北杜市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「北杜市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「北杜市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「北杜市」の項目を執筆しています。

北杜市(ほくとし)とは、八ヶ岳南アルプス奥秩父山地に挟まれた「北斗七星の町」[要出典]である。

概要[編集]

平成の大合併により成立した。北杜の県の発祥の地と思われているため世界中からファンが巡礼に訪れる。でも実は北斗の字から違うし、何の関係もない。また、北杜夫とも関係が無い上に、北海道の同名の市がその手の町おこしを始めてしまった。

生涯かけてやっと信州を制覇したにすぎない信玄公の長野侵攻の拠点になっていた。そのため長坂から小淵沢の間に信玄ぴー道がある。立派な軍用道路である。古臭いが、その頃の物にしてはすごいものである。現在は昔のペンションが並ぶ清里やサントリー様々の白州を抱えている観光都市である。みんな1度は来たことがあるだろう。小淵沢の景観を破壊する八ヶ岳リゾートアウトレットも存在する。

しかし、真の見どころは北斗七星が見えるほど空気の澄んでいる町という点である。「うちの町も空気綺麗だから、見えるよ」と突っ込んではならない。それを強調しなければならないほど、他の町から際立たせる特徴が薄いということだ。 そしたらいつの間にか小海線に星空を見るためだけの観光列車が登場。しかし、星空見学は隣の野辺山に奪われてしまった。

交通[編集]

北側地区には中央フリーウェイが走っていて、中央フリーウェイの長坂JCTからは中断道が通る予定だが左側の別荘住民の反対のおかげで本当に中断している。南の旧武川・白州地区には甲州街道が通っている。鉄道は中央線小海線が走っている。小海線の方は無駄に折れ曲がって距離を稼いでいる。北杜市役所の最寄り駅は市役所まで1時間近くかかる穴山駅(一応市役所の近くに線路はあるが、駅がない)で、代表駅は長坂駅と登録されているはずだが特急も止まらなくなった無人駅。よって実質的な玄関口は小淵沢駅である。こちらもあずさ号が必ずしも停まるとは限らないが、鉄道で観光に来た人のほとんどは嫌でもここを通っていく。

偉人[編集]

浅川兄弟
現地人がどうでも良いと思う中、朝鮮人の陶芸技術を護った高根町生まれの白磁の人。普通の教科書では教わらないこの兄弟が代表的偉人とされるところに、市の地位が・・・といっていたら、「巨摩郡はコマだから朝鮮が起源」と説教される。

合併前[編集]

北杜市は以下の8町が合併して発足した。

明野
水不足に悩まない日照時間日本一の場所。それに関係あるのかひまわりが沢山咲いている。
大泉
特筆する必要性が無いほど美しい自然に囲まれた村だったんだよ。
小淵沢
北杜市の事実上の玄関口。駅だけどこかの新幹線駅かと見間違えるほどだが、駅前はコンビニすらない。というか潰れた。
須玉
北杜市の市庁舎所在地。北部に高さ2230メートルの岩の塊が置いてある。同じく北部には放射能の泉もあるが人々はその泉に好んで入りたがる。
高根
北杜市内で一番人口が多いくせに、駅は市街地に無く山奥の清里という未開の地にある。
長坂
蝶とともに発展してきた。蝶が無ければ今頃囲碁の町になっていた。
白州
サントリーのおかげで有名になった。ありがとう、サントリー
武川
見渡す限り水田しかない地区。川が無いから武川というわけではない。その証拠に川はある。

当初、小淵沢は「現代の北斗七星」を名乗って誕生した北杜市から独立していた。しかし、北杜市は財政面で大赤字だったため、観光業の基盤を固めるべく、「知っていますか?北斗七星の中には、一つ二重星のものがあるので、実際は北斗八星なのです」という合併PR文が北杜市主導で小淵沢町内に大量散布された。そして、北杜市は星の数にモノを言わせて小淵沢を呑み込んでいった。しかし、合併完了後証拠資料はネットに出ることなく抹殺されたため、詳細は北杜市民しか知りえないが、その秘密を語ると白州のワインで酔い殺されるため、誰も部外者に口を開こうとはしない。後からわかった事だが小淵沢は北巨摩郡のなかで一番財政が健全だったという。

関連項目[編集]