北名古屋市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「北名古屋市」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「師勝町」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「北名古屋市」の項目を執筆しています。

北名古屋市(きたなごやし)とは、名古屋市の北隣に位置し、名古屋市に強請りたかりしてる市である。2006年3月20日成立。頭に方角を付ける前の市名は師勝町(しかつちょう)であった。全国でも有数の「中村いじめ」で知られており、愛知県の原町と呼ばれている。

名称の由来[編集]

名称については、(1)名古屋市の名物を強請るために、頭に「北」を位置づけたという説、(2)「汚い肥やし」が転じたという説、「来たな!ゴーヤ」という(出典、意味共に不明)説などがあるが、定説はない。現在では、どう捉えてもよいように、このような名称にしたと考えられる。

発足経緯[編集]

名古屋市は人口220万を誇る大都市であるにもかかわらず、それに隣接する自治体には不甲斐ないものが多い。2000年代までは海部郡西春日井郡愛知郡に属する「町」がかなり存在していただけでなく、信じられないことに飛島村という「村」まで存在している。

そういったことが原因で名古屋は「田舎都市」と呼ばれてしまっているの訳であるが、名古屋共和国では2005年愛地球博に因み、イメージアップを狙って町村の統廃合を実施することにした。その結果、まず手始めに西春および師勝という西春日井郡に属する二つの街を、「人口が結構あるのに町はおかしいだろう」という理屈をつけ、強引に名古屋市主導で統合することにした。こうして発足したのが北名古屋市である。

ただし、もとは西春日井郡全体をひとつの都市にする予定であったが、その貧しさから名古屋市への編入を狙った清洲町、西枇杷島町や新川町が背信行動を起こしたりしたため(結局、名古屋市への編入は実現せず、清須市として独立した自治区にされた)、穏健派で力のある二つの街のみの統合となってしまった。なお、統合後の市名が『松島市』『西東京市』『相馬市』と同じく『名古屋市』という「頭に方角」になった要因は、(1)名古屋の行政屋からの圧力が加わったため、(2)師勝の行政屋が保谷や原町を模倣したいため、(3)師勝市民に「中村嫌い」が多いため、の3説が考えられている。しかし、師勝には漫画工房もラジオタワーも無い。

この二つの統合に伴い、西春日井郡には春日町豊山町が北名古屋市を挟んで飛び地みたいな形で残ることになってしまった(後に、春日町は清須市に編入されたので豊山町のみ)。特に名古屋空港がある後者はともかく、前者は力量で極めて劣る街であり、合併に翻弄された尾張を象徴しているといえよう。

街の概要[編集]

師勝町が日本で最も人口密度の高い町だったこともあり、人口は8万ある。しかし合併の経緯が経緯だっただけに、未だに市庁舎はひとつになっていない。

西春町も師勝町も明治の合併の際に付けられた新しい名前であるため、合併後の名前もそれほど気にはなっていないようである。

愛称は「北ない名古屋市」。