北条氏規

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

北条 氏規(ほうじょう うじのり、1545年 - 1600年)とは、天下人徳川家康との間に幼馴染属性を構築するという、この上なく恵まれた境遇に浴した戦国武将。北条氏康の五男で、通称は助五郎。兄貴の北条氏照北条氏邦が前線で軍配や刀剣を振るって戦う猛将ならば、彼は舌剣を持って相手を屈服させるプロの交渉人である。

人物[編集]

家康と幼馴染[編集]

氏規は少年時代を今川義元のお膝下で人質として過ごした。人質生活の中で後に天下人徳川家康として雄飛する松平元康と親睦を深めた。両者の間には互いの幼名である助五郎と竹千代から助さん竹さんという相性で呼び合うほどの水魚の交わりがあったという。

伊豆方面の担当[編集]

成人して人質生活を終え、小田原に帰参した後は武田信玄織田信長、そして家康ら、西の大勢力との折衝を板部岡江雪斎とかいう坊主と共に担当。本能寺の変で織田信長が横死した直後、甲斐国を経営していた河尻秀隆が信長の死による混乱に乗じて蜂起した旧武田の家臣の強襲を受けて不測の死を遂げるという事件があったが、この時武田家臣の煽動に氏規は家康と共に干渉していたとかいないとか言われている。

海軍統率[編集]

軍事面では陸軍を担当した氏照、氏邦に対して水軍の統率を分掌した。海軍という立場上漁業や水上を経由しての交易に関与することも多く、氏規と彼の部下達は俄然唐土やポルトガルの言葉を流暢に話し、物腰も柔和なインテリになったという。逆に氏照や氏邦が指揮する武将、将兵は粗暴な連中が多かったらしい。これは後の世における海軍善玉説、インテリ説を補強する口実にもなっている。昼食はカレーライスなどの洋食が多く、粗食が多い氏照や氏邦の部下達からは何で連中だけ良い飯食ってんだと白眼視されていた。

兄との対立[編集]

豊臣秀吉の中央政権との対立が顕在化してくると、中央の事情に精通している氏規は、兄氏政の子北条氏直と共に一早く恭順の構えを見せ、氏政、氏照、氏邦の鷹派三兄弟の説得、懐柔に励んだ。ちなみに、氏直が親父の意向に反して氏規と共に恭順を主張したことについては、氏規の影響が大きい。実は氏規は、氏直の養育係を氏政から委任されていたのである。氏規に教導されたため、氏直は自然と氏規のような開明的、柔軟的気質の人格が陶冶されたのである。悪く言えば、氏規も氏直も無節操ということになる。

兄の介錯役を務める[編集]

秀吉が大軍を率いて小田原に押し寄せると、氏規は居城韮山城に篭城して応戦、兄の氏照や氏邦に比べると戦は不得手な印象のある氏規だが、驚くべきことに彼が指揮して篭城する韮山城は後北条氏の支城では最後まで持ち応えた。そして最後は竹馬の友である徳川家康の説得で開城、小説や時代劇で描くならこれほど美味しいシーンはないはずだが、作家に脳無しが多いせいなのか、小田原攻めを描いた作品は山ほど有れど韮山城篭城戦の顛末が描かれた作品は全くないに等しい。というか、氏規が小説や時代劇に登場するケースそのものが極めて希薄である。

そして北条の命脈を伝える[編集]

小田原戦役後、兄の氏政と氏照は主戦派であることを咎められ切腹を申し渡された。この時、氏規は介錯を行い、兄二人を三途に渡す役目を率先して引き受けた。さらにこの話にはおまけがついており、氏政と氏照の介錯を行った氏規は自分も後を追って自害しようとしたが、竹馬の友である家康によって制止されたという。すごいいい話である。いい話なのに歴ヲタの間での認知度はあまり高くない。反面、認知度が高くないおかげであまりに美談すぎるので誇張に違いないと文句をつけられることもない。

その後、氏規は河内に赴き、私財を蕩尽して高野山に入った甥氏直の生活を支援した。そして氏直が若くして病没すると、河内に領国を賦与されて大名となり、後北条氏の家名を後世に残した。没落しながらも後世に家を残した戦国大名は他にも何人かいるが、氏規と信長の弟馬鹿息子ではエライ違いである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「北条氏規」の項目を執筆しています。