勝浦市

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「勝浦市」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「勝浦市」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「勝浦市」の項目を執筆しています。

勝浦市(かつうらし)とは、千葉県南部に位置するお天国。天国の人口は県内の市で一番少なく逆に魚の方が多い状態となっている。

かつて行川アイランド王国が天国の隅っこにあり、天国の中の天国であったが、閉園後に解体され今は廃墟となってしまった。今後は老人天国になる見込み。

概要[編集]

和歌山県徳島県にも勝浦があり、全国勝浦サミットを開くなど友好的な関係を保っている。この「勝浦」という地名は、那智勝浦(和歌山県)から伝来して来た名称である。

主要産業はもちろん漁業であり銚子漁港に次いで県内では最大の漁獲量を誇る。特にカツオが多く獲れるためかつお祭りなどを実施しており地域に密着している魚と言える。

徳島からのもらいもののひな祭りも2~3月に実施している。こちらも人の数より多い(ちなみに勝浦の人口は二万人)。何かと人の数を上回るものが多い。

「平成の大合併」ではこの天国も大原など現在の野蛮人の住む隅っこなどと合併して外房市となり市役所を大原に奪取される計画によって一時は消滅されそうだった時期もあったが、合併構想から抜け出し天国の座をなんとか守り切った。

しかし、独立を保った分人口は少ないので、市議会議員選挙の際には、勝浦海中公園で飼育している生き物にも選挙権を与える条例が2013年2月20日に可決。2014年4月1日に施行された。ちなみに、魚類もちゃんと選挙にはいきます。

地理[編集]

気候は温暖である。地形は山がせり出しており海岸部分のすぐそこまで来ている。そのため市街地は狭く、トイレにこびりついたぴーのように家が断崖にへばりついている。市域に占める面積は、山間部が99%、市街地は9%。

大型商業施設などの若者が集まる場所はないが、代議士かどこかのお偉いさんが国際武道大学を誘致したため、こんな小さなところでも大学があり若者もそこそこいる。

イージス艦「あたご」との事故[編集]

2008年2月に新勝浦市漁業協同組合に所属していた清徳丸と防衛省のイージス艦「あたご」が衝突事故を起こした。そのために清徳丸の船員2人は発見されぬまま、死亡認定された。この事故により当時の防衛省大臣、現在農水大臣の石破茂が来た。実は石破が乗った車が市街地の交差点で接触事故を起こした。まさに船も車もぶつかり放題である。不謹慎であるが勝浦市は全国のニュースで報道され、経済効果も少なからずあった。今年のひな祭りはこれによりイベントが一部縮小された。

ふるさと納税事件[編集]

ふるさと納税の返礼品が、納付額の9割程度の価値のあるものに変換されていることが発覚。返礼品の価値の高さでは日本一であった。これに総務省は怒り狂い、「返礼品は納付額の3割未満にしないと地方交付税交付金を打ち切るぞゴルァ」と全国の地方自治体に脅迫したので、泣く泣く従ったという。

関連項目[編集]

外部サイト[編集]


この項目「勝浦市」は、執筆者自身は結構気に入っていますが、どう見てもクソの山です、本当にありがとうございました。ダチョウ倶楽部に訴えられないうちにとっとととりかえることをお勧めします。 (Portal:スタブ)