北条時政

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「北条時政」の項目を執筆しています。

北条 時政(ほうじょう ときまさ、1138年 - 1215年)は、鎌倉幕府初代執権。源頼朝の岳父である。子に北条宗時北条義時北条時房北条政範(異母兄弟)、そして「魔女」こと北条政子がいる。子供達からはどうも軽く見られていたようで、クーデターを起こされ幕府から追い出されてしまい実家の伊豆で淋しい余生を送った。娘の政子に比べると認知度は格段に低く、「北条時政」よりも「政子の親父」という呼び方の方が定着してしまっている。

出自[編集]

太平記』によると、皇族系の平貞盛の曾孫の平直方(貞方)の末裔と称しているが、これは仮冒で、実際は中臣姓伊豆国造(中臣鎌子)の末裔の阿多見聖範が伊豆国田方郡北条荘を開拓して、北条と称したことから始まるという。後に時通は出家して、子の時家に家督を譲った。時家の子が時綱、時綱の子が時盛、時盛の子が時範、時範の子が時政である。伊豆の北条氏は代々無位無官であった。同族の長崎氏も同様であった。

1178年に敵対した伊東祐親謀反を企んでいると、京都平清盛に讒言し、娘の政子に命じて頼朝の先妻の八重(祐親の娘)とその子の千鶴丸(忠頼)を毒殺させ、その遺骸をに落とさせ、強引に政子を頼朝の妻にさせた。まさに外道な時政…

人物[編集]

時政が頼朝の後ろ盾となり、頼朝による平家打倒と源氏による武家政権樹立に多大な貢献をしたことはよく知られている。しかし、源氏方として活動していたが、もともと北条氏は平家の家系であった。頼朝が政子との間に生んだ源頼家源実朝、そして大姫(木曾義仲の子・木曾義高室)、三幡姫の四人が、若くして不幸な死を遂げたのは、相容れない源氏と平家で禁断の交わりを交してしまったからだと伝えられている。

時政は宿敵の梶原景時と共に、頼朝政権の中枢にあった。しかし、後に息子と娘に追い出されるという醜態を晒したことにも反映される通り、景時ほど辣腕を振るえる人物ではなく、景時が大活躍していた頃はその陰に隠れた地味な存在であった。反面、そのお陰で景時ほど恨みを買うことはなかった。

頼朝が亀の前とかいう妾に浮気していたことが発覚し、激昂した政子が彼女の屋敷を爆破するという暴挙に及び、頼朝との夫婦喧嘩に発展した際には娘の政子を一貫して擁護し、頼朝に対する抗議のため実家の伊豆に逼塞するという気骨のある所を見せた。だが悪く言えば娘の言いなりに動く駄目な親だったとも言える。北条の後ろ盾を喪失することを恐れた頼朝は狼狽して時政に平謝りして復帰してくれるよう哀願したという。その結果頼朝の外戚、後ろ盾としての北条氏の権威は更に向上した。

なかなかの野心家で、頼朝が死ぬと謀議を計ったり他の御家人を煽動したりして、景時や比企能員など、権力を巡って競合関係にある御家人を次々と罠に嵌めて亡き者にしていった。しかし、娘婿であった畠山重忠(秩父重忠)に謀叛の濡れ衣を着せて討ち取ったところ、道義にもとると反発した娘政子、息子義時にクーデターを起こされ、実家の伊豆に追放された。末子の政範を継がせたい側室である牧の方という悪女に唆され、骨抜きにされたとか、将軍実朝を抹殺して甲斐源氏平賀朝雅を将軍にしようと牧の方と画策したとか言われているが、用は政子と義時から用済みだと認定されたのである。畠山重忠事件に関しても、最初政子も義時も重忠討伐を是認しており、いざ重忠を討ったら掌を返して時政を非難し、排斥したなんて話も伝わっている。

鎌倉幕府樹立に尽力した有能な人物なのだが、辣腕を振るった梶原景時、博覧強記で柔軟な大江広元毛利元就の祖)。文武両道で剛直な人柄から慕われた重忠ら、他の幕府樹立の功臣と比べると、将軍の嫁の親父、初代執権という点以外では、今ひとつ印象に乏しい。権謀術数の面でも、息子の義時の方が一枚も二枚も上手だし、最後に娘と息子に見放され、追い出されたことも合わさって、冴えない駄目親父のレッテルを貼られてしまうことが多い。