北条氏邦

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

北条 氏邦(ほうじょう うじくに)とは、戦国時代の武将。北条氏康の子で、兄に北条氏政北条氏照が、弟に北条氏規がいる。猪突猛進を絵に書いたような猛将であり、兄弟の中で一番暴走しやすい。兄貴の氏政も度々頭に血が昇って強攻策を唱える氏邦を抑圧するのに大層苦労したとか。しかし秀吉との交渉では氏政も同調して徹底抗戦を唱え、結果北条家は滅亡した。が、氏政と次兄氏照は戦後主戦を推進した責任を負って切腹しているのに、なぜか氏邦は助命されて前田利家の元に預けられ余生を全うしている。この事から、実は北条氏直北条氏規同様和解推進派だった可能性もある。

猛将さを伝えるエピソードや事績の数々から粗暴な印象が強いが、優れた民政家でもあり、北関東の統治に尽力した。氏邦が管掌した上野国と武蔵国、現在の埼玉県並びに群馬県では今なお地元民に礼拝されており、特に群馬では越前の山間で犬死した郷土の英雄よりもよほど慕われている。

人物[編集]

氏康の息子達の中でなかんずく膂力、武勇に卓越しており、戦場では勇将の誉高かった兄氏照と伯仲するか、それさえ勝るほどの獅子奮迅の活躍を見せ武功を重ねた。一方で、直情的で口より先に手が出る性格で、幼少期は慎重な兄氏政を度々喧嘩で打ち負かして泣かせることも多かった。「北条五代記」とかいう史料によると氏政はガチのタイマンでは終生一生氏邦に勝てなかったらしい。氏邦がいつも喧嘩で氏政を打ち負かしているのを見た家臣達は、氏政の世継ぎとしての器量を疑うようになり、一部では氏政を廃嫡させて氏照か氏邦を世継ぎにしようと画策する動きも見られた。北条家が揺らぐことを憂慮した氏康は、氏政の家督継承が磐石となるべく、氏照と氏邦をそれぞれ大石氏と藤田氏の下に養子として送り込むという苦肉の策を取った。

藤田康邦の元に養子として送り込まれた氏邦は、成人すると北条氏に反発する藤田一族やその郎党を悉く討伐、乃至追放して藤田氏を乗っ取った。一方の氏照は大石家に対して、穏便に家督継承と言う名のお家乗っ取りを行っており、両者の対比には氏邦の粗野な性格が如実に現れている。

主に氏照と共に武田氏や里見氏と幾度も干戈を交え武功を挙げ、また上野、武蔵などの北関東の統治に力を注いだ。北関東の豪族は氏邦の武勇を恐れ、いつしか「氏邦に立ち向かってはならない」という標語が生まれた。

「サーチ・アンド・デストロイ」「やられる前にやる(戦でも閨でも)」が信条であり、攻められるとすぐ居城小田原に篭っていた亀のような北条一族の中にあって、珍しく篭城よりも野戦を好んだ。小姓とセックスする際も、常に攻めに徹し決して相手にアナルを掘らせることはなかった。というか、氏邦のアナルはあまりに強靭過ぎて小姓の軟な息子には耐えられなかった。

秀吉による小田原征伐の際も、篭城戦の展開しようとする氏政、氏照に断固反対し、野戦での撃退を主張したが、結局受け入れられなかった。氏邦は憤激したものの、結局篭城策に従い居城鉢形城に篭っている。相模の亀のDNAには逆らえなかったのだろう。

戦後は加賀の前田家に預けられ、剃髪して兄達の菩提を弔いながら穏やかな余生を過ごした…筈だが、加賀県の一部の郷土史料では利家の客将として朝鮮出兵に従軍したとか、慎重すぎる前田利長をヘタレと叱責したとかいうエピソードも伝わっており、相変わらずバイタリティは旺盛だったようだ。1597年に死去したが、その葬儀には弟氏規や北条旧臣を初め、なんと徳川家康や北条家と敵対した佐竹義重親子や成田家の甲斐姫までもが参列したらしい。敵からも慕われる徳の高い人物であったようだ。

エピソード[編集]

氏康と氏政による二度汁のエピソードは有名だが、このエピソードには続きがある。二度も汁をかけるような人間は大局的な視野が持てず機を逸する、北条家も我が代で終わりだ、と氏康が歎いたところ、氏邦は、「そもそも飯に汁をかけて食べること自体が邪道、飯に汁をかけるんじゃない、汁に飯をかけるんだ」と言い、味噌汁の中に飯を入れて食べ始めたという。このエピソードには、氏邦の猪突家な性格、守りを重視した父氏康・兄氏政と、篭城よりも野戦を得意とし、重点を置いた氏邦の対比がよく表出されている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「北条氏邦」の項目を執筆しています。