北干住駅

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「北千住駅」の項目を執筆しています。

北干住駅(きたせんじゅえき)とは、大東京の鬼門として存在しているである。足立区が独立国家になった場合の首都候補地として有力である。

概要[編集]

皇居には半蔵門路線バスには非常口、でっかいビルには通用門磯野家には勝手口、とにかく、正面玄関があれば裏口が必要であるが、この裏口の役目を果たす都市、それが北千住である。

位置[編集]

江戸時代から明治時代に掛けて栄えた都市、浅草の裏門にあたる。浅草より吉原を抜け、チョメチョメを抜けて南千住、北千住と続く、裏街道を構成していた。この南千住までが本来の東京であり、北千住は墨田川の向こう側にあたる。

ここから北東に進めば筑波を経て水戸へ、北に進めば宇都宮を経て福島へ、北西に進めば川口を経て大宮へ、いずれもド田舎へと道が進んでいる。都会と田舎の境界線、それが北千住である。

交通[編集]

干と書いて「せん」と読む

宇都宮市からは東武鉄道水戸市からは常磐線つくば市からはつくばエクスプレス秋葉原からはつくばエクスプレスと東京メトロ日比谷線がつないでいる。東京メトロ千代田線霞ヶ関大手町から来ているが、一般人にはわからないように北千住では入口を離し、駅名標に「北干住」と表記し、乗り換え口は控えめに別に用意し、線路は地下に隠してある。都心から来た人が北千住に馴染んでいかないよう、千代田線入り口にある立ち食い蕎麦屋からカレーうどんの臭気を発し一般人を正気に戻している。千代田線はつくばエクスプレス以外とは秘密のトンネルで繋がっている。

なお、念の為言っておくが、東武鉄道北千住駅にはどこを探しても「栗橋みなみ」はいない。

人々[編集]

ここには2種類の人が居る。

まずは、東京から川を渡ってきた人。もうひとつは東京へ渡るために待っている人たちだ。たくさんの人が居るため、千住と名づけられたが、北千住と南千住の中間地点には誰も住んでいない。

発展[編集]

北千住ハードロックシティ構想で北千住をメジャーにしようとしたが、浪曲民謡が似合う街であり、これは無理が多すぎた。 現在は北つながりで下北沢に姉妹都市の申し出をしているが、北朝鮮の方がまだマシと強く拒絶された模様。

河川との位置関係[編集]

北千住及び千住一帯は、非常に狭い地域にも関わらず、荒川、隅田川などの複数の川に周りを囲まれてしまっている。 地盤は悪く、洪水が起きた場合には逃げ場がないというのに、なぜか最近マンションその他住宅が次々と出来ている。死に急ぎたいか半ば諦めている人が大半だと思われる。高層マンションなら上の方は助かるかもしれないが、傾いた階段を降りる度胸をつけておく必要はある。

将来像[編集]

足立区の中心となるべく画策し、成功したが、西新井竹ノ塚、江北といった足立区民は、北千住が足立区の区役所所在地であることをひた隠しにしている。 このため、区役所の最寄駅、北千住駅には何故か区役所の出張所が存在する。 また、極めて素性が不明瞭な神田に本拠地を構えていた理系最高学府の一つを騙る怪しげな秘密結社が北千住を侵略しに来た。今のところ、騒音増幅装置で街を破壊しようとして失敗している。よく知らんけど、北千住も秋葉みたいな場所が出来ればいいな。

Gomen.jpg この「北千住駅」に停車中の電車は、現在運転手がいないため発車できません。運転して下さる乗務員を求めています。 (Portal:スタブ)