持ちがこもっていない」的なことを言われたことをきっかけに自分には音楽の才能がないと勘違いを起こしたがために一度ピアニストになることをあきらめてしまう。それと同時に、音楽の全てを全否定するようになってしまった。どうやら彼女はメンタル面が弱いようです。そのころから響は体を動かす楽しさを覚えていったという。そして彼女の運動能力は日に日に高くなっていき、私立アリア学園中学校に入学する頃には加音町内で響のことを知らない人は一人もいなかったというほど運動競技では大活躍をしていたようである。

私立アリア学園中学校に入学した後もその運動能力は衰えを知らず、それどころかどんどん力をつけていったが、そのときには響には重大な悩みがあった。それは、入学式の日に古くからの親友である南野奏と待ち合わせをしていたが、時間になっても現れず、後に別の知らない女子と登校していたが分かり自分は奏から裏切られたということである。それ以来二人の関係は一気に悪化し響はそれを後悔していた。やっぱり彼女はメンタル面が弱いようです。しかし、中学2年生のときの最初のころに突然奏と和解する。それと同時にハミィという名のを飼い始めた。さらに同時期に響の音楽嫌いが克服され、響は再びピアニストになる決意をしたようである。やったね!奏と和解したときにいったい何が起こったのかは誰も気にしない。 数年前の同じ時間にはヨーロッパ中を旅していた。このときの舞台経験が今回も役立ったらしい。中学卒業後はやたら露出の多いモモタロスを愛用するようになる。

ピアノ演奏[編集]

前述の通り、小さい頃からピアノを習っており全国ピアノ演奏コンサートにて入賞したというすばらしい功績を残す。9歳の時に一度ピアノを弾くことを止めたが14歳頃から再びピアノを弾き始めた。ピアノの上手さは一般人の3倍の勢いで磨かれている。実力は落ちたがピアノの腕は健在である。

運動能力[編集]

前述したように響は高い運動能力を誇っている。過去に何度も行われたさまざまな県や国が主催している運動系の大会で幾度の優勝や準優勝を取っており、全国の(小学生から高齢者の)スポーツマンに名を知らしめている。また、主催者側からは優勝商品ゲッターとして全国的に恐れられている。

私立アリア学園の関係者の話によると体育の授業で以下の成績を取っている模様である。

  • 50m走タイム・・・5秒62(無論この順位はクラスでトップである)
  • 反復横飛び・・・30秒間に71回(無論この順位はクラスで以下略)
  • 走り幅跳び・・・3m22cm(無論この順位以下略)

その他、クラブには入っていないが様々な運動系クラブの助っ人としても活躍しており学校で彼女の名を知らないものはいないとされる。

規則正しい生活[編集]

響は規則正しい生活を送っていることでも有名である。朝の起床時間はたとえ学校の登校日であろうがなかろうがかならず7時に起きる。遅くとも9時までには絶対に起きている。そのあと、洗面台にいって顔を洗って口をすすぎ、台所に行って父の作った朝食を食べる。作られてなかったら自分で作る。なお、母は大抵海外にいるので朝食は滅多に作らない。そして夜になって夕食や宿題、そして入浴をすませた後、21時にはかならず寝る。中学生なので夜更かしはしない。

こんな規則正しい生活を送る人なんてそう滅多にいない。それどころか、今の小学生の中にも平気で寝坊をする者までいる始末である。このような生活を全国民に送ってもらうために厚生労働省文部科学省が行っている規則正しく一日を過ごそうキャンペーンのイメージキャラクターとして響が抜擢された。現在そのキャンペーンは主にNEET引きこもり、そして自宅警備員を主な対象者として行っている模様である。

家族・友人関係[編集]

父・北条団
私立アリア学園中学校の音楽科の教員をやっている。家事は響とともに分担している。
教育方針上、しばしば人に誤解を与えてしまう。
母・北条まりあ
ヴァイオリンを演奏している。世界的な演奏家のため、いつもは海外を転々としているので家にいることは少ない。
そのせいか、家事がぜんぜんできない。
友人・南野奏
響と同じ中学校の古くからの親友。学年トップの成績で最後まで貫こうとする性格からユーモア欠落症患者と思われる。

響を愛するファン[編集]

医療情報に関する注意 ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。

最近、テレビでよく響が出演するようになってから響に人気が出始めている。響の顔(特につり目)のかわいさは天下一品であると言われており、そのかわいさ故に響を愛する少年たちはヒビキスト(正式名称:ひびき症候群罹患者)と呼ばれ、最近急増している。全国的に存在しており、特に加音町内においては男子中学生のおよそ70%がヒビキストであるとの調査結果がでておりすでに社会問題となっている(ちなみにテレビ中では男子中学生たちはまともに見えるがいつもは響にべた惚れの状態である)。以下にあげる項目で3つ以上該当したあなたはヒビキストである可能性を疑った方がいいだろう。また、5つすべて該当する人はH5(正式名称:ひびき症候群末期症状※北海道新幹線ではない)であるため、最寄の市区町村に連絡し、直ちに適切な医療機関に行くべきである。

  1. 最近「ひびき」という単語を見たり聞いたりすると北条響を思い浮かべる。
  2. 一日に最低1回は響の画像を見る。
  3. 加音町に行きたいと思っている、行った。
  4. 北条響の夢を見て 夢精してしまふ
  5. 響は俺の嫁だ、誰にも譲りたくない。

最近の調査によると、日本の首都圏には男性ヒビキストが105,893人いるとされている。当然、この数値には女性や首都圏以外の人数は含まれておらず実際の人数はもっと多いとされている。また、一度なってしまうとしばらく正気に戻れなくなるほか、ヒビキストのとる主な行動として

  • 北条響に関するグッズを買う。
  • 北条響が出てくるイベントには必ず行く。
  • いつも北条響の写真を持ち歩いている。

という検証結果がでているとのことだが、基本的に誰もがそのような行動をとるわけではない。また、詳しいことはまったく解明できておらず、今後の迅速な調査が求められている。

関連項目[編集]

CCSakura under moonlight.jpg はにゃーん。この記事 「 北条響 」は書きかけだよぅ。
でも頑張って書けばなんとかなるよ、絶対、大丈夫だよ。 (Portal:スタブ)