加齢臭

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「加齢臭」の項目を執筆しています。

加齢臭(かれいしゅう)とは、大人の気になるニオイのこと。

起源[編集]

加齢臭とは、大人、特に男性が初老を迎えるとオプションとして付いてくるもので、昭和の終わりまでは誰も気にしないニオイであった、その頃はむしろ「荒野のガンマン」のジェンマに代表される「男臭さ」が好まれていたともいえよう、そんなことよりも、電車内で仁丹のにおいをまき散らしている中年男性の方がよっぽど迷惑であった。

現代、平成になり、急に女性のようにつるりとした綺麗な男性、つまり「中性的」な男性が良しとされると(ただし女性も不美人がいるし、中性的と言っても金玉ぐらいはある)、急に加齢臭は「悪臭」のレッテルを貼られ、恥ずべきものに仕立て上げられてしまった。また、理由の一つに、昔は電車内でおなじ中年男性の放つ仁丹のニオイと比較して、加齢臭の方がマシであったために目立たなかったものが、平成の御代になり仁丹のニオイのする中年など完璧にこの世から消滅し、家庭の周りにあった生活臭も、下水施設の整備が進んだことやその他技術の向上によってだいぶ薄まり、人々が動物的ニオイに敏感になったことなどが挙げられるだろう。

原因[編集]

加齢臭は文字通り加齢が原因となって発生する。

世間に流れている俗説では新陳代謝の低下により脂の分泌かどうこうと言われているが、これは誤りである。

信頼できる研究所の研究成果によると、男性は年を重ねるごとに社会のしがらみや汚い部分にさらされるのだが、この経験が一定量身体に蓄積することにより臭いが発生するようになるとのことである。この蓄積が十分になる頃が中高年に当たる。そのため、加齢臭のせいで家族から臭いと言われているお父さんは、背中が煤けているのである。

近年は女性の社会進出により、女性からも加齢臭が発生することが知られるようになった。

なお、酸いや甘いを十分に噛み分けた経験がある場合は、噛むことにより唾液が分泌され、唾液の効果により人生経験が糖化されるため、体内で経験が発酵し良い匂いが発生することもある。

類似品[編集]

  • 華麗臭
選ばれたお姉様が出せるというフェロモン。
家に帰ったときにこの匂いがするとワクワクするのはお子様だけではあるまい。
  • カレーシュー
発売され物議をかもした、幻のカレー味のシュークリーム。
  • 霞零酒(かれいしゅ)
仙人が飲むかすみがかった貴重な酒。ほんとにある。


この加齢臭はそれなりに臭いページです。ですがいい匂いにしてやってください。 (Portal:スタブ)