勇者ライディーン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「勇者ライディーン」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「雷電爲右エ門」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「平賀源内」の項目を執筆しています。

勇者ライディーン(ゆうしゃ-)とは、江戸時代に実在した大相撲史上最強といわれる力士「雷電爲右エ門」(らいでん ためえもん 1767年- 1825年)が、実は平賀源内(ひらが げんない 1728年- 1780年)の作成したロボットだったのではないか、という伝説を元にしたロボットアニメ

概要[編集]

雷電爲右エ門の強さは群を抜いていた。なにしろ現役通算の黒星がたったの10、勝率が.962というとんでもない成績を残している。身長6尺5寸(197センチ)、体重46貫(172キロ)の筋肉質な体型は、いくら力士が大男揃いとはいえ、当時の日本人の体格から考えて人間離れしたものであった。そのため、当時から「実は人間ではないのではないか」といわれていた。やがて人々は、エレキテルで有名な平賀源内が雷電爲右エ門を作った、という噂を誰からともなく耳にすることとなった。

その江戸時代の噂話に着想を得たのが、後に機動戦士ガンダムシリーズで有名になる富野由悠季(当時は本名の富野 喜幸)である。江戸時代に最強の名をほしいままにしたロボットを発掘して修復し、現代に蘇らせる、という設定は、当時の伝奇ものやオカルトのブームにも乗れ、また富野の得意とするところであったが、初監督の気負いや、オカルトを嫌うテレビ局の方針との対立などがあり、残念ながら2クールで監督途中降板となる。しかしこの時の挫折が、後に彼にガンダムを作らせたと言っても過言ではないであろう。

あらすじ[編集]

1万2000年前、ムー帝国の禁則事項です

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

考察[編集]

実は雷電爲右エ門も、平賀源内の発明ではなく、源内はさらに古い時代のものを発掘して修理しただけであるとも言われている。実際、平賀源内を有名にしたエレキテルも、源内の発明ではなく、故障していたオランダ製の機械をただ修復しただけであると言われ、その原理も利用法も源内自身にはさっぱりわかっていなかったらしい。雷電爲右エ門についても、ただ巨体のロボットを発掘して修復し、動かせるようになったはいいが、どのように利用してよいかわからずに、仕方なく相撲を取らせてみたというあたりが真相ではないかと思われる。とはいうものの、エレキテルは電気を蓄えるためにライデン瓶(現代でいうコンデンサー)を内蔵しており、これが「雷電爲右エ門」の名前の由来であると思われ、全く知識が皆無だった訳ではない。

それではいったい、雷電爲右エ門を作ったのは誰だったのだろう。それは禁則事項です

関連項目[編集]