北方領土

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
北方領土(赤色地域)

北方領土 (ほっぽうりょうど)とは、ロシア日本の両方の神話に登場する遥か北の方にある島々。

概要[編集]

島の名称はロシアでは、イトゥルップ島 (Остров Итуруп)、クナシル島 (Остров Кунашир)、ショコタン島 (Остров Шикотан)、ハボマイ諸島 (Острова Хабомай)日本では、択捉島国後島色丹島歯舞諸島と呼ばれている。 なお、択捉島には紗那(シャナ)という村があるらしい

なぜ、二ヶ国間で似通った神話が存在するのかロシアと日本の間でいろいろな議論がなされていたが、1945年以降、日本が弱体化し、現在では、ロシア側で発生したこの伝説が18世紀の後半ごろ、日本に入ったとするのが有力な説となった。日本政府はなぜか神話ではなく実際に存在するものとして領有権を主張している。

諸説[編集]

北方領土が存在しないことを示す証拠画像

上記した以外の説として

  • 日本で発生し、ロシアに伝わった。
  • ロシアで択捉島、国後島が、日本で色丹島、歯舞諸島が存在すると考えられそれらが融合した。
  • 検閲により削除
  • チョメチョメの理由により、双方で発生した。

解説[編集]

1945年9月2日以前(日本が弱体化する前)は、両国で同じ神話が存在するなどとは思われていなかったため、最初はどちらも固有の神話であると主張していた。

1956年に日ソ共同宣言が成立するもこの件は神話なので見送られる。しかし、後に日本が存在すると主張し始め複雑化。
まあ、あといろいろあるんですが、でぇりぃけぇとぉな問題ですので控えます。まあ、相手が寝返り裏切り好き放題のソ連ですからねえ。

返還[編集]

日本に居座っているアメリカ軍が撤退すれば、北方領土どころか千島列島、樺太のオマケまで付けて返還することが暗黙の了解で決定している。 だが、鳩山由紀夫氏は、これに対して、「アメさんは僕の唯一のお友達だから、いやぁだ。」と公式に発表している。そのため、現在、北方領土に爆弾を仕掛け、沖ノ鳥島ぐらいの大きさにするという手段が有力である。

特産物[編集]

  • カニなどの海産物
  • ロシア製の銃弾(いきなり渡してくるので注意が必要です。)
  • 拿捕
  • らっこ
  • ロシア人住民の冷たい目

発砲領土説[編集]

実は北方領土という名前はあくまでも仮名であり、発砲領土というのが正しい名前であるとの説がにわかに囁かれている[要出典]そのことを裏付ける事となったのは、この友好的な態度だ。日本の漁船を出迎えたこの祝砲は、まさしく日露間の友好ぶりを示していると言える。その後も乗組員が国後島内の家に招かれており(一部乗組員は天国へ招かれた)、実に微笑ましい出来事であった。しかし、日本側はこれを事件として取り扱った。日本人の内気な性格が故のことである。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「北方領土」の項目を執筆しています。

外部リンク[編集]