北条氏康

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
とある戦国絵巻物より伝氏康公肖像

北条 氏康(ほうじょう うじやす)は関東の戦国大名。小田原後北条氏の三代目。「相模の」の異名を持つ籠城戦マニアである。最近は北条ファンの武田信玄上杉謙信への対抗心からか、「民のことを考えて内政に励んだ名君」「民政化」などと呼ばれているらしいが、誰も気にしない

青年時代[編集]

氏康本人が後に自白しているが、少年時代は引きこもりであり、稲光が走っただけで萎縮して部屋の隅で震えていたほどの臆病者であった。家臣の中には氏康の力量を疑問視する者もおり、他家から養子に入った北条綱成を世継ぎに擁立しようと画策する動きも見られたほどである。後に武田や上杉との戦いで度々篭城戦を展開した氏康だが、その篭城癖はこの青年期の引きこもり生活の中で培われた。世間はそんな氏康を嘲笑し「亀」と呼んで陰口を叩いた。噂は隣国の戦国大名扇谷上杉朝興の耳目にも入り、朝興は「ならばその臆病な亀を甲羅ごと叩き割ってやろう」と大軍を率いて北条征伐に遠征した。

だが氏康の引きこもり生活の半分は韜晦であった。氏康はただの引きこもりにあらず、屋敷に閉じこもりながらも武芸に励み、教養を身につけ、風魔小太郎ら忍びの者達を駆使して隣国の情報を収集し、また父氏綱や叔父の北条幻庵から帝王学を叩きこまれた所謂ロイヤルニートだったのである。臆病な亀如き赤子の手を捻るより簡単と思っていた朝興は怒涛の勢いで突撃してきた氏康にあっさり返り討ちにされ敗走した。こうして氏康は花々しく戦国の世に飛躍したのである。

河越夜戦[編集]

やがて父氏綱が病没すると、名実共に北条家の当主となった氏康だが、ここでまた篭城癖を発揮する。敵対していた扇谷上杉、山内上杉、古河公方足利晴氏が結託して北条包囲網を敷くと、竦みあがったのか再び小田原にこもってしまう。おかげで前線の北条綱成は一人孤軍奮闘しかければならず、衆寡敵せず劣勢に追いやられると、彼もまた氏康の顰に倣って河越城に篭ってしまう。上杉、足利連合軍は氏康の不甲斐なさを嘲笑い、勝利の余韻に浸っていた。特に扇谷上杉朝定はこのまま一気に小田原まで蹂躙してくれると奮起しており、父上杉朝興の覆轍を踏んでいた。

氏康は綱成と呼応して闇夜にまぎれて奇襲を仕掛け、不意を突かれた上杉、足利連合軍は算を乱して潰走、前線に深入りし過ぎていた朝定は逃げ切れず、奮起して北条軍相手に善戦するも、最期は混戦の最中どういうわけか井戸の中にまっさかさまに落ちて転落死したらしい。

上杉、足利連合軍を打ち破った氏康は一躍有名を馳せ、武蔵以北の北関東に勢力を伸張、関東の雄として君臨する。この河越夜戦は氏康の生涯の一番の戦果とまで言われており、かのオスカー・ワイルドをもってして「合戦でも閨の戦でも、相手に隙を見せて油断させた所で脇からあやまたず一気に突く(性的な意味で)のは定石である。この氏康という男は要諦を心得たすばらしい戦人だ、是非ベッドの中で干戈を交えたいものである」と歓心させている。

壮年期[編集]

関東地方に一大勢力を築き上げた北条氏康は、その後甲斐の武田信玄、越後の上杉謙信らと時に手を組み、時に刃を交え合従連衡を繰り返して関東での基盤を安定化させることに励んだ。信玄と謙信によって居城小田原まで攻め込まれたことがあったが、粘り強く持ちこたえながら荷駄隊を襲撃して糧道を絶ったり、夜襲を掛けたりして敵戦力を疲弊させいずれも撤退させている。拷問を受けようが、騎乗されてにじり寄られようが、決して穴に入れさせない淑女処女膜が如き鉄壁の守りを見せつけた小田原城は氏康の防戦を称えて「処女の城」と呼ばれた。ちなみにその処女の城の処女膜を破ったのはご存知ヤリチンで有名な豊臣秀吉である。秀吉の獰猛な性欲と伸縮自在のフレキシブルな息子の前には鉄壁の処女膜もついに屈せざる終えなかったようだ。

評価[編集]

大抵「先進的」とかなんとか言われるのだが、そうでもない。

検地 → 大名にとっては大事だが、農民にとっては迷惑。民政家のやることではない
軍役 → 上と同じく、課せられる方はたまったものではない。(ちなみに軍役を決めてもサボる人はいた)
目安箱 → どれだけ政治に反映されたのか怪しい。ちなみに今川義元もやってる。
治水など → 自分の税収のためなのである意味当然。これすら出来ないorしない大名は戦争に勝ち残れない。

もっとも、北条氏康の評価を上げている最大の要因は「信長・秀吉が攻めてくる前にタイミング良く死んだ」ということであろう。

逸話[編集]

上杉謙信相手に篭城戦を展開していた時、兵士達は長きに渡る篭城戦で疲弊し、もはや落城は免れない、北条も終わりだと泣き言を言い出すものまでいた。そんな弱気な声を聞いた氏康は兵士達の士気を昂揚させるべく、正室や息子達、家臣達の見ている手前でなんと陰部を曝け出し、「僕の肛門も陥落しそうです><」と一世一代のギャグをかました。このギャグに兵士一同抱腹絶倒し、それまで陰鬱なムードはどこへやら、士気は大いに昂揚したという。

またこの話は包囲網を強いていた上杉謙信の耳にも入り、潔癖症の謙信は氏康が公衆の前で陰部を晒したと言う伝聞を耳にすると嘔吐して体調を悪化させてしまい、上杉軍の統率が乱れて結果小田原征伐は頓挫することとなった。氏康の下ネタが北条氏を掬ったというこの逸話は関東の民の間で連綿と語り継がれ、氏康は「肛門様」と呼ばれ称揚されている。小説ドラマなどでは大抵柔和な人格者として描かれることが多い氏康だが、以外にお茶目な一面もあったのだ。

ちなみにこの逸話の出典は「殿といっしょ」とかいう漫画である。

宿敵[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「北条氏康」の項目を執筆しています。