加藤の乱

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「加藤の乱」の項目を執筆しています。
「加藤は熱いフライパンの上でネコ踊りさせておけばいい」
加藤の乱 について、橋本龍太郎

加藤の乱(かとうのらん)とは、2000年に加藤茶山崎拓らが起こした日本クーデター事件の事である。首謀者の一人である加藤茶の名にちなんで名づけられた。別名はKY革命(空気が読めない革命)。

概要[編集]

2000年、森喜朗率いる与党連合は相次ぐ不適切発言によって支持率が急降下していた。そこで民主党をはじめとする野党連合は与党連合に宣戦布告し、国会中継(衛星第2)を乗っ取ろうと計画した。しかし、数の力で勝る与党連合の前では到底敵うはずはないと思われていた。

しかし、与党連合の一員であったバカタール加藤が謀反を起こし、野党連合と同調して与党連合を倒そうと試みた。加藤派の中には、山崎拓や谷垣禎一などが加わり、与党連合は窮地に立たされた。

ところが、与党連合の幹事長であった野中広務が加藤派の切り崩しにかかり、加藤派は分裂状態となった。そのため加藤派は、もはや勝ち目はないと見て、本会議すっぽかし&ホテルひきこもり戦略に切り替えた。

ところが、加藤派の大将である加藤紘一は「オレ一人でも凸撃する」と駄々をこねた。見かねた元競輪選手の谷垣が、加藤の腕をつかんで「加藤先生、大将なんだから!一人で突撃なんてダメですよ!」と言った。すると加藤は涙目になって突撃を断念した。

その後、偽メール寿康の野次に逆ギレした松浪健四郎が野党連合に水を浴びせた。これが決定打となり、戦闘は与党連合の勝利に終わった。

戦闘後[編集]

勝利した与党連合であったが、その末路は決して明るくなかった。与党連合の支持率低下には歯止めがかからず、大将であった森喜朗はゴルフ休暇に追い込まれた。与党連合を勝利に導いた野中は、その後大将になった小泉純一郎によって毒まんじゅうを食わされ、死去した。

一方加藤のほうも、その後悲惨な人生を歩んだ。この事件以後、加藤はすっかり反主流派に成り下がってしまい、挙句の果てには実家がネットウヨに放火されてしまう始末であった。

谷垣禎一の発言[編集]

谷垣禎一の「加藤先生、大将なんだから!1人で突撃なんてダメですよ!」という発言はその年の流行語大賞を受賞した。この大げさな仕草と台詞で加藤を説得するシーンは、テレビで何度も流され、お茶の間の笑いを誘った。