努力 (木)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
努力と思われる木。様々な形を取るため、判別は難しい。

努力(どりょく)とは、世界の広範囲に分布する樹木の一種である。時期に関係無く実を実らせることで知られ、その実を努力と呼ぶこともある。

分布[編集]

東アジアにおける分布(白点で図示)。

世界中に分布し、いかなる気象条件や環境であっても順応できる樹木である。赤道直下の熱帯雨林地帯であっても北極点であっても草一つ生えないコンクリートジャングルにおいても、そしてでも育てることができる。ただし、人間の手で世話されなければすぐに枯れてしまうという特徴があるため、分布地域は人間の居住地域とほぼ重複する。

[編集]

この樹木は植えただけでは実をつけることは無く、丁寧に世話をして初めて実をつけるとされる。むしろ育成する行為が努力と呼ばれることもある。なお場合にもよるが実を実らせるのには困難を極める場合も多いため、努力が実ると全米が泣くこともあるほどである。

大きさはまちまちで、小さいものでは156マイクロメートル、大きいものでは156cmにもなる。一般的に大きいものを実らせるほど難しく、運にも左右される。しかし大きいほど美味しい。小さいのも十分に美味しいが。

なお、実には種がある。食べた後は種を残し、そこらへんに投げ捨てるのがよい。努力を育ててみようとする人はそこらじゅうにいるので、勝手に拾ってくれる。また、子供に与えるというのもよいとされるが、育てるのに失敗すると自宅警備員NEETになってしまう可能性があるので注意が必要である。

育て方[編集]

いくら頑張っても努力が実らないことも。それは運命なので仕方が無い。
  1. そこらへんから種を拾ってくる。 - どこから拾えばいいのかわからないならば、あたりに聞けばなんとかなる。
  2. 毎日、頑張って育てる。長い期間サボったりすると枯れてしまうことが多い。
  3. うまくいけば、実を結ぶ。
  4. あとは美味しく頂く。

なお、種が大きいほど育てるのが難しいため、最初は小さいものから始めるのがよい。最近では品種改良も進み、少しは実を結びやすくなったようだ。なお、種は「キボウ」や「ユメ」といった品種の物が安定して育てることができる(よく似た由夢を育てるととてもキモい木、実が出来上がってしまうので注意)。スダークサイドといったものは育てるのはそれほど難しくないが、食べると腹を壊して身の危機が迫る場合があるので注意が必要。また、一部ではダークサイトは麻薬の一種ともされ、取締りの対象となる国も多いので注意が必要である。

これまでに大きな努力を実らせた人[編集]

  • エジソン - 大小様々な努力を実らせた。又、実を全米中に配ることでアメ公の生活が豊かになった。
  • ひよこ陛下 - アンサイクロペディアを設立するというとても大きな努力を実らせた。もっとも、彼は天才だったようなのでお茶の子さいさいだったとも言われている。
  • hyde - 身長が156cmしかないのにも関わらず、必死に育てたことで努力が実り、結果的に有名人となった。

大きな努力を育てようとして失敗した人[編集]

  • 小室哲哉 - 途中までは理想的な経過を辿ったが、台風が来たりして運がつきて枯らしてしまった。
  • ダース・ベイダー - 楽をしようとしてダークサイドを育てた結果、麻薬取締法違反容疑で暗殺された。
  • 堀江貴文 - とても簡単かつ効率的な方法で育てようとしたため、自分の無知を認めたくない人間の暗躍によって枯れてしまった。

関連項目[編集]